おいくら万円?

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : MONOQLO編集部
  • 晋遊舎 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863918801

おいくら万円?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディズニーランドの貸切やプライベートジェットから無人島購入の値段、国会議員、ラーメン屋、漫画家などの収入・経費、ソーラーパネル導入・花火大会・コンサート興行収支など様々な値段について説明している。
    全く知らない世界のお値段の話など興味深いものもあった。まあ、どこの世界でも、既存の商習慣・既得権益・システムがあり、機能分担しているとも言えるし、ある意味搾取されてんだなと。
    【3,000円のCDの配分内訳】レコード会社から見た場合
    ①販売手数料(小売25%750円、問屋15%450円)
    ②生産原価(歌手印税1%30円、作詞作曲3%90円、作成経費3%90円、プレス費用他5%150円)
    ③広告宣伝費(宣伝費15%450円、音楽出版社3%90円)
    ④租税公課?(原盤印税15%150円)
    ⑤レコード会社利益15%450円※1万枚売れて450万円
    →歌手は、作詞作曲しても4%120円。一万枚で30万円。
    CD売れるだけじゃ儲からないのね。
    【飲食店】
    ◯材料(foodcost)・人件費(laborcost)は、55-65%におさえることが必要。foodcostは30%が限界(とすれば・・?)

  • 切り口は面白い。コストがわかる

  • 4〜5

  • ディズニーランドを貸し切りにしたらいくらかかるかとか、自家用ジェットを買って維持するのに幾らかかるかとか、「有閑倶楽部」を描く人の資料にぴったり。
    探偵に浮気調査を頼む時の費用がどれくらい、浮気による慰謝料の相場はどれくらいとか、知っていると週刊誌を読むの楽しいかも。
    海の家の経営をしたいとか、占師になりたいとか、ハローワークで知りづらい職業の収入目安が分かるので、就職前に読むと視野が広がるかも。
    ということで、今の自分に役立つ知識はほとんど得られませんが、テレビのバラエティ番組を見るように楽しめる本です。

  • 2014/01/22
    自宅

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする