大人の学校 卒業編 (静山社文庫)

  • 44人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
  • 静山社 (2010年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863890763

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 積んどいた本。なかなか読み出せなかったのは橋本治の文章に突入しづらかったから。「小林秀雄の、、」を読んで急に親和性アップ。一期に読めました。90年代にできた古い本ですが、今読むと逆にとても面白いです。故杉浦さんとか、なつかしいです。中沢新一さんも授業の時はオウム事件以前で、楽しそうで軽やかでした。養老さんの文章は久しぶりですが、今見ると極めて当たり前の話をされています。ぼくの認識が近づいたからでしょう。天野さんの広告論だけがとても古く感じました。バブル期の意味のなさ、軽さが時間を経過すると単に軽薄に見えてしまう、、、からでしょうか。

  • ※実際はマドラ出版「夜中の学校 中沢新一の宗教入門」のみを読みました。どう検索してもブクログでは出てこないようなのでやも得ずこちらの本を登録します。


    キリスト教、仏教の話をごくごくわかりやすく解説し、最後に宗教の意味や必要性をまとめた本。
    わかりやすいのはいいんだけど、わかりやすく解説するために様々な例えを用いていて、これがちょっと軽くなり過ぎている気がした。しかし、全体を通して伝えようとしている宗教観のようなものは理解もできるし、共感するところも多々ありました。

  • 110103 一部緩慢なところがある

  • なかなか、バラエティに飛んでいて飽きないね

全4件中 1 - 4件を表示

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)はこんな本です

ツイートする