同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中畑智江
  • 書肆侃侃房 (2014年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863851597

同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中畑智江 短歌 水に春しんしん映るこの朝をa painというタイトルにする 君という海をゆくとき一粒のさみしい貝であろうなわれは 五分毎に噴水されて傍のわれらも五分毎におどろく 伸び上がる水を捕らえて飲み干せる少年たちに微熱の五月 ああ今日は雨の月曜<水玉のお涼>と名付けた傘を取り出す わたくしが育てるゆえにわたくし化していく子ども雨降り嫌い 生と死を量る二つの手のひらに同じ白さで雪は降りくる 返歌 雪が降るあなたが来れば四つの手かまくら造り広さ測ろう

全1件中 1 - 1件を表示

同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)を本棚に登録しているひと

同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15)の作品紹介

「うつつ」を超える「ゆめ」

わたくしが〈私〉という荷を背負うときそれも一つの旅のはじまり

中畑智江はこの歌集で歌人としての〈私〉を背負ったのである。
旅は始まった。               
大塚寅彦

<自選短歌五首>

まだ青きトマトの皮をむくような衣更えする初夏の雨ふり

レタスからレタス生まれているような心地で剝がす朝のレタスを

表札にとんぼ止まれば照りつつもこの家の姓に影を落とせり

南国の木の実でできたお茶碗がわたしの離島のように在る午後

数えられないもの数多あふれたるこの世それらを数えるこの世

ツイートする