幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)

  • 176人登録
  • 3.79評価
    • (13)
    • (4)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社 (2014年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892521

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハリーポッターやファンタスティックビーストに出てきた動物たちも載っててうれしい
    ハリーたちのらくがきも可愛い ただ絵もほしかった、、

  • いろんな動物がいた。2016年読了。

  • 2017/01読了。映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観て。ストーリーはないけどハリー達の落書きも復元して、遊び心のある一冊。あとで映画パンフと突き合わせてみたい。

  • ハリーの教科書&ニュートが書いたもの、2つの物語が繋がっているというだけで最高!

  • 何度か読んだことあったけど、映画を機に再読。映画で登場した動物もあり、よりイメージ湧きました。

  • ファンタスティックビーストの元になった本。
    ニュート著のホグワーツの魔法動物の教科書です。

    ハリ達の落書きも面白いです。
    ニュートが調べた魔法動物たち!

    絵に描いたり、思い浮かべると相当キモいですが、かなり面白いです。

  • 今回の映画がきっかけで購入。
    観たあとで読むと楽しめました。
    ハリーポッターでも出てきた生き物たち、ハリーたちの落書きとで色々思い出せて楽しかったです。

  • 特に本編で出てこない魔法生物は、絵が無いとイメージが沸かないなぁ。。

  • 単なる教科書じゃなくて、ハリーが実際に使用した教科書の複製であるという設定がとっても面白い!
    ハリーたちの落書きを読んでいると、いろいろな冒険のシーンが蘇ってきて楽しいし、教科書に落書きするのはどこの国の学生も一緒なんだな~、とほほえましい気持ちになる。

全10件中 1 - 10件を表示

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)を本棚に「積読」で登録しているひと

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)の作品紹介

ドラゴンは全部で何種類?ピクシー妖精の得意ないたずらは?ハリー・ポッターの物語に登場する魔法動物が大集合!ホグワーツ魔法魔術学校の教科書を、特別限定版として複製。88の魔法動物の生態がくわしくまとめられている。ハリーたちの落書きまで再現した特別限定版!

ツイートする