メンデ―奴隷にされた少女 (ヴィレッジブックス N ナ 1-1)

  • 35人登録
  • 4.11評価
    • (4)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 真喜志 順子 
  • ヴィレッジブックス (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863328242

メンデ―奴隷にされた少女 (ヴィレッジブックス N ナ 1-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奴隷として生きる
    内戦のせいで誘拐され、売られて奴隷になる
    無給無休で、働かされる

    国がその無秩序状態に関与できないことが
    なによりも恐怖
    国の官僚などが奴隷を私的に利用していることが
    本当に恐ろしい

    犯罪者がしていることならば
    法で裁かれるという希望がある
    だが、国家権力が認めてしまっていたら
    救いがないのではないか・・

    はやり平和な国家でないと、正義も実現しないのだろう

  • 国連のユニセフの調査では、北アフリカも含むアフリカ全域の53ヵ国中、47ヵ国で人身売買が行われている。
    多くは近隣国との売買だが、18ヵ国は欧州やアラブ諸国に「輸出」しているらしい。
    その数は、子ども奴隷だけをとっても、年間で最低20万人にもおよぶと見積っている。

    これは過去の話ではない。
    いまも続いている話。

    奴隷にされた少女、メンデの体験談により、見えてくるものがある。
    そういった現実を、知ることができて、私はよかったと強く思っている。

  •  強い者が弱い者を襲い、殴り、強姦し、喉を掻き切り、火を放ち、奴隷にしている――これが我々の棲む世界の現実であった。アフリカ大陸最大の国スーダンでは21世紀になっても尚、奴隷にされている人々が存在する。2006年の主要援助国は米、英、ノルウェー、オランダ、カナダとなっており、日本も有償・無償の資金協力は1000億円の実績がある(2006年現在)。つまり我々はスーダンと関わりがあるのだ。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100207/p3" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100207/p3</a>

全4件中 1 - 4件を表示

メンデ―奴隷にされた少女 (ヴィレッジブックス N ナ 1-1)はこんな本です

メンデ―奴隷にされた少女 (ヴィレッジブックス N ナ 1-1)の文庫

メンデ―奴隷にされた少女 (ヴィレッジブックス N ナ 1-1)の単行本

ツイートする