救世の法―信仰と未来社会 (OR books)

  • 49人登録
  • 4.71評価
    • (11)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2010年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863950917

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大川 隆法
有効な右矢印 無効な右矢印

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)の感想・レビュー・書評

  • 本書のおおまかに意図しているところは「地球の光」である「エル・カンターレ」(=幸福の科学総裁の大川氏のこと)を信じ、希望溢れる未来社会を創造していこう、というものです。

    信者にとっては大きな希望や使命感を与えられるものかもしれませんが、私は本書を読んで「さらにカルト化してきたのではないか」という見解を持っています。

    既成の伝統宗教に対して、「奇跡はない」「救いはない」とし、幸福の科学への帰依を煽るところ。
    「幸福の科学で学べば仏教やキリスト教の本質も分かる」と煽っているところ。

    天変地異を激しく唱え、そこに自分の教団をアピールするところ。

    やけに広告などをもって「信用に値する宗教だと」強調しているところ

    …などなど言及すべき点は実に多岐に渡り、統一教会的なものに近づいている印象を受けましたが読者所賢はどのようにお考えでしょうか。

  • 信仰をもつことの功徳や、民族・宗教対立を終わらせる考え方など、人類への希望が示されている本。「なぜ、宗教は必要なのか。どうして信じる必要があるのか。」―その答えがこの一冊に書かれている。

  • あの世があり、善悪というものが存在し、宗教は良きものである。そして、自らの心が世界をつくる。その心の不動の軸に、救世主としてエルカンターレへを信じる事。<br />それが、今求められている事。

  • 【法シリーズの集大成】
    主・エルカンターレが信仰心の大切さや、未来に対する考え方を解き明かします。
    「あなたがたが、自分自身の支配者となれ」というメッセージは、悟りそのもののようにも思えます。
    信仰心により、根本仏と一体となれ、というよりむしろ我々はすでに根本仏の一部なのです。
    本書に記されたメッセージを知ることで、今目の前にある苦しみが消える方もたくさんあると思います。
    一人でも多くの方に読んで欲しい一冊です。

全5件中 1 - 5件を表示

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)を本棚に「積読」で登録しているひと

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)はこんな本です

救世の法―信仰と未来社会 (OR books)のKindle版

ツイートする