Java逆引きハンドブック

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • シーアンドアール研究所 (2012年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (992ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863541122

Java逆引きハンドブックの感想・レビュー・書評

  • Javaの基本構文や処理の方法の確認にはいい

    Javaの機能について目的とその実現方法という逆引き形式でまとめられている。
    書籍自体は項目ごとに全20章から構成されているが,記述スタイルとしては大きく大きく以下の2パートに分かれると感じた。

    1. Javaの基本文法
    2. ライブラリの使い方

    書籍の前半部分である1. Javaの基本文法については丁寧に解説されておりわかりやすかった。しかし,後半のライブラリの使い方に関する部分は,使い方(ソースコード)をひたすら列挙しているだけで内容が薄い。
    なぜこうなるのか,どういう点に注意が必要なのか,他の類似の処理法との対応など,もう少し踏み込んだ内容もほしかった。

    これ単体だと学習は不十分で「The Java Language Specification」や他の本と併用するのがよい。逆引き形式なので,ぱっと確認するのには使いやすい。

  • ひととおり目を通した。

全2件中 1 - 2件を表示

Java逆引きハンドブックの作品紹介

Webアプリケーションや企業の大規模なシステム開発、組み込みなど、さまざまな場面で使われているJavaを集大成。逆引きリファレンスの決定版。Java6/7対応。

Java逆引きハンドブックはこんな本です

Java逆引きハンドブックのKindle版

ツイートする