竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2014年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863954540

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大川 隆法
有効な右矢印 無効な右矢印

竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実の感想・レビュー・書評

  •  ・当初、大川隆法総裁のご子息が、竜宮界の代表者たる「豊玉姫命」と名乗っていたが、当時特殊事情があってそう名乗っていただけ。実際、大川総裁の長女は「ヤショーダラー(釈尊の妻)」や「光明皇后」として生まれていた。なお、豊玉姫命は、大川総裁の娘とは別の方に生まれ変わっている。
     ・父である綿津見命のかた(沖縄県のあたり)から、日向(宮崎県)の山幸彦のもとへ嫁いだ。当時は水中出産のようなことをしていて、これを覗いてはならないという風習があった。
     ・綿津見命の一族は漁業民族で、南方から来た。
     ・竜宮界は、「水」さえあれば、どこからでも(海、浅瀬、川、池…)つながっており、美穂の松原や琵琶湖などは「精舎」の位置になっており、男性の荒神もいる。
     ・竜宮界は、美しさ、調和、清めといった波長が主で、この世のファッション、芸能、化粧などと縁が深い。女性芸能人には竜宮界に関係のある者も多い。竜宮界は「心の美しい」者を指導しており、専門的・理論的な「堅苦しい」人たちが若干苦手。
     ・もっとも、「調和の力」と同時に、台風や水害など「破壊の力」もつかさどっている。台風は天照大神との関連、雷は陰陽師(賀茂氏)か?。
     ・浦島太郎の話は、宇宙人による「アブダクション」と同様の現象と説明できる。
     ・豊玉姫命の過去世については、明確な答えが得られない。

全1件中 1 - 1件を表示

竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実を本棚に「読みたい」で登録しているひと

竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実を本棚に「積読」で登録しているひと

竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実の作品紹介

美しさ、清らかさ、透明感にあふれた、神秘のヴェールの向こう側。ファッションや芸能・舞踊の世界にもインスピレーションを与える「竜宮界」の真相とは。「記紀」に記された日本神話の真相を探る。

竜宮界の秘密 豊玉姫が語る古代神話の真実のKindle版

ツイートする