菅直人の原点を探る (R BOOKS)

  • 17人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2010年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863950580

菅直人の原点を探る (R BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 【今の日本は共産主義に傾こうとしている】
    菅政権を知るために、菅直人首相の政治のルーツ「市川房江」と、尊敬する政治家「高杉晋作」の霊言が収録されています。

    しかし、市川房江は自らが死んだことにも気付かず、「北朝鮮やソ連は理想の国家よ」と繰り返す始末。
    高杉晋作は天国に帰ってはいるものの「奇兵隊内閣」のネーミングに対して「うれしいようなうれしくないような」と言葉を濁し、菅政権が要するに共産主義に傾いているという点に警鐘をならします。

    共産主義のいう「平等」の考えにも、一片の真理はある。
    しかし、それをあまりに激しく推し進めるがゆえに「資本家や権力者を悪とみる」思想に傾いてしまった共産主義は、はっきり言って間違いである。
    そのことがこの本をはじめ、ドラッカーやハイエクの霊言も併せて読むと、よくわかります。

  • 無神論は視野を狭くする。市川房枝は、弁護士になる頭脳をもっているにもかかわらず、かわいそうなくらいの認識レベルであちらの世界。この差は、なんだろう?と考えさせられる。

全2件中 1 - 2件を表示

菅直人の原点を探る (R BOOKS)はこんな本です

菅直人の原点を探る (R BOOKS)のKindle版

ツイートする