もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プラン

  • 18人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2011年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863951006

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プランの感想・レビュー・書評

  • ドラッカーと交霊して、今後の日本の行く末を語ったとする本書。宗教団体が勧誘目的ではなく、普通のビジネス本の体裁をとっていれば、案外スマッシュヒットしたのではないかと予感させる。狙いも、内容も悪くない。
    まとめると『2匹目の ドジョウを狙う 宗教家』といったところでしょうか?

  • ドラッカー再臨!
    ふたたび、ドラッカーが私たちの前に現れます。
    今回は「国家」をどうするか。

    民間に任せられるものは民間へ、寿命の5歳前まで働ける社会を作る、土地がたりなければ空中の権利を開発、外国と合弁で野菜を大量生産して貧しい国へ輸出…

    ドラッカーは、生前から「マネジメント」のなかで、知的労働者が最も力を発揮できるポジションにそれぞれ就くことで、組織の力が最大化するという主張を述べていました。

    無駄になっている人やものを、役に立つところへ。

    ドラッカーのそのような主張は、生前から一貫しているなぁ、と思います。

  • ドラッカーが霊言という形で、日本の政治や未来社会のあり方について提言している。
    2010年、高校野球部の女子マネージャーがドラッカーの本を読んだら…という「もしドラ」の本が大ヒットしたが、確かにドラッカーほどの理論であれば、野球部のマネージャーだけでなく、いろんなバージョンの「もしドラ」があってもいいのでは…。そういう意味ではドラッカーを日本の総理に「もしドラ」にしたこの本の着想は面白いと思う。
    通常の霊言集は、問答のみが記載されていることが多いが、この本では要点ごとにドラッカーのアイデアが2色刷りで図式化されている点がわかりやすく、ビジネス書としてもヒントになると思う。

  • think big<br />未来に向かって、消費でなく投資せよ

全4件中 1 - 4件を表示

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プランを本棚に登録しているひと

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プランを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プランはこんな本です

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プランのKindle版

ツイートする