ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)

  • 19人登録
  • 4.83評価
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 松岡佑子 
  • 静山社 (2014年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892422

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 泣ける…
    特にダンブルドアの愛が…
    これは愛の物語。この巻は不死鳥の騎士団の最終巻だけれど、シリウスが…(TT)
    最後のダンブルドアの話を何度も何度も読み、泣きました。

全1件中 1 - 1件を表示

J.K.ローリングの作品一覧

J.K.ローリングの作品ランキング・新刊情報

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)を本棚に登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)の作品紹介

ハーマイオニーの忠告にもかかわらず「閉心術」を習得できないハリーは、ある夜、ひときわおそろしい夢を見る。それは、かけがえのない大切な人が、今、闇の帝王に捕らわれたことを、はっきりと告げていた。救出に向かったハリーは、ついに夢で見た黒い扉の前に立つ。そこに待ち受けていたのは-。闇の帝王との宿命が、ついに明らかに!小学中級より。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5-4 (静山社ペガサス文庫)の文庫

ツイートする