イトウさん (EDGE COMIX)

  • 178人登録
  • 3.73評価
    • (14)
    • (22)
    • (13)
    • (5)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 冥花すゐ
  • 茜新社 (2015年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784863495067

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

イトウさん (EDGE COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 気づけば一気に読んでいた。

  • 時代背景がよく分からなくなった

  • 流血が苦手な人は注意。

  • 暗殺者×情夫なんだけど、ひたすら純愛だった。
    お互いだけがいれば良い、どこか小さな島国で2人だけ暮らしたいねというささやかな願いも周りが叶えさせてくれなくて読んでて切なくなった。最初は、コードネーム「 l 」から適当に「イトウさん」ってつけたんだろうけど、お互いの気持ちが近づくにつれて大切な言葉になっていってるのが良いなぁと。ハッピーエンドではなかったけど、どんなに忘れさせられてもまた出会うという感じで救いがあって良かった!
    短編の方は、ドM×キチガイMという感じで短いながらもすごく歪みと闇を感じた作品だった(表題作が純愛だっただけに)

  • 初作家様くらか先生と読むらしい。病んでる系がお好きなのかな。引き込まれました。
    謎の男イトウさん×男娼。攻めの糸目が開眼するとき、ドキッとします。ちょっと組織とかSFタッチで、終わりの始まりのような余韻も凄くドラマチックでした。
    よくSPとかが着けてる銃のショルダーホルスターにとても萌えてしまいました。その属性はもともとあったんだけど改めて…。

  • 「僕は”イトウ”だ 君がそう呼んでくれたから」

    殺し屋×男娼のお話。
    暗いのも痛いのも好きなので手に取りましたが、設定を詰め込みすぎたのか、読み終えてみると、最初の数ページで感じる底知れなさよりは幾分さらりとした印象。
    殺し屋を育てる機関、記憶を失わせる装置…ファンタジーといえばファンタジーなんだけれど、安易な逃避行エンドでないところに余韻があって私は好きでした。
    前述の台詞と、クライマックスでキョウスケの叫ぶ「行こうよ」には思わずほろり。しばらく忘れられそうにありません。

    後半の短編は教師×生徒の監禁もの。
    短いですがまとまっていて、これまたありがちなストックホルム症候群では終わらないあたり、イイ。
    どちらの話もエンディングに作者さんのこだわりを感じます、これからが楽しみです。

  • 殺し屋・イトウさん✕男娼・キョウスケ。これまた独特で斬新な作家さんが出てきましたね~。闇社会で生きる男たちから生まれる純粋な愛。これはメリーバッドエンドになるんでしょうか… でも読後感は悪くないんですよね。読んでる間ずっと心臓がドクドクいってる感じでたまらなかったなぁ。もうひとつの短編も病んでる感が半端なくて! 今後が凄く楽しみな作家さんになりました。

  • ありがちなタイプなんだけど、ちょっとヒネリもあって面白かった

  • 殺し屋×娼夫ということで、表紙のイメージ的にもかなり殺伐とした救いのない内容なのかと思ってたら、そうでもなく…殺伐とはしてるけど、帯にある通り正しく純愛でした。しかしこれは読み切り含め、ボーイズラブというより、ブラックラブというか…でも後味は悪くなく、妙に癖になるダークさ。いつか、今度こそイトウさんとキョウスケが一緒に行ける日が来ればいいなと思う。

  • とてもいい装丁です。タイトルがあまりにもデカすぎて、最初ピンク色の模様かとww裏表紙もドキッとさせられます…!

    殺し屋×男娼のハードボイルドな作品でした。ちょっと古めかしいんだけど、スリリングでハラハラする展開の中にある異常性や、それに相反するような純情なピュアラブの落差がハンパなくて、最後まで引きこまれて読んでしまいました。
    映画一本観たような味わいと満足感がありました。

    イトウさんのキャラがすごい。どんな人物なのかと突き詰めてみたくなります。ネクタイの趣味と下まつ毛のエロさだけでも興味津々になっちゃいます。
    キョウスケにはどこまでも優しくて、ヘタレか!と思ってしまいそうになるくらいイイ人なんだけど、目つきが時々コワいところに非情な一面が見えてハッとさせられます…
    キョウスケも第一印象はびっちな男娼なんだけど、これが当たり前の生活だと何の疑問も抱かずに生きてきたそれまでの人生が明らかになると、その悲惨な境遇に震撼とさせられ胸が痛くなります。

    二人とも自分の生き様を当たり前に受けとめてきたのに、互いに出逢ったことで急激に考え方が変化していきます。
    それが恋なんですよね…とつくづく。
    この辺の描き方がよかったです!それまで客とどんなHしても平気で無表情だったキョウスケが、急に恥ずかしがって赤面しちゃったりするところとか、めちゃくちゃキュンときました。
    権力に逆らって何もかも失ってしまうとわかっても、恋を選ぶなんてもう純愛以外の何ものでもないですね。

    悲しい結末になるかと思ったんですが、すごくいい終わり方でした。
    イトウさん、すてきです。

    エロ的にもイトウさんとどうなるのかドキドキさせられた後のカタルシスのようなHシーンにぐっときました。
    キョウスケの仕事があれなので、モブとの絡みは避けられません…!かなりえげつないプレイを見せつけられるので乙女は衝撃を受けます…血みどろシーンはイトウさんのお仕事のせいです。

    同時収録の「Cage」は初BL作品ということですが、初にしてはすごく手馴れたかんじの学園SMものでしたww
    ヤンデレ教師×性悪びっち生徒。先生一本取ったと思ったらすぐやられてるダメダメな攻です。しかも負けてうれしそうなのが根っからのM気質ですね。愛はどこ?というストーリーだけどエロくて意外に好物だったりしました。
    話の組み立て方がとても上手い作家さん。次回作も期待しています!

  • 久々に数ページ読んだところで(これはひょっとして当たるのでは…!!)と言う期待感に満ち満ちて読んだ。こう言う世界観の場合、トラウマとしての背景が納得のいくものでなければ上滑るんだが「イトウさん」と言う人物の描き方が凄すぎる。
    キョウスケの達観は自分の境遇を嘆く事もなく、誰を羨む事もなく、憎むこともなく、全てを自分の現実としてただ生きて来た事により生まれている。ここまでの「客観視」は人と比べない事でしか生まれないだろう。比べない、つまり比べる余地もなかったと言う事だ。
    売り専のキョウスケに、毎週火曜日、他愛のないお喋りをするだけのイトウさん、ある日アタッシュケースいっぱいの札束を持って来て「好きな事をすればいい」と言う。キョウスケはそれに激高する事もなく、引く事もなく、2枚を抜き出し、その金額に値する行為をすればいいじゃないか、とサラッと交わしてしまう。
    人間はその不遇さに気付くには「感情」が必要なのだ…感情は生まれ持っていたとしても、触れて、見て、与えられて、そうして学ばなければ身に着かないのだ。ある事にさえ気付かないのだ。
    不遇さに自己憐憫、同情するな、でもお前が愛おしいんだ、とか言うベタな展開に飽き飽きしていたし、実際の人間の感情はおいそれと人を信用しないし、どんなに痛い目を見ても、また同じ事をしたりもする。人間は懲りない、どんなに恵まれていようが不幸だろうが、懲りないものなのだ、感情が育つ境遇に在っても宝の持ち腐れ的に不幸へ不幸へ向かっていく人もいる。そして、不幸かどうかを決めるのは、本人ではなく、その人間よりちょっとマシなところにいる人間が下す評価でしかない。
    「感情」がない、無くなると言う事は、感情を学んでいないから更地のままで在る場合と、枯渇し、擦り切れて失くなる場合がある。
    キョウスケもイトウも「更地」の住人である。
    巻末収録の『Cage』も監禁ものに有りがちな…と言う着地点のようでそうじゃないとこが…「快楽」「感情」「執着」と言う単語に付いて、読み物を読み込んでいる人が描いている作品じゃないかな、と思った。死にネタではないがそれに等しい。生まれて来た命には等しく価値があり、幸せに生きる権利がある、なんて美辞麗句を並べ立てても光が当たらない世界もある…その命は何も欲しないかもしれない、が、たった一つのものでもあればいい、と望む気持ちが生まれ出た時に初めて命が人間になるのかもしれない。他者に感情を寄せた時に人間は人間として生まれ出るのかもしれんなぁ。
    そう言う仕事を請け負う闇の組織がありまして、と言う振りだけだと薄っぺらさを感じるのに、「イトウさん」と言う人間一人描くだけで、組織の具体的な背景が目で見る情報として描かれなくても納得できてしまう、と言うとこが何気に凄かった、冥花すゐさんの『イトウさん』…ここが本当に凄いとこだ…説得力を出すために背景をしっかり構築した上で描き込まなくても、イトウさんと言う人物の「人造人間」っぽさ一つで説得させてしまった、とでも言うか。感情を持たないロボットの筈なのに、何ゆえに金塊と札束を貯め込んでいたんだろう…アンドロイドがバグとして起こす違和感みたいに。
    ごちゃごちゃ説明的に客観的に見ても不幸だな、ってのを並べ立てられてない、と言う所がとても気に入ってしまった…読者を説得させるのに「背景」は絶対に必要なんだけども、必要最低限で解らせてしまう、と言う事はこう言う事じゃないかな、と思った。キョウスケの生い立ちの酷さも含めて。二人とも、過去を「フラッシュバック」して思い出すほどに「感情」が芽生えてない状態で生きてるんだよなぁ…自暴自棄になったり自分を蔑むには「感情」が必要なのだ。キョウスケが平然と娼夫やってるのも、それが彼にとっての唯一の世界だから、嘆くも何もない訳だ。この怖さがあの一冊に収まってる…。何が一番気になったのかが気になって考えてみると、キョウイチが自分の境遇を「可哀想」と思ってないと言う所。自己憐憫の感情がない。だから酷い客に捕まっても(どうせ俺なんか薄汚れてる…)ではなく(ツイてない)になる。可哀想な俺を救ってくれ、と言う希求を一切持ってない。ここが、怖い。こんな境遇、異常だよな、とは判っているだろうけど、普通と違うと言う事を判定しているだけで、一切持ちえなかった場合は欲しがる事もしない、と言う事だ。その人間にとってリアルな世界はそれしかない訳だから、自分を嘆かない。何と言う悲しい話だ、と思ったんだよ。

  • 表紙が真っ黒ですが、個人的には真っ白の方がいいなと。
    それかタイトルのロゴを白…取り敢えずどこかに白を入れて欲しいそんなお話。
    泣いた。
    BLはいいものです。

  • ▼あらすじ

    毎週火曜の夜、娼夫・キョウスケのもとに通い
    夜明けまで他愛のないことを語り、帰ってゆく謎の男"イトウ"。
    ある日、アタッシュケースに一杯の札束を持って
    「仕事をやめて好きなことをしてほしい」とキョウスケに手渡そうとするが…。
    闇社会に鮮血と硝煙の舞う、美しきノアール・コミックの旗手、
    "冥花すゐ"初のBL単行本で登場!!

    支配と被支配の学園SMも同時収録。

    ***

    評価★4.8
    インパクトのあるタイトルと美しい表紙イラストに惹かれて購入しました。
    闇社会がテーマという事で、ある程度は覚悟していたのですが、
    それでも読み進めて行く内にどんどんバッドエンドっぽい
    展開になっていくものだから中盤以降はずっとハラハラしっぱなしでした……。

    案の定、完全なハッピーエンドでは終わらなかったけど、それでもラストは
    少しだけ希望の見える感じで終わったから良かった…なんて言う訳ないだろ!!(泣)
    こんなオチ切な過ぎるわチクショウ!!!(号泣)
    折角、両想いになれたのに受けだけ記憶喪失のまま5年(しかも記憶戻らず)って、
    振り出しの振り出しに戻ってしまったところでお話終了っていやいや
    こんなところで終わらせちゃ駄目でしょうよ!!これじゃモヤモヤするだけだよ!
    心中オチもそれはそれでヘコむので嫌ですが、これはこれで切なくてヤダ…。
    しかも記憶を無くす前になまじ両想いになってるから余計切ない。

    無事、組織から抜けられたんだから、それこそ二人が小さな島国で
    家建てて幸せに暮らすシーンで終わって欲しかったなぁ…、
    そういう心から幸せな二人の姿を見たかったなぁ…とションボリ。
    そうじゃなくてもずっーーーと殺伐とした雰囲気が続いていたので
    最後くらい穏やかに終わってくれても良いじゃん?と思わずにはいられない…。

    …とまぁ、ラストこそちょっと不満がありますが面白いか面白くないかで言ったら
    断然面白かったですし、何度も読み返したくなる魅力がこの作品にはあると思います。
    こういう暗い世界観なので、好き嫌いは別れるかと思いますが私は凄く好きです。
    (普段はあまあまハッピーエンドを好む私ですが珍しく!)
    表紙を見れば分かると思うんですが、中の絵も凄く上手ですし、
    何より瞳の描き方が魅力的で、特に開眼した時のイトウさんなんて
    リアルにゾクッとするぐらい目力が半端ないので糸目&下睫毛キャラが
    好きな方は必見です。(ナイフ研いでるシーンなんて最高ですよ…!笑)

    受けが娼夫という事もあって受け×モブの(それも絵面的に結構エグい)シーンが
    結構出て来るのと、学園SMの話は短編ですが本編よりダークかつ猟奇的で、
    しかも愛無しなのでそういうのが苦手な方は注意が必要です。
    私は短編のラストは結構好きだな、と感じました。何より受けの歪んだ表情が凄くイイ!

    この作者さんはBL初らしいので、次の作品にも期待したいです!

  • ピアスのような表紙に、超絶エロ重視な中身を想像していたら相当ダークな話でびっくり。いくら救いようがあっても血とか痛いのとか特殊プレイとかダメ…な人には絶対にお勧めできない。ちなみに特殊ではあるがストーリーの流れ以上のエロは無い(ワケでもないか?)

    売り専で生涯終えるだろうという主人公に対してイトウさんが言った、「君は無垢だ、まだ本当の恋をしらないのだから」(うろ覚え)のようなセリフは今までのBLには無いものだと思う。最後まで胸に残っていた。

全14件中 1 - 14件を表示

イトウさん (EDGE COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イトウさん (EDGE COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

イトウさん (EDGE COMIX)のKindle版

ツイートする