うわわ手帳と私のアスペルガー症候群

  • 35人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • クリエイツかもがわ (2008年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863420014

うわわ手帳と私のアスペルガー症候群の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人の母に借りた。
    すごい、この子すごいよ。
    多数派の人間でもできひん自分のことを書くってことが
    できてる。
    ライターが書き直したもんかな?
    と思ってたら、ちゃんとアスペルガー症候群に診断された小学生の子供が書いてるって巻頭にあった。

    びっくりした。

    まとめて感想を書く課題で使う予定なんだが、今日はこのへんで勘弁しといてやらあ!
    ありがとう、Kままん!

  • ここまで自分の状況を言語化できるのはスゴイ。

  • アスペをもつ当時5年生の女の子が自分のことを綴った本。
    彼女は、大きな音が苦手、予定変更が苦手、人とのたわいのない会話が苦手、抽象語が曖昧で何を指すのかわからないなど生きていくのに困難さを感じる場面が多い。
    それでも、趣味となったギターとの出会いを通すことなどで少しずつ取り組める場面が増えてきたりしている。
    困っている子とは、こちらの想定とははたまた違ったことで困っていることも大いにあるのだと実感した。
    また、学校に来ること、皆と同じに過ごすことが必ずしもよいわけではなく、その子にあったペースで取り組めるものから取り組むという考えも今の学校には求められているようにも思えた。

  • 10歳とは思えない。

  • アスペルガー症候群のご本人(10歳)が書かれている本です。子育てに行き詰った時(コドモのワケわかんない言動にイライラした時など)に読むと落ち着きを取り戻すことができます。

  • アスペルガー症候群と診断された10歳の女の子が、自分のことを感じたまま表現しています。
    成人した発達障害当事者が書いた本はいくつか読んだことがありますが、子ども自身が書いたものは少ないので勉強になります。

    お母さんから見た沙都ちゃんについても書かれているので、サポートする立場の人間として参考になりました。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

うわわ手帳と私のアスペルガー症候群を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うわわ手帳と私のアスペルガー症候群を本棚に「積読」で登録しているひと

うわわ手帳と私のアスペルガー症候群の作品紹介

「学校はうわ〜っとなる」「教室はうわ〜っとなる」「うわ〜っとなる」という表現でアスペルガー症候群の世界を伝えてくれた娘。娘はアスペルガー症候群の専門家です。「私のような子どもたちや私のことを変と思わないで、きちんと理解、応援してほしいです」10歳の少女がありのままを綴ったアスペルガー症候群の世界。

うわわ手帳と私のアスペルガー症候群はこんな本です

ツイートする