アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 由井寅子  澤元亙 
  • ホメオパシー出版 (2013年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863470743

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 医師パラケルススによる、医学の視点から書かれた錬金術のレシピ本です。
    錬金術の寓意本は多いですが、具体的な手順の邦訳としては珍しいかも。
    ただ、背景にあるパラケルススの考え方は、他の著作と一緒に読んだ方がわかりやすそうです。
    各章末にレシピのまとめがある親切な作りですが、第一物質の秘薬は抜けていたりも。
    因みに、ホメオパシーとは無縁のため、監修者によるまえがきは話半分に流しても大丈夫です。

  • 澤元亙による「パラケルススの錬金術的医学」なる講座があるらしい
    http://www.homoeopathy-books.co.jp/
    勝手にホメオパシーって滅びたと思ってました、、、

    ホメオパシー出版
    「「賢者の石」など伝説のアイテム群の作り方を一挙公開!

    西洋錬金術の歴史において最も有名な、パラケルスス著『アルキドクセン』の邦訳です。大ヒットアニメ『鋼の錬金術師』や大ヒット映画『ハリーポッター』にも登場する「賢者の石」の名前を一度は聞いたことがある人も多いことでしょう。本書には、パラケルスス自身によって実際に使用された医薬、すなわち、秘薬(アルカナ)と呼ばれる第一物質・賢者の石・生命の水銀・チンキ剤、そして、さまざまな種類の第五精髄(クインタエッセンティア)・霊薬(エリクシール)・変成物(マグナリウム)・特効薬などのつくり方が説かれており、錬金術による製薬術を語る上で欠かすことのできない歴史的な書です。」

全2件中 1 - 2件を表示

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)を本棚に登録しているひと

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルキドクセン パラケルスス錬金術による製薬術の原論 第五精髄、秘薬(第一物質、賢者の石、生命の水銀、チンキ剤)、変成物、特効薬、霊薬、外用薬 (ホメオパシー古典シリーズ)はこんな本です

ツイートする