第3の案 成功者の選択

  • 500人登録
  • 4.03評価
    • (32)
    • (35)
    • (15)
    • (7)
    • (0)
  • 37レビュー
制作 : フランクリン・コヴィー・ジャパン 
  • キングベアー出版 (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863940185

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

第3の案 成功者の選択の感想・レビュー・書評

  • ○この本を一言で表すと?
     「7つの習慣」「第8の習慣」と発展させてきたコヴィー氏の集大成の本


    ○よかった点
    ・「第8の習慣」もそうでしたが、「7つの習慣」の全ての要素を包含しつつ、さらに進んだ考え方を示している本だと思いました。

    ・「See-Do-Getサイクル」(P.23)というのは初めて見ました。私たちの行動が全てパラダイムに基づいていてその行動によって得るものが決まる、ということがよく表されていて分かりやすい図だなと思いました。

    ・「私は自分自身を見る」「私はあなたを見る」「私はあなたの考えを求める」「私はあなたとシナジーを起こす」という第3の案を探すパラダイム(P.39)は、第3章以降の全てのケース(職場、家族、学校、法律、社会、世界、人生)で踏襲されていてとても力強いパラダイムだなと思いました。

    ・シナジーに至る四つのステップ(P.87)は、実践がかなり難しいと思いますが、うまくいけばすごい効果を出せそうだなと思いました。

    ・ビル&メリンダ・ゲイツ財団が集めたさまざまな分野の専門家の発想は、しがらみがない状態で考えると本当に多様なアイデアが出るのだなということを強く感じました。(P.105~)

    ・シナジーの障害となる「GET(Gain:利益、Emotion:感情、Territory:テリトリー)」(P.138)は本当にいろんなケースで当てはまりそうだなと思いました。

    ・マイクロソフトの元CTOのネイサン・ミアボルドが創設した「インテレクチュアル・ベンチャーズ」が発展途上国向けのワクチンを提供するために自動小銃の専門家などを集めて、温かい気温に数分さらされただけでダメになるかもしれないワクチンを電力を使わずに6ヶ月保存できる装置を開発した、というのはすごいなと思いました。(P.170~)

    ・クラシック音楽家の父親が娘の好きな釣りやロックミュージックに付き合って仲を深め、娘がクラシック音楽も好きだと友達に話しているのを聞いて喜んでいるところはその喜びがわかるような気がしました。(P.227)

    ・貧困から抜け出せない地域の学校で、学校制度が変わるまで待つことなく、落書きを消し、保護者の関与を0%から100%にし、個人的な相談ができるアドバイザーを付け、さらに動機づけたリチャード・エスパルザはすごいなと思いました。(P.282~)

    ・未熟なペンキ職人が自分の未熟さを隠して仕事を受けたことに対して、ただ非難するのではなくそのペンキ職人にどんな人生だったのかを聞いて、ペンキ塗りの仕事を教えた工務店担当者の懐の深さはすごいなと思いました。(P.345~)

    ・王立カナダ騎馬警察リッチモンド署のワード・クラパムの犯罪を取り締まるのではなく予防するアプローチはすごいなと思いました。(9.11事件後にいろんな人種や宗教の人とコミュニケーションの集会を開いてガス抜き、部下全員をリーダーに育てる、良い行いをした人を捕まえてポジティブ・チケットを渡す、など)(P.388~)

    ・犯罪と絶望の根が妊娠中の妊婦の状態にあるとして、NFP(ナース・ファミリー・パートナーシップ)を立ち上げて貧しい妊婦や薬物中毒の妊婦を助ける活動を始めた医師のデイヴィッド・オールズの視点と行動力はすごいなと思いました。(P.405~)

    ・高校中退でドラッグにはまり、3歳の子供を捨て、32歳までに窃盗で三度刑務所に入ったウェルドン・ロングがエマーソンの「人は一日中思っているものになる」という言葉に出会って、大学を卒業し、MBAを取得し、前科者のハンデを乗り越えて仕事で成功し、愛情あふれる夫・父親になったというのは、誰でも素晴らしい人物になれるという励まされる事例だなと思いました。(P.455~)

    ... 続きを読む

  • これは、商談などで実践しています。
    7つの習慣は内的実践ですが、これは外的実践法ですね。

    しかし、3冊含めてこのシリーズは常に読み続けないといけない

  • ・目的を定義すること
    「対立を問題ではなく、機会としてとらえること」
    ・シナジーに到達する4つのステップ
    ①あなたも私も考えたことのない効果的な解決策を探してみないかと問いかける。
    ②よりよいアイデアはどのようなものだと思う?と質問する。それによりすべきことの明確なビジョンができ、全員が満足できる結果であるかどうかを評価する基準-両社の要求を上回る基準-が定まる
    ③基準を満たす解決策を件とし始める。自分たちのアイデアを正反対にしてみたりする。極端な可能性を検討できるかどうかがシナジーの成功の鍵を握っている。
    ④興奮状態になれば、シナジーに到達している。

  • 「7つの習慣」の著者の最新刊。根底にある基本的な考え方は「7つの…」と同じであるが、本書は特に「第4」から「第6」までの3つ習慣をより深め、対立する相手とともに「Win-Win」や「相乗効果(シナジー)」を追求することが、最終的には「二者択一」のジレンマを超えた「第3の案」を生み出すとして、そのためのパラダイムと手法を提示する。

    著者は、何らかの対立が起こっている場合、それが家庭であれ、職場であれ、或いは国際紛争であっても、対立する双方の陣営が、お互いにしっかりと自省するとともに、他方に対して心を開いて傾聴し、真に理解し合えば、勝ち負け(Win-Lose)でも妥協(Lose-Lose)でもなく、より良い結論に至る道が開けると説く。

    著者の主張を理想論として片付けるのは簡単だが、本書には、著者自身を含め、世界の様々なレベルにおいて「第3の案」を実践している有名無名な人々の物語が数多く収録されており、安易な妥協や近視眼的な勝ち負けの議論が蔓延する今日の社会でも、自分のマインド次第で「第3の案」を生み出すことは可能であると気づかせてくれる。

  • パラダイスを起こす条件としてまず自分を見る
    次に相手を見る

  • ベストセラー「7つの習慣」の著者の本。
    人や組織の対立を解決するために、「二者択一」のマインドセットから脱却し、どちらの案をも上回る「第3の案」に到達することが必要であり、その考え方・方法・ヒントが書かれている。

  • 前半部分は色々と参考になる部分もあったが、
    後半はあまり。。。私がいまこの本を読む時期ではないのかも
    しれない。

    もう一度読み返したい。

  • やるかやらないか、AかBかという二項対立の問題から第3の案へ至るための方法・考え方について、本当に数多くの事例を交えて紹介した本。
    なかなか本質的で素晴らしかった。ただ、時間の関係もあり、飛ばし読みとなってしまっているので、また時間があるときに熟読したい一冊。

    <メモ>
    ・第3の案を探すパラダイム 自分自身を見る→相手を見る→相手の考えを求める→相手とシナジーを起こす。
    ①自己認識 自分の思いこみを明らかにする。他者に対して誠実になる準備ができる
    ②無条件の肯定的関心 相手を一人の人間として尊重する。
    ③共感的理解 相手の考え方の根本までいき、真に理解すること。
    ・SeeDoGet 物事をどう見るかが、行動をきめ、結果が決まる
    ・自分自身を見つめると自分の文化的傾向がわかる。自分は限界があるが同時に無限界であるという創造的なパラドックスに気付く。
    ・視点 自分の文化的なプログラミングは考え方にどう影響を与えているか 本当の動機は何か 前提は正しいか 前提のどこがどう不完全なのか 本当に臨む結果に貢献しているか
    ・真実の断片を多く持っているほど、多くの物事をありのままに見られることを知っている。「対立を問題ではなく、機会としてとらえること」
    ・シナジーに到達する4つのステップ
    ①あなたも私も考えたことのない効果的な解決策を探してみないかと問いかける。
    ②よりよいアイデアはどのようなものだと思う?と質問する。それによりすべきことの明確なビジョンができ、全員が満足できる結果であるかどうかを評価する基準-両社の要求を上回る基準-が定まる
    ③基準を満たす解決策を件とし始める。自分たちのアイデアを正反対にしてみたりする。極端な可能性を検討できるかどうかがシナジーの成功の鍵を握っている。
    ④興奮状態になれば、シナジーに到達している。
    ・公平を求める気持ちは信頼関係の敵。成功基準作成時には関係者全員が参加しているか、可能な限り多くのアイデアを得ようとしているか、本当に求める結果は何か、なすべきことは何か、凝り固まった要求からよりよい結果に何かに視線を移しているか
    ・対立は人が自分の仕事を本気で考えているときにおこるもの。
    GET→Gain 利益、得てしかるべきもの
         Emotion 感情、気持ち、アイデンティティ
         Territory 縄張り 部下、予算、専門知識
    このGETがシナジーの障害になる。
    ・プロトタイプ 解決策のスケッチ、モデル、模型、草稿など。
    カウンタータイプはこれを物事をさかさまにして考え、前提を疑い、従来のやり方をひっくり返したもの。
    ・家族は社会における第一かつ重要な組織。愛、人格、社会的、個人的責任を育てる土台である。
    ・ポジティブチケット 通常、警察は悪いことをした人にチケットをきるがいいことをした人に褒美のチケットを与えること
    ・ニーチェは「生きる理由を知る者は、およそどんな生き方にも耐えられる」という言葉を残している。
    ・幸福を長く続かせる鍵は奉仕であり、 奉仕こそ、人生の真の成功を測る基準

  • 7つの習慣の「相乗効果(シナジー)」の部分を広く、深く掘り下げた内容。
    7つの習慣で書いてある以外の全く新しい知識を期待せず、7つの習慣を復習するつもりで読むのであれば良い本。

  • 二者択一のパラダイムから脱却し、「第3の案」を通してシナジーを生み出す4つのステップについて書かれた本。久しぶりに「7つの習慣」を読み返したいと思った。

  • かなり面白かった

    第三の案の考え方は二者択一で袋小路に入りがちな現代社会に素晴らしい第三の道を作り出します

    要約すると
    双方が新しい回答を見つけると同意する
    相手の傾聴する
    目標を設定する
    思い切ったアイデアを出しながら全員が納得する答えを出す

    特に、ニューヨークのタイムズスクエアの再開発計画の事例が良かった

    僕も建築を志す一人として、相反する主張をいかにデザインに落とし込むかに神経を使ってます。

    この計画案はまさに第三の案が建築として形に表れ、地域全体にポジティブな変えて行く好例だと思う

    すべてのリーダーに読んでもらいたい本です

  • 「U理論」「ワールドカフェ」等につながる考え方だと理解しました。領土問題が深刻化している今、本書が多くの人に読まれることを願います。識者の耳触りの良い意見の前で思考停止することなく、また、一見勇ましい「反応的な」行動を控え、根本的な解決に向けた対話の道を探りたい。

  • 読了。
    少しくどい。事例があげられてるのはいいけど、もう少し短くてもいいな。

  • 「二者択一」を超えて,第3の案へ。

    シナジーを起こす!
    今の職場でも!

    巻末の20項目に救われる。

  • コヴィー氏の遺作。新しい世界を作るためのバイブル。

  • 著者が亡くなってしまったとのこと。生きているかどうかも知らなかったけど死んだと聞くと最後に残した言葉が気になるので、今年発売された著者の本であるこれを買ってみた。
    訳は読みづらかった。七つの習慣よりも読みづらさを感じた。内容は第4の習慣?の相乗効果を引き伸ばした物。ウブンツの考えなど新鮮なものがいくつもあって、例を読む事は非常に勉強になった。
    しかしやはり、七つの習慣を読んでおくことが大前提だが、それがちゃんと実践できていることもこの本を読む上で前提になる。七つの習慣は何度も読んで実践を試みているのだが、ちゃんと実践出来てる時とちゃんと実践出来ていない時があり、まだまだマスター出来ていないと感じているので、この本を読むにはまだ早かったな。。
    ちゃんと七つの習慣が実践できていると自負している人にはおすすめ。

  • 『7つの習慣』で豊かな人生を過ごすための大切な要素を教えてくれた、スティーブン・R・コヴィー博士。
    すべてを理解できたとはいえませんが、僕もこの本から影響を受けた一人です。
    そのコヴィー博士の新しい著作が出版されたと知り、体調を整え??取り組んでみることにしました。
    題名は『第3の案』。
    二者択一的な課題や対立に対して、その両者を満たす第3の案を見つけ、実践しましょうというのが、本書のテーマです。
    まずその考えと進め方のステップが説明されています。
    そして、「職場」「家庭」「教育現場」「法律」「社会」「世界」と多岐にわたって、第3の案実践のケーススタディーが書かれています。
    僕は基本的な考え方を知りたかったので、冒頭の説明を興味深く、読み進めました。
    第3の案への到達ステップを僕なりに解釈すると、以下のようになるかと思います。
    ①「いっしょに考えない?」と提案する
    ②「こうなったら成功!」という目標を決める
    ③双方の主張・立場を満たす、「第3の案」を創造する
    ④ゴール!
    注目はステップ③に集まるかと思いますが、その前提としてステップ①,②が重要であるということは、自分自身の経験を省みても、納得できるなあと感じました。
    自分自身を理解する、そして、相手を理解する。その姿勢が、問題解決の基本にあると、理解しました。
    そして、ステップ③の解決案の創造については、アプローチの仕方の基本概念と、多くのケーススタディーで説明されています。
    この本を読んで、「明日からできる」ということではなく、基本理念を踏まえて、経験を積んで、より多くの課題に対処できるようになるのではないかな、と受け取りました。
    全体で500ページを超える大著。
    僕の理解力では、一読しただけで真髄を理解できたとは言えないので、読み返し、理解を深めたいと思います。
    『7つの習慣』は今でも、僕の小さな本棚の中に納まっていますが、この『第3の案』も、その隣に長く並ぶことになりそうです。

  • 末尾の解決策から
    1 プライドに気をつける
    2 申し訳ありません、といえるようになる
    3 侮辱されたと思っても、直ぐに許す
    4 自分と他社に対して小さな約束をし、守る
    5 自然の中ですごす時間を作る
    6 幅広く読書する
    7 運動を心がけ、出来れば毎日運動する
    8 毎日、最低でも7-8時間の睡眠
    9 気持ちを鼓舞する本や聖典を研究
    10 静かな時間を設ける
    11 人々に愛情と感謝の気持ちを表す
    12 話す時間の2倍の時間を聴くこと
    13 他社に対して寛容であること
    14 自分と他社を比較しない
    15 感謝の気持ちを持つ
    16 平和、交付、繁栄、など大きなwinを達成する方法を追及する
    17 スランプのときは休息を取り、近所を散歩し、夜ぐっすり寝る
    18 どうしてもwinに達しない場合、no-dealも選択肢
    19 他社の反応は微笑んで受け入れる
    20 第三の案の可能性を信じる
     

  • 第3の案に辿り着く為には相手を唯一無二の個人として扱い、敬意を持って接しなければならないという観点が印象的であった。当たり前かもしれないが実際に行うのはかなり難しいのだろう。
    今の日本の原発の是非の問題などの社会問題において、これらの視点は完全に抜け落ちているように思える。
    影響力の大きい人からそうでない人までぜひ読んでほしい一冊。

  • 七つの習慣の内容を追補している内容。

    本書は、相手と自分のコンセンサスについてが中心。
    七つの習慣でいうのであれば、win-winの関係が関連することでしょう。とはいえ、相手とその関係を築くために何をしましょうかっていうことが重点。

    第三者の案ということで、

    第一の案、私は自分自身を見る、私はあなたを見る
    第二の案、私はあなたの考えを求める

    これだけでは、1か0で、そこから、その先の解決案。

    私はあなたとシナジーを起こす

    二者択一から、第三者の案を選択しましょうというのが、本書でいいたいこと。

    そうすれば、1プラス1が100にも200にもなるという建設的なコンセンサスに向かうための方向性を記した本です。

    対象も章ごとにまとまっていて、
    家族、職場、政策、学校などなど、あらゆる意思決定をする場で活用、応用できるようになっています。

    実践は難しいですが、大切なことだと思います。

  • 二者択一の思考から、両者にとってメリットのある、第3の(解決)案を提案しようというものである。第3の案を導きだすためには、4つのステップがある。あらゆる場面での第3の案の例示。
    職場、家族、学校、社会、世界、人生。
    第3の案は折衷案ばかりではなさそうだ。新たな発案により、次元の違う案を提案することが良い解釈方法として求められることがあるようだ。
    トーキングスティックの話は以前にもあり。
    今回は、カーターのキャンプデービットでの話が印象に残った。


    シナジーに至る4つのステップ
    1第3の案を探す問いかけをする
    「私達がまだ考えたことのない解決策を探して見ないか?」こたえが「イエス」なら、ステップ2に進む。
    2精巧基準を定義する
    全員が喜ぶ解決策の特徴を下のスペースにシストアップする。どうなれば、成功なのか?本当になすべきことは何か?関係者全員の「Win-Win」は何か?
    3第3の案を創造する
    このスペース(または他のスペース)を利用して、モデルを作る、絵を描く、アイデアを借りてくる、自分の考えを逆さまにしてみる。スピーディに、クリエイティブに作業する。興奮が湧き起こり、シナジーに到達したと実感できる瞬間まで判断は差し控える。
    4シナジーに到達する
    第3の案を記述し、必要であれば実行計画を書く。

    シナジーに到達するプロセス
    1第3の案を探すための質問をする
    対立の場面であれ、創造的な状況であれ、この質問をきっかけにして、全員が自分の固定的な立場を離れ、あるいは先入観を捨て、第3の案の創造へ向かって動き出す。
    2成功基準を定義する
    全員にとっての成功がどのようなものかを説明する文を書く、あるいは成功の特徴をリストアップする。以下の問いを確認する。
    ・基準の設定に全員が参加しているのか?出来る限り多くの人から、出来る限り多くのアイデアを得ようとしているか?
    ・全員が「Win」となる結果は何か?
    ・凝り固まった要求から、より良い何かに視線を移しているか?
    3第3の案を創造する
    以下のガイドラインに従う
    ・遊ぶ。これは「リアル」ではなく、ゲームである事を全員が踏まえる。
    ・閉鎖的にならない。合意やコンセンサスを急がない。
    ・他社のアイデアであれ、自分のアイデアであれ、是非の判断をしない。
    ・モデルを作る、ホワイトボードに絵を描く、図をスケッチする、模型を組み立てる、草案を書く。
    ・アイデアを逆さまにしてみる。世間一般の通念をひっくり返す。
    ・スピーディに進める。時間制限を設けて活気を維持し、アイデアがスムーズに出てくるようにする。
    ・多くのアイデアを出す。どんなアイデアが第3の案になりそうか予断せず、思いついたアイデアをどんどん出す。
    4シナジーに到達する
    室内が興奮の渦に包まれたら、第3の案が見つかった瞬間である。それまでの対立はなくなる。新しい案は成功基準を満たしている。注意:妥協とシナジーを混同してはいけない。妥協は満足を生むが、喜びは生まない。妥協では全員が何かを失う。シナジーでは全員が勝利する。

  • Win-Winを超えた概念。Win-Winは結局の所、双方ともに妥協が入り、落としどころを見つけるやり方にすぎないが、第3の案は妥協ではなく、全く新しい解決を模索しようとする方法であり、パラダイムを変えなければそこにたどり着けないとする。考え方は非常に納得性があり、理想論的にも思えるが、実際にそのような事例も多くあり、特別なものではないことは理解できる。
    しかし、シナジーを起こす第3の案を導きだすのは、当事者双方の意識改革が必要なため、非常にハードルが高いと感じる。
    その為のツールとして、トーキングスティックや傾聴のスキル等が必要である。それらのツールを活用し、安心な安全な対話の「場」と「キッカケ」が設定できれば、やってみる価値はある。「対話」「多様性」、そして各個人には、自分を知ること、相手を知ること、謙虚さが求められる。読む価値のある一冊だと思う。

  • さまざまな二項対立を、シナジーを元に第3の案で新しい世界に進もうという発想。これが対立する相手は完膚なきまでに叩きのめすのが文化としか言えないアメリカから出てくるのだから、世の中不思議なものである。
    トーキング・スティックを使っての傾聴など、過去に紹介されたものもしっかり使っている。これが本当に普及したら、争いごとなんかなくなるのに。

  • すごく内容が濃い本だった。
    正しいのは貴方か私かの二者択一でお互いが自分が正しいと思ったときどうするか? だれでもこの状況になったことがあると思う。
    夫婦間・友達との間・隣人との間など色々な関係で起こるこの状況で,喧嘩別れになるかどちらかが我慢するか,お互いに我慢しあうかになることが多いと思う。
    そんな時もっと良い方法を探すという「第3の案」
    すばらしいと思った。

  • タイトル通りに二者択一ではなく第3の案を探しなさいということを、様々な事例を交えて説明している。職場、家庭、法律、社会などなど。
    筆者が第3の案を見出す手段として推奨しているのは傾聴。言いたいことがあってもまずはぐっとこらえて相手の言いたいことを理解すること。そうすればみたが見えてくる。確かにそうだと思うがなかなか難しい。どうしても自分の意見を主張したくなってしまう。

    読んでみて損はない本でした。

    ちょっとだけメモ。
    •私はあなたの話を聴き、あなたを理解したうえで、あなたと取引をする。私は何も隠したてず率直に、あなたと話すのである。
    •すべての子供は独自の才を持った第3の案である。

全37件中 1 - 25件を表示
ツイートする