渡部昇一流潜在意識成功法 (OR books)

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863953239

渡部昇一流潜在意識成功法 (OR books)の感想・レビュー・書評

  • カードを用いた論文の書き方や「知的生活の方法」など、学問に多大なる影響を及ぼした渡部昇一先生の霊言。
    前半の「英語学習の方法」につき、「向き不向き、興味を持てるかどうか」ということと「バカにならないとだめだ(自分は優秀だと思って勉強をすると挫折することが多い、プライドを捨てよ)」ということを述べる。若き日の体験談なども含まれており、参考になる内容。

    後半は「潜在意識成功法」。聞きなれたフレーズだが、実は「マーフィ」の成功法則は、渡部氏が別名で訳していたというのだ。「条件的に欠けているにも関わらず成功するのは『思いの力』による」「ささやかなことをラッキーととらえ、チャンスを生かす姿勢」など、成功法則を明かす。

    フルブライト交換留学時代に、英文学の面白さに気づき、「読むことの快感を覚えた」ことを『開眼した』と表現するが、この境地はなかなか高度なもののようで、私も経験してみたい。

    渡部氏は宗教についても語る。一日中、書物を読むことは一日中しゃべっていることに等しいが、これではよくないと。静かに瞑想をする時間も必要だと、これも大変勉強になる。

    「知的生活の方法」にも書かれていたが、多くの書物を所有し自分の書斎(研究室)を作ることの重要性についても触れた。

    近年よく言われる英語教育の重要性に関して、日本には、諸外国と異なり知的なものの蓄積が相当あるという点について触れる。諸外国においては、蓄積が少ないため英語を学び、別の国から吸収する必要があるが、日本はそこまでの必要性はないという主張だと解釈した。

    「知的生活の方法」と併せて読みたい一冊である。

  • 渡部昇一氏へのスピリチュアル・インタビュー(2012年、2013年霊示)2回分が紹介されているとってもお得な本。「英語の勉強法」に関する書籍はこれまでにも数多く読んできたが、こうした霊示という形で示されているのは初めてで、非常に興味深い。
    第2章で、渡部氏が悔しさをばねにしてドイツ留学で成功した話には、「成功のポイント」の秘儀が含まれているように思う。「小さな成功に感謝する気持ち」を大切にしていきたいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

渡部昇一流潜在意識成功法 (OR books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

渡部昇一流潜在意識成功法 (OR books)を本棚に「積読」で登録しているひと

渡部昇一流潜在意識成功法 (OR books)はこんな本です

ツイートする