文学ムック たべるのがおそい vol.1

  • 241人登録
  • 4.06評価
    • (11)
    • (18)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 18レビュー
  • 書肆侃侃房 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852198

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文学ムック たべるのがおそい vol.1の感想・レビュー・書評

  • 小説(翻訳を含む)とエッセイと短歌の3本立て。それぞれ、読むときのバランスをよく考えた配置がされていて、リーダビリティが高い。

    「こちらあみ子」の今村夏子さんの短篇「あひる」がやはりというか、ディープインパクト。前半の若干のスリラー感から、後半の「わたし」の隔絶感になだれ込むあたりが、パトリシア・ハイスミス「回転する世界の静止点」に通じるような気がする。円城塔さん「バベル・タワー」が森見登美彦作品っぽいヘンテコ感+くそまじめ感でかなり好きである。「日本文学全集」で「雨月物語」の現代語訳を手掛けられたことが効いているのかもしれない。西崎憲さん「日本のランチあるいは田舎の魔女」はちょっと伝奇めいた柚木麻子さん「ランチのアッコちゃん」っぽいと思いながら読んだ。

    短歌は挿絵とのレイアウトが美しいと思ったし、語句づかいも面白いと思ったものが多いけれど、正直な話、ナルシスティックに自分の内面を読んだものばかりで疲れる。小説だってつまるところそうなのかもしれないけれど、もう少しフィルターがかかって突き放して書かれたところというか、読者との距離感を取ったところが私は好きである。短歌の作者さんには申し訳ないけれど、下着一丁(あるいは全裸)で迫ってこられる感が強くて辛いんです、個人的に。

    掲載作品のなかでは、イ・シンジョ/和田恵子訳「コーリング・ユー」が一番好みだった。電話越しの知らない相手の内面に踏み込んでいく感じは、ちょっとニコルソン・ベイカー「もしもし」に似ているかもしれない。

    乱暴な言い方をすれば、これと『MONKEY』があったら、他の文芸誌をごっそり無視して前に進めるような気がする。でも他のも読むよ。

  • ・穂村弘 夢の中の町
    見慣れたものが、ほんのちょっと視点を――あるいは名前を――ずらすだけで、ぜんぜん別物のように見えるふしぎ。そんなふしぎを追い求めているのかな。
    ・今村夏子 あひる
    一見、ほのぼの系のお話で、とくに大きな事件もなく終わるんだけど、妙に不穏。なんともいえない、そこはかとない暗さというかこわさが立ちのぼってくる。この人の作品はこれが初めてだったので『こちらあみ子』(だっけ)も読んでみないといけない。
    ・再会 ケリー・ルース
    喪失をえがいた短編。一度読んだだけではちゃんと把握できなかったけど、今も把握できてるのかあやしい。
    ・バベル・タワー 円城塔
    こういう伝奇物っぽい話好き。とてもありそうに始まって、どんどんなさそうなところへ向かっていった。
    ・はばたく、まばたく 大森静佳
    「曇天に火照った胸をひらきつつ水鳥はゆくあなたの死後へ」
    (わからないけどなんか好きだった)
    ・桃とカルピスと砂肝 木下龍也
    「キリストの年収額をサブアカで暴露している千手観音」
    「青春の管理下にあるぼくだった 明日を平気で殺しまくった」
    (そこはかとないユーモアと、ぐさりとつきさされる自我を感じた。)
    ・虚構こそ、わが人生 日下三蔵
    ずっと年上の方だと思っていたら中学生で星新一とあったので、あれっと思って調べたら自分より十歳お若かった。わたしも星新一から図書館の大人コーナーに入っていったもんな~。裏と表の二重生活かあ。そういうのもありか。(息子のことを考えてる。)

    ……一編一編ぜんぶ書くつもりだったけど、力尽きた。でもぜんぶすみずみまでおもしろかった。つぎは紙版を買うつもり。

    いちばん好きだったのは、最後の「日本のランチあるいは田舎の魔女」。
    物語を読む楽しさを存分に味わった。そして出てくるランチがとてつもなくオイしそうだった。くもりさんとまた会いたい。

  • 評判が良くて「あひる」読みたさに図書館予約を待ちに待って読んだけど、なんとも拍子抜けする内容だった。モヤモヤ感ある。

  • 今村夏子を読みたくて

  • 小説、随筆、短歌。
    様々な作品を一度に読めて、お子様ランチのワクワク感がある(気持ちの高揚についてであって、幼いという意味ではない、念のため)。
    木下龍也さんの短歌と今村夏子さんの小説が特に良かった。
    木下さんの歌は新鮮で、けれど前から知っていたように馴染む。
    そして今村さんの「あひる」はもう、もう、良さしかない。上手い!
    今後の刊行が楽しみだ。

  • 今村夏子さんの「あひる」に惹かれて手に取りましたが、味わい深い一冊でした。
    文学ムック「たべるのがおそい」は、福岡の出版社書肆侃侃房の小説と翻訳と短歌の本です。
    今村夏子、穂村弘、西崎憲、藤野可織、日下三蔵等をゆっくり食べようと読み始めましたが、ぐいぐい引き込まれ、早飯になってしまいました。

  • 藤野香織さんの「静かな夜」が良い。見えないもの―死者とか気配とか地獄とか―を扱っていて、タイトル通り、話者の息づかいが聞こえそうな感じに、近く静かに進むのがいい。前半は女性、後半は(女性のパートナーである)男性の一人称。
    この良さは、短編だからこそ、という気もする。長編はどういう作風なのか少し気になった。

    ほかの収録作品もぼちぼち読みたい。

  • 藤野可織「静かな夜」
    不穏で気味が悪いのに、なぜか読んでいて心地よかった。

  • 夢のようなラインナップ。特に今村夏子さんの名前が驚きで手に取った。『こちらあみ子』の衝撃から新作はいつだろう…と待ちに待ってやっと読めた。
    あとはどれも素敵だったのだけど、特に西崎憲さんはやっぱり好き。編集にしても言葉の選び方や(著者の自己紹介ページなどもすき)、著者名をすべて同じ大きさで載せている本自体のコンセプトがとても素敵で溜息が出る。
    あんまり何冊も出ない予感しかしないけれど、細々とでもいいので出し続けてほしい。

  • 今村夏子「あひる」。もっと、とか失いたくないって思うとおかしくなってくのな。相手の子等は、特に年寄りの、そういう気持ちに付け入ってどんどん好き勝手していて、だから弟がきてくれてよかったね。なんでこんなのかけるの、天才なの。
    今村夏子目当てでkindle版を落としたけど、あの文字サイズが変えれるようにできてないタイプのものだったから読みにくかった。

  • 芥川賞候補作の今村夏子の『あひる』など、名のある作家の作品も多くあり、満足感がある。
    ハードカバーじゃないので、電車の中でも読み易い。

    この本を例えるなら、具沢山のあったかいスープでお腹がホカホカした幸福感に似た感じかな。

    今回創刊号で、年2回位の刊行とのことだか、早くも次が楽しみ。

    九州発の書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)のエネルギーを感じる。

  • 巻頭エッセイ
    穂村弘

    小説
    今村夏子★ 円城塔 西崎憲★ 藤野可織★ 

    翻訳
    ケリー・ルース 岸本佐知子・訳
    イ・シンジョ★ 和田景子・訳 

    短歌
    大森静佳 木下龍也 堂園昌彦 服部真里子 平岡直子

    特集
    〈本がなければ生きていけない〉
     日下三蔵 佐藤弓生 瀧井朝世 米光一成

    ★★★

    155回芥川龍之介賞候補
    5度目のノミネートとなった山崎ナオコーラ『美しい距離』
    3度目のノミネートの高橋弘希『短冊流し』
    初ノミネートとなる今村夏子『あひる』
    崔実の『ジニのパズル』
    村田沙耶香『コンビニ人間』
    7月19日、村田沙耶香に決定。
    個人的には、こういう功労賞的受賞よりは、今村さんが超新星のごとく世間に登場し、あみ子のよさを拡散してほしかった。

  • 「本がなければ生きていけない」人たちによる「本がなければ生きていけない」人たちのための文芸誌。
    今村夏子『あひる』が芥川賞の候補になって手に取る人が増えただろうけど、これは買って正解。
    あひるは奥歯の奥からじんわり苦みがしみる、ような。

  • まず最初に出版社名が読めない。
    京都駅前の本屋さんで、探しに探して手に取りましたが、装丁も穏やかで、気をつけていても"すーっ"と見過ごしてしまう佇まいでした。
    穂村さんなら何かやってくれるかな?
    まさか今村さんの作品が芥川賞候補。
    もう一回読み返して、そういうことだったのかな。いや、確かさはど真ん中なのでした。

  • 偶然手にしたこの本がまさか話題に!
    芥川賞候補作「あひる」さっそく読みました。

    身びいきかも(?!」しれませんが、イイ!
    ぜひ受賞していただきたい!

    そもそも、穂村さんの文章好きで手に入れたのでしたが。

  • 今村夏子著「あひる」読了。芥川賞候補作。読みやすいし短いしほぼ家のなかの出来事で派手な場面はなかったりするけど。言葉にならない読後感。

  • 体裁や字体や挿画が80年代前後の文芸同人誌みたいで、ちょっと懐かしいような、今はなき熱さと青さを感じるような。まず今村「あひる」がよい、円城、西崎、藤野もよい。ケリー・ルースもよい。服部「ルカ」もよかった。1本も”ハズレ”がないんじゃなかろうか? 
    気がついたら、1冊まるまる読み終えていた。

全18件中 1 - 18件を表示

文学ムック たべるのがおそい vol.1に関連するまとめ

文学ムック たべるのがおそい vol.1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学ムック たべるのがおそい vol.1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学ムック たべるのがおそい vol.1を本棚に「積読」で登録しているひと

文学ムック たべるのがおそい vol.1のKindle版

ツイートする