O.B.2 (EDGE COMIX)

  • 1535人登録
  • 4.54評価
    • (268)
    • (118)
    • (36)
    • (1)
    • (0)
  • 76レビュー
  • 茜新社 (2014年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863494114

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

O.B.2 (EDGE COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 佐条の色気が爆発しています。リヒト…尊いです。そして空原コンビもさいこうです。過去があっての今ですね。大人な恋愛。そして草壁の一言。佐条は欲張りだなぁ、で号泣です。

  • で、1から引き続きの有坂先生。先生の話は年齢とか家族とかの事もあるから一番シリアスで、苦しくて、でもきちんと乗り越えなきゃいけないところで、進まなければ乗り越えなくてもいいのかもしれないけど、やっぱり乗り越えてちゃんと進む所が良い。ああもうみんないい子…!
    空原はそういう意味ではその一歩手前の所だから、まだいろいろな選択肢のある立ち位置で、だからこそ悩んだり迷ったりもするし、できるんだと思う。その上で、あんなに皆に「幸せになって欲しい」と切実に願われたハラセンがパートナーという以上に、空乃に本当にしっかりと支えてもらえる関係性を築けている事に、空原の時点ではここまで想像していなかった。空乃は外見的にも一番成長しているし、区切りもついたし、予想以上にしっかりした人になった…というか、もともと芯は強いだろうから、それにしっかり肉がついたというか。
    で、佐条草壁に至ってはまたそのもう一歩前なのでそりゃもう相変わらずこれでもかとこっ恥ずかしくなる幸せ感ですが、幸せで何が悪い!まぁこの2人はこれからの方が大変な事もあるだろうけど、もうとにかく二度目の今度は逆プロポーズの笑顔でもうどうでもいいです。幸せでいいじゃないかあっ!かーらーのー最後に制服とか泣くわあああ!!!

    しかし本当にコペルニクスの頃はこんなキラキラで温かい物語を作る人だとは思っても見なかった明日美子先生の奥深さに毎度感動しか生まれない。いやコペルニクスの頃から根底に流れる切なさとか苦しさとか小さな幸せとか痛みとか優しさとか理不尽さとか、いろんな欠片は同じなのだけど、表現方法としてここまでどちらも極限に描ききれるっていうのは、大げさでもなく他に手塚治虫先生くらいしか思いつかないです…。

  • どーしても漫画が読みたくて、レビューをみて買った同級生から怒涛のようにここまできました。主人公二人の幸せだけでなく、原先生とか他のキャラも幸せになってよかった!!あー、愛しいね。
    みんなかわいくて、かわいかったです。このシリーズはBLが苦手な人でもぜひ読んでほしいです。

  • 色あせずに残る、青春の日々。
    草壁光×佐条利人
    青砥空乃×原学
    有坂×響

    『同級生』『卒業生』の草壁と佐条、『空と原』のハラセンとソラノ、その他コマっちゃんや有坂&響など、同級生シリーズを彩る魅力的なキャラたちの“その後”を描く待望の最終章『O.B.』が2冊同時で堂々の完結!!

    収録内容
    #4 後編<響と有坂>
    #4.5<草壁と佐条>
    #5 <空乃とフジノ>
    #6 <原と空乃>
    #7 <光と利人>

  • 相変わらずの美ページ&内容はどれも☆5、草壁と佐条の量が1/3くらいだった所に☆4。体感的には最早1/3弱。半分ないと私の狭い心が満たされズ。「勝手にタイトル」メモ。響と有坂「先生の娘さんの結婚」、草壁と佐条「あ・し・た・か・え・る」、空乃とフジノ「俺のおかげ」、原と空乃「カムアウト」、光と利人「おんなじ名字」。

  • 幼さは残ってるけれど、素敵な男、、、青年になったね,ソラノ。  一番 大人かもしれない。 フジノ、、、 惜しいなぁ。 惜しいなぁ。
    草壁と佐条は どちらかが一方的にというのでなく 絶妙のバランスで支えあってる。繋いだ手をかたく握りしめてというより あの黄色いリボンに結ばれている感じ! うん うん いいね!

  • 同級生シリーズの集大成。読み終わって幸せな気分に。

  • 二冊イッキ再読。

    相変わらず甘酸っぱいっ!
    二人は健在。
    微笑ましい♪

    一番すごいと思ったのはソラノとフジノの話。
    なんかグッと来た。。。

  • 同級生、空と原に出てくるキャスト・カップルのその後や過去の短編集。
    同級生カップルのオチはやっぱり、胸がいっぱいになる・・・。
    そして、ハラセンの髪型っ・・・すすすすてすてきぃ。

  • 有坂先生と響はこれでようやく前に進んで行くんですね… 凄く嬉しいのに切なくて涙が出ました。この2人は大好きです。そして待ってました! ハラセン登場のシーンはソラノと一緒に「やばい!!」と叫びそうになった… とっくの昔にと思っていたのに初Hだったとは… こういう所がハラセンの良さなんだろうなぁ… 草壁たちは本当にあまい逢瀬で、さいごの佐条の幸せな笑顔が見れて私も幸せのお裾分けを頂きました。中村先生、素敵な作品をありがとうございました!

  • 中村明日美子さんって不思議なのだ。なんだろう。線のほそくて、でも芯がしっかりしてるお話っていうか、難しいけど、そんな感じ。

  • 2巻まで読了。色んなBLランキングなどで常に上位にいるので、期待して読んだのだけど、色んな話が詰まった短篇集なので、そもそも中村明日美子の作品をちゃんと読んでいないと楽しめないのかも、と気づいた。
    同級生くらいしか読んでいないので、多分、この本を読む順番間違えたな。

  • とても満たされた気持ち…読み終えて、本に向かって心の中で拍手してしまいました。ぱちぱちぱち。素敵!

  • これまた表紙がいい!今度は制服からジャージに着替え、みんなが大集合。ハラセンに話しかけられている佐条をチラ見している草壁がかわいいじゃないか!帯に「ついに完結」と書いてあり、「あぁ、みんなに会えるのはこれが最後なのか」と思うとちょっとウルっときてしまう。2は家族と向き合う話が多かった気がするな。響と有坂、ハラセン・・・。そして最後の話を読むときはもう、泣けてしまった。うん、佐条と草壁、結婚して幸せになってね。本当は結婚してからの新婚編も読みたいけど、それは贅沢な願いだね。願わくばまたみんなに会いたいなぁ。

  • 原先生〜〜〜♡
    ソラノと原先生大好き。
    二人の話をもっと見たい!むふふ

  • このカップルを見てるとどきどきする。人生いっつもいい時ばかりじゃないから、余裕無くなって病める時だってままあるだろうけどさ、この二人はいつまでもお互いを一番思いやって想い合ってるその瞬間を真空パックしていて欲しい(何処の詩人だよ)。
    そして短髪のハラセンって何だかいらやしい(褒め言葉)。格好良くなったってこと。
    あと私のツボ、表紙。ハラセンに頬赤らめてる佐条を横目で見てる草壁!!明日美子せんせぇ!!!何でわかるんですか!ツボです!この感じ!!ひぃぃ。きゅんきゅんしちゃう←

  • 「同級生」「卒業生」「空と原」と続く完結編。完結編といっても、これまでの登場人物それぞれのその後を描いた連作短編だけど。「その後」ということで当人たちの関係は進展しているわけで、なのでBL度はいままでよりちょっと高めですね。カラミが苦手な人はあれかもしんないけど(とはいえたいしたことはない)、それぞれの幸せ感がよく出ていて完結編のふさわしい作品でした。

  • memo: 収納BOX付きとらのあな

  • 空と原がよめて満足!

  • BLを買ってはずれのない作家さんといえば中村さんだと思います。草壁と佐条のお互い好きなんだろうなってところがすごい伝わってくるところとか遠距離の感じとかすごく好きです。

  • それぞれの日常がこれからも穏やかに続いていく予感をさせてくれて、安心すると同時に終わってしまうのがさみしい

  • 幸せオーラがいっぱい!

  • 有坂先生と娘さんのところ、すごくグッときました…
    良かった

  • それぞれのカップルのその後。
    みな幸せそうで何よりです。

全76件中 1 - 25件を表示

O.B.2 (EDGE COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

O.B.2 (EDGE COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

O.B.2 (EDGE COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

O.B.2 (EDGE COMIX)のKindle版

ツイートする