ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)

  • 14人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 松本 百合子 
  • ウイーヴ (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863329324

ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)の感想・レビュー・書評

  • 「ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白」ベルギーの少女監禁連続殺人事件の被害者の実録。
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-12-03

  • ベルギーの少女誘拐監禁事件の被害者が語る、
    自分の身に降りかかった悪夢の物語。

    犯罪の残虐性もさることながら、
    この本のすばらしいところは、
    解放後の人生が綴られているところだと思う。

    ひどい内容に涙したいのなら、携帯小説で十分。
    そうではなく、
    精神を病まずに戦い続ける彼女の生命力に感服でした。

  • 12歳のある朝、私は自転車に乗って学校へ向かった—
    いつもと同じように始まったはずのその日、
    サビーヌは見知らぬ男に誘拐されてしまう。
    連れていかれたのは、
    幅99cm、奥行き2m34cmしかない地下の隠し部屋。
    黄色く塗られた壁に四方を囲まれた不潔な穴蔵で、
    死に脅える日々が始まった。
    与えられたのは腐りかけの牛乳に、カビの生えたパン。
    その穴蔵から出られるのは、
    “受難の部屋”で男の性的虐待に耐えるときだけ。
    もう二度と家族に会えないかもしれないと思い始めたとき、
    ついに—ベルギー中を震撼させた、
    連続少女監禁殺人犯のもと80日間を生き延びた少女の激白。

全3件中 1 - 3件を表示

ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)を本棚に登録しているひと

ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)はこんな本です

ここから出して!―殺人犯に監禁された少女の告白 (ヴィレッジブックス N タ 2-1)の文庫

ツイートする