もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)

  • 99人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (12)
    • (28)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 佐々木裕一
  • 静山社 (2011年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891272

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 字が大きくて読みやすい。面白くなくはないけど、どこかで見たような設定ばかり(イケメン、妖怪たくさん、微妙な関係の美人巫女、分かりやすい悪役(多分辛い過去がある)など)で特に目新しさはなかった。

  • 実際に妖怪とか見えたら怖いよね。

  • もののけの文字が目にとまっては、手に取るしかない。と本屋で見つけて購入。妖刀を持ったお侍さんが仲間の妖たちと害をなすもののけを退治するというお話。物語は淡々と進んでいきます。もののけの描写は書く人が変わればもっとおどろおどろしくなって面白いだろうに・・・という感じ。雰囲気はしゃばけのような感じです。

  • 平太郎がからっとしていて、陰うつさのない男ぶり。

  • Tさんのお勧め。

    同じ作者、佐々木裕一の他の江戸物よりよかった。

    もののけが出てくる時点で、
    江戸物の中でもファンタジーになってしまい、多少の不具合は見逃せるようになるらしい。

  • もののけと楽しく暮らしている感じはしゃばけっぽい。悪い妖怪に立ち向かうというある意味チームもの。シリーズの続きが楽しみなので★4つ。

  • 妖怪+侍+江戸 藩士の平太郎と知己の妖怪達が事件を解決してゆく 出来れば設定をもっと詳しく知りたい

  • ラノベのような時代小説
    でも、軽くて読みやすいですよ~

  • えっ、と思うほど拍子抜けな部分もあるけど、まあまあ。

全19件中 1 - 10件を表示

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)に関連する談話室の質問

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)を本棚に登録しているひと

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)はこんな本です

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)のKindle版

もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎 (静山社文庫)の文庫

ツイートする