甘えんじゃねえよ (EDGE COMIX)

  • 222人登録
  • 4.00評価
    • (27)
    • (22)
    • (20)
    • (2)
    • (1)
  • 28レビュー
  • 茜新社 (2009年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863491175

甘えんじゃねえよ (EDGE COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者のことは同人時代から知っていて、気付けば単行本が出ていたので買ってみた。ら、内容が強烈過ぎて衝撃だった作品。悪い意味ではないですが、読んでいて疲れる。とても疲れます。
    これは評するのが難しい。まず言うなれば、これは漫画ではなく、少し絵の多い小説。漫画という媒体で描くには、あまりにも多すぎる圧倒的文字量。もしくは、あの凄まじいモノローグも一つの「絵」としてしまうなら、あれは漫画なのかもしれないけれど。
    どうしたらあんな心理状態の登場人物のモノローグを書けるのか、追い込まれている人間や悩んで潰れていく人間の思考をあそこまで書かれると、逆に作者のことが心配になる。あれだけの言葉や表現は、自ら少しでも経験していないと出てこないと思うのだけど、もしイマジネーションだけで書いているんだとしたら本当に一体この作者は何者なんだろう。
    読み終わった後、「…なんだか凄いものを見てしまった気がする」という呆然とした感が残る作品です。

  • とにかく字が多いので、短編小説を読むような感覚だった。ほとんどの話を、もうちょっと続きが読みたいなあ、と思ったので、そこが残念。ただ、どの話もラストで希望の光が見えてくるところが好きです。そこにたどり着くまでが半端なくつらいけどねえ。

    この漫画と、「愛を喰らえ!」しか読んだことがないので、他も読んでおかないと。

  • デレリクツ NKエリア共同溝シールドトンネル工事見学会 

  • 腹を抉られるような短編集。モノローグが多いので小説的な印象を受けました。真っ暗な部屋の中にずっと閉じ込められてたらこんなこと考え出すかもしれないって感じのことをぐるぐると問いかけてきます。でもきっと誰しもの腹の中にある問いなのではないかな、だから抉られるのだと思います。

  • 甘えんじゃねえよ、

  • 世界観、絵の雰囲気が好きです。

  • 単行本のタイトルは、作者が自分に、もしくは過去の自分に投げつけた言葉なんだろうか。自虐の果てでもがき苦しむ話が多い中、「空の空、空の空なり」の私服警官と風俗店店長のカプが凄い好きだ。彼らの話をもっと描いて欲しい。

  • 泥の中から這い上がってくる人間の姿に心抉られると同時にもの凄く惹かれるのは、自分もそうなりたいと思うからなのかもしれない

  • ぐぐぐっと腹や心臓をえぐられるような痛々しい、汚泥の底のような感じは相変わらず健在で、ほんとうに人を選ぶ漫画だなあとは思いますが私はやっぱり天才だなあとおもいます。大好きです。
    ぐりぐりくる痛みがたまらん。
    痛みや中身や腹の中の膿らしいものたちが現実的すぎていっそ幻みたいになってしまっている辺りがだいすきです。

  • 短編集。
    うーん…この人の作品は文学的で鬱々としていますね。好きです。

    どの話も根元にあるのは自己の存在理由探しかなと思います。
    こういう作品を書くと、自分の中を曝け出すようで怖くないんだろうか…それが出来るのが凄いと思う。
    癖になる文体。うっかり落ち込んだ気分の時に読むと、鬱になります。

全28件中 1 - 10件を表示

甘えんじゃねえよ (EDGE COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘えんじゃねえよ (EDGE COMIX)はこんなマンガです

甘えんじゃねえよ (EDGE COMIX)のKindle版

ツイートする