LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

  • 574人登録
  • 3.59評価
    • (30)
    • (65)
    • (54)
    • (20)
    • (2)
  • 57レビュー
著者 : 高城剛
  • 晋遊舎 (2012年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863916715

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】の感想・レビュー・書評

  • 一日、二週間、一ヶ月、三ヶ月、一年、未来…。それぞれの旅の期間に必要な、高城式パッキング術。

    特に参考になったのは、デジタルガジェット系。MacBook AirをメインPCとして使用し、DJする際もKORGの小さなDJコンソールを持参するのみ。CDJもミキサーも持たず、これとアプリだけで数万人を踊らせてんだなんてね。

    その他、ホメオパシーなどの代替医療品、100mlで三ヶ月持ち全身洗浄可能なオーガニックシャンプー、身体に溜まった悪い血を出す“刺絡療法”の為の採血用刺針などの健康アイテムから、トレーニングアイテム、炊事アイテムまで、興味深いものが沢山。ついには放射性物質まで除去可能な水処理機から、未来の“非定住生活”の到来を予期したテントなどの、サバイバルアイテムの紹介まで、実にオモロい。

    無駄なものは極力持たず、必要最低限の物を上手くパッキング。そして好きな場所を好き放題移動して過ごすのが「21世紀のラグジュアリー」であると、筆者。

    大自然の中、星空の下などで、デジタルデバイスを駆使して本や音楽を楽しみ、オーガニックな食事を採る。んーなんと素晴らしいことか!

    早速感化されて、MacBook Airを購入。ハイパーノマドワーカー目指し、今日も無駄を手放し、必要なものを握りしめ駆け抜けようと思います!

  • Tシャツはオリジナルで作るというのは面白い。

  • 1年のうち300日旅をしている高城剛さんの99%処分して残った1%の生活必需品たち。
    旅の期間に応じたユニークなアイデアが詰まった一冊。
    旅行好きの方は参考にしてみてはいかが。

  • 自分では買わない&買えないし必要のないもののオンパレードですが、人生を楽しむ参考になりました。

  • 新しい本も面白かったけど、もう五年も前の本だけどこちらもまた面白い。最近はこの著者にハマってる

  • 高城剛さん著作。ミニマリスト目指していた頃に読もうとしていた。ブームは過ぎたけど、シンプルな考えは共感もてる。

  • ホメオパシーのレメディ アコナイト
    ソーラーバッテリー パワーフィルム
    ipadで本を持ち歩く
    ウォーターボイラー
    茶漉し付きペットボトル
    GRデジタルⅣ
    毛穴撫子つるつる石鹸
    モバイル瞑想セット ナノとイヤホン
    瀉血療法 刺絡療法
    パナドールエクスプレス 万能薬
    軽量パンツ HOM
    アウトドアリサーチ ヘリウムジャケット160g
    HD HERO gopro
    MBT
    ふじ酵素玄米キッチン 酵素玄米プロ
    サーモミックス31 VORWERK
    スロージューサーhurom
    バイク技研のYS11 BD1の電動アシスト
    pogoplug POGOP25 マイクラウド

  • 持ち物の99%を処分したという著者の持ち物紹介本。
    ミニマリストの本と思って読んでみたが、ライフスタイルが全く俺と違う感じなので、参考になるとは言えなかった。

    ちょっと思っていた本とは違ったのが残念だったが、旅やノマドやITに囲まれた生活を目指す人には役立つのかも知れないなぁ

  • ミニマリストになったら心身共にすっきりするだろうなあ。。

  • (旅や海外滞在も見据えた)”生活”における「優れたモノ」の紹介。
    期間ごとにパッケージングまで考慮しているという点が珍しい。
    日本のように、海外では箸やフォークなどを付けてくれたりはしないので、料理した後にカトラリーがないことに気づいてボールペンで箸の代用を・・なんていう高城氏のエピソードも面白い。
    そういえばフランスでも同じこと経験したなぁーあのときはどうしたんだっけな。。

  • 血を抜いたり火をおこしたり、なんやねんこいつって感じだがオーディオ系などのデジモノは金をかけてるだけあって厳選されていた。参考にする!

  • 自分もミニマリストかぶれなので読んでみた。
    コダワリのアイテムが多すぎて、あまり参考にならない(笑)

  • 旅オタ、ガジェットオタ、音楽オタ、健康オタである高城先生が厳選した持ち物を紹介。ただモノを紹介してるだけなのに、どうしてこんなに面白いのか。興味深かったのは、特に意識しているわけではなさそうなのに、エコとかオーガニックといった方面に自然と向かっているところ。太陽だけが信頼できるとか、私も言ってみたい。あととりあえず、オーディオテクニカのヘッドホンアンプ欲しい。

  • 面白かった。
    まずタイトルが良いのである。人生をパッキングする。
    折りたたまれた旅のアイテムあれこれがそのまま人生の立ち位置というか、持ち主の生き方をがっちりと語っている。当たり前のようだが、厳選された持ち物だからであろう。理由なく、何となく持っているのではない、それを持つことに自分の人生の大きな意味が付与されているからこそ雄弁なのである。使っている下着についてまで、こだわりと愛着を語れるのだから半端ではないと思う。

    読んでいてちょっと買ってみたい、使ってみたいアイテムがいっぱい。
    あと、この本は旅行ガイドでも旅行記でもないのだけど、読んでると旅に出たくなる。

    楽しく役に立ち、さらにワクワクして旅に出てみたくなる素晴らしい本である。お勧めです。

  • 海外旅行のワクワクを体感できる本。
    モノが好きな方は勿論ですが、海外旅行に行きたいと考えてる方にお勧め。
    上っ面だけの紀行エッセイよりも断然、旅を感じられる。

  • モノから考える生活スタイルの本。

    人のスーツケースに何が入っているのか、時々気になることもあり、そうした観点からの一冊で切り口として面白い。

  • 自分の望んでいた物、部屋の片付けなどに必要な知識、などとは内容が離れていたため評価は低いですが、商品紹介の本としては面白かったんじゃないかな、と思う。

  • 高城さん、本当にセールストークがうまい!読み返す度に、次から次に気になるモノが出てきます。今度はあれ買おう。
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage185.htm

  • 興味深くはあったのだが、欲しいと思ったものはあまりなかったかなあ。すこしはあったのだけどね。

  • ガジェット好きの人はたまらないだろうなー。

  • 身の周りにモノがあふれていると思い購入。
    読んでみると、「おお確かにこれがあれば捗るな」と感じた。
    だが、この本の正しい使い方は真似るのではなく、参考書として使うことではないか。

    例えば、著者はDJをしており、音楽系の荷物がどうしても入る。しかし自分はそこに拘りが無い。
    じゃあ、自分の場合は何を選ぶか?の選び方・考え方はモノの種類ジャンルに依らず使える考え方であると思う。


    切り詰めるのではなく、選択する。

  • 為になるトコもあり、そうでないトコもあり…
    自分はこの本から4つのアイテムを取り入れました。

  • 素敵なカタログ本

  • こうゆうの好き。高城剛が実際に使っているガジェット集。自分もこれ系が好きなので、参考になりました。

全57件中 1 - 25件を表示

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】を本棚に「積読」で登録しているひと

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】のKindle版

ツイートする