コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行く

  • 43人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 清田和之
  • 書肆侃侃房 (2010年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863850385

コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料番号:011180221
    請求記号:617.3/キ

  • 大阪市立図書館

  • ブラジルの話から入るので、スリランカの話であることをしばし忘れる
    筆者の「フェアトレード」についての考え方が分かる本
    どういう貿易がフェアなのか、どこまでする必要があるのか
    ある程度共感できる

  • フェアトレードに興味のある人には必読書。下手な本よりもよっぽどためになる。スリランカコーヒーに興味があって読んでみたけれど、コーヒーよりもフェアトレードについて改めて考えさせられました。
    フェアトレードは一時的なイベントや購買運動、ブランドではなくて海の向こうにいる生産者とつながっていることを意識できる商品であるということ。FLO認証などを得ている中規模農家ではなく、2~5ha程度もしくはそれ以下の本当にフェアトレードを必要としている小規模農家に対して支援をするべきであること。
    ゼロから百までフェアトレードの真髄を学べる一冊です。

  • 2011年1月
    川口市立図書館で借りて読みました。
    「ナチュラルコーヒー」から早速購入しました。

全6件中 1 - 6件を表示

コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行くを本棚に「積読」で登録しているひと

コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行くの作品紹介

140年前、スリランカはコーヒーの一大産地だった!?10年がかりで実現したフェアトレード。幻のコーヒーといわれたスリランカコーヒーが現代に甦った。

コーヒーを通して見たフェアトレード―スリランカ山岳地帯を行くはこんな本です

ツイートする