ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)

  • 185人登録
  • 4.02評価
    • (19)
    • (17)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 静山社 (2012年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863891715

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)の感想・レビュー・書評

  • 早くアンブリッジをなんとかしてくれーと思わずにいられない3巻目。

    このくらいになると、ハリー、ロン、ハーマイオニーだけでなく、ネビルとかジニー、双子のウィーズリー兄弟とかも目立ってくるから嬉しい。

    この後どうなるのか、全く覚えていないので楽しみ!

  • B933.7-ロリ-12  300290731

  • ハリポタシリーズ、第五作。スネイプ先生の過去が衝撃でした。ハリーに対する執拗な悪意の元が分かり、スネイプ先生に同情しますね... ジェームズがクズ過ぎて。ハリーには悪いけど。その他だと・・ダンブルドアが校長を頸になったり、ロンのお父さんが騎士団の任務中に負傷したり、ハリーが先生?になったり… etc。一番気になるのはハリーと『あの人』の関係性。実は同一人物なのでは?・・ってそんなワケないか笑 さてさて少ししたらその4を読もう!

  • 読むのちとしんどい

  • しばらく前に読了。「ハリー・ポッター」シリーズ5巻の3巻目。
    どんどん追い詰められていく息苦しさ。そしてアンブリッジだけでなく、どの登場人物のことも好きになれない鬱屈…。それぞれに欠点や嫌なところがあるのは良いのだけど、長所になり得る点がことごとく短所に裏返して描かれている感じで、嫌悪感がふくらむ。ローリングは登場人物に愛を注ぐタイプではないのかな。これが計算通りなのだとすれば、意図するところは何なのかしら。。
    ハリー父のスネイプいじめの一件が、今後どういう展開につながるのか気になる。

  • 相変わらずハリーの反抗期、そして恋愛事情がちらりと見える。
    このと時頃の男の子って、こんな気がきかないもんかな?ハーマイオニーがますます大人に見えた。
    そしてダンブルドアはやはりハリーの見方だったな。
    個人的にはスネイプの過去に全て持ってかれたけど…

  • <追記>
    前に書いた感想の最後に追加で書きました////


    『閉心術』まで読み終わりました!

    少し推理してみたのですが、
    ヴォルデモートが喜んでいるのってもしかして
    ハリーが場所を知ってしまったから…

    なんで例のあの人が喜んでいるのか、
    まだハリーは全然気づいていない…

    ハリーを慰めようと色々と励ましてたけど
    実は…なんてことはないですよね(ノω<;)


    もしそうだったら…
    スネイプ先生またはロンやハーマイオニーが、
    そのことに早く気づいて
    ダンブルドア校長先生に場所を伝えたほうがいいんじゃないかと思った。。


    ページをめくるのが、ちょっと怖いです。。(;ω;)
    不死鳥の騎士団の計画している任務が粉々になったり
    悪い方向にいかなきゃいいんだけど…

    心配です。。


    この推理どう思いますか??


    2014年5月24日 読了
    読み終わりました!

    考えすぎたのかな。。
    でもハリーは、もう扉の夢見るべきじゃないかもしれない。。
    万が一っていう場合もある…

    夢で部屋を見つけたこと
    早くダンブルドア校長先生に知らせたほうがいいんじゃないかと

    言いたくないってハリーが言うけど、
    ロンと同じ意見で言うべきだと思う!

    もしその部屋にあったら
    ヴォルデモートが見つけてしまう前に防げるかもしれないのに。。



    アンブリッジ先生はもはやクレーマーだと思う
    何か起こるたびに省令を作って。。

    ハーマイオニーが皆に配ったものは
    とにかく凄い効き目ですね(≧ω≦。)プププ

    被害にあった生徒は災難だったけど、
    アンブリッジの前でも何も言わないでいるのはスッキリした!

    このシーンはどうなることかと
    ヒヤヒヤドキドキしながら読みました(^_^;)

    それにしても省令作りすぎたと思う(>_<)
    この先生が来たときからすでにおかしくなってるような


    早く追い出して欲しい!
    トレロー二ー先生がちょっと気の毒になってきた。。


    この『不死鳥の騎士団』は懐かしい人たちがいっぱい出てきますね♡
    病院のシーンは驚きました!

    ラストのスネイプ先生のお話がなんとも…
    全てを知ったハリーは、
    これからスネイプとどう関わっていくのかと気になります!

    このスネイプの過去の出来事は
    ちょっとどころかひどいと私は思う。。(ノω<;)


    どうしてハリーに冷たくするのか、これで分かったよ。。

全11件中 1 - 11件を表示

J.K.ローリングの作品一覧

J.K.ローリングの作品ランキング・新刊情報

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)の作品紹介

頭の中に、もうひとりのだれかがいる。そのだれかが、思わぬことをしゃべらせ、遠くの出来事を見せる。「心を閉じるのじゃ」。しかし、うまく心を閉じられない。一方DAは、全員が長足の進歩を見せ、ハリーの心の支えとなる。しかし、そんなDAメンバーにも不吉な足音が迫りくる。フレッド・ジョージの双子の大活劇を経て物語はいよいよ佳境へ-。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)はこんな本です

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-3 (ハリー・ポッター文庫)のペーパーバック

ツイートする