僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育て

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小菅正夫
  • 静山社 (2013年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863892583

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育ての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子育てという特別なイベントを、小菅氏の思いやり溢れる言葉で書かれています。

  • 6月新着

  • つなぐ暇もなく、消えていく習慣。
    ヒトって獣は結局どこに向かっていくんだろ。

  • アムールヒョウもホッキョクグマも、お産のさいは神経質になる。そこは、担当者はもちろん、オスも産室には近づくことはできない。もし覗き見でもされようものなら、母親が我が子を殺す恐れも。産室に助産師や夫もやって来る人間とは異なる。動物たちの出産・育児を読みつつ、人間との相違をあれこれ考えるのも楽しい。
    ちなみに野生で生き残っているアムールヒョウは50頭ほどだそう。

  • 旭山動物園で、動物自身に育児させることを追求した記録。育児を本能として知っている種と学習しなければならない種があること、人工保育した個体は決して親に育児された場合と同じにはなれないという主張。
    多くの種の動物で、ここで初めて自然な育児が達成されたということに驚く。

全5件中 1 - 5件を表示

小菅正夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育てを本棚に登録しているひと

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育てを本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育てを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育ての作品紹介

生後3週間で子を自立させたアザラシ母さんのガル。好奇心の強い子だけが生き残る。出産後の子の世話ができないキリンのマーナ。僕たちが産婆となり、ついに4度目の正直が…。個室より、群れの中での子育てが有効だった!育児放棄がやんだチンパンジーのチロ。動物の数だけ子育てがある。命の物語がある。250種以上の動物と暮らしてきた小菅さんが忘れられない親子の物語。

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育てはこんな本です

僕が旭山動物園で出会った 動物たちの子育てのKindle版

ツイートする