未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863954427

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「あったらいいな」が未来をつくる!というタイトル通り、夢のような内容だ。読んでいてもふと笑ってしまう内容もあるが、もしかしたら何十年先には実現しているかもしれない。そう考えただけでもわくわくしてくる。
    その中でも、より現実的な発明アイデアとして「起きていなくても物事が進むようなもの」「寝ているうちにできるようになるもの」、これらには確固たるニーズがあると思う。この本は便利になったらいいことだけでなく、反対に変わらないでいることの大切な部分にも気づかされる。

全1件中 1 - 1件を表示

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)を本棚に登録しているひと

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)の作品紹介

日常レベルの便利ツールから宇宙とのコンタクト装置まで-。夢あふれる13のヒント-その実用性と可能性を、大川総裁がわかりやすく解説。

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)はこんな本です

未来にどんな発明があるとよいか (幸福の科学「大学シリーズ」 15)のKindle版

ツイートする