若者就労支援「静岡方式」で行こう!!

  • 33人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
  • 9レビュー
  • クリエイツかもがわ (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863420717

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
大野 更紗
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

若者就労支援「静岡方式」で行こう!!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容を疑うわけではないですが、本の作り方としてはイマイチ。疑問ありきで取材しているように見せているも、後から取ってつけたみたいな書き方ですし……その他違う側面で思うとこもありますが、ここでは書くまい(^q^)。大学闘争世代と今世代の違いなんでしょうが、バリバリやれば人がついてくるって時代じゃない。むしろ、こうした意気軒昂を良しとする意識高い系社会がイヤがられるんだと思います。当事者性というのは人それぞれですから、この方式が当てはまる人も当然いるんでしょうが、皆が皆、というような描き方は危ない。自分たちで「マジック」と言うのも何気に危険。

  • 所属しているカウンセリング協会の会員誌に紹介されていて読むことにした一冊。注文をしたとき、2000円と聞いて、どれだけ細かな専門書が届くのかと思って恐れていたら、3日で読めました。よかった~。
    若者就労支援。自分たちが行っていることとの違いがわかるだけでなく、考え方の幅が広がり、一読の価値あり。
    今までこれだけの年月をかけてこれだけの成長をしたのだから、これからもそれだけの年月がかかるだろうと思うこと、彼らの思うようにいかない背景や切なさに寄り添うことは、「過小評価」しているということ。はっとしました。その良かれと思う気持ちが、彼らの社会的自立を阻んでいるのかもしれない。多角的アプローチをしようと思った。

  • 静岡方式の本をちゃんと読んでなかった。
    実際に同じ業務に携わる立場でみると、『ウーン、どうやって運営してんだ』と、思う。。

    NPOである強みを生かしてこそ成り立つ方法だと、思う。人々の思いと、自発性で事業を行う。

    考える、悩むより、まず現場で学ぶ機会をつくることというのは、共感できるなー。

    就労、実習開拓、ジョブコーチは〝あきらめない〟〝自分が面白がる〟ことだと、思う。
    静岡方式のサポーターはみんながボランティア。行動の原点にある気持ちは同じであり、元気出たなー。

    同じことはできないが、アイディアは参考にしたい。

    社会資源を宝物と思って、コミュニティつくることをしたいなー。

  • 大感動!
    実際に津富先生の講演を聴講したときに購入した本。改めて思い返しながら読了。
    うーん、私の住む地域でも、この取り組み、できないかしら?

  • 働くということには大きなメリットがある。プライドが保てる、毎日行くところがある、生活にリズムができる、人間関係が広がる、お金が手に入り、生活に余裕ができる、社会常識が身につく、(深みがある仕事なら)生きがいになる。そのとおりとあらためて気づいた。

  • 働くということには大きなメリットがある。プライドが保てる、毎日行くところがある、生活にリズムができる、人間関係が広がる、お金が手に入り、生活に余裕ができる、社会常識が身につく、(深みがある仕事なら)生きがいになる。そのとおりとあらためて気づいた。

  • 【新刊情報】若者就労支援「静岡方式」で行こう!! 地域で支える就労支援ハンドブック http://bit.ly/sMK9TL 366.2/ツ すべての若者を受け入れ、支援は無償。働くことに困難を覚える若者に対して伴走型支援を展開するNPO法人のノウハウを明らかにする

  • 若者への就労支援から始まる 地域社会への奉仕!もアリ
    ⇒ http://resonohondana.seesaa.net/article/234489373.html

全9件中 1 - 9件を表示

若者就労支援「静岡方式」で行こう!!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若者就労支援「静岡方式」で行こう!!を本棚に「積読」で登録しているひと

若者就労支援「静岡方式」で行こう!!の作品紹介

多様な引き出しをもつ「素人(サポーター)」集団が緊密に連携、働けない若者を働く若者に変える!若者に寄り添う伴走型支援のノウハウをすべて明らかに-セミナー修了者・就労体験先のインタビューを収録。

若者就労支援「静岡方式」で行こう!!はこんな本です

ツイートする