父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)

  • 11人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 幸福の科学出版 (2015年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863957107

父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現役宗教家が霊的世界を、体験に裏付けられた内容で赤裸々に語った本はなかなかない。
    ◇情報の拡散はできる人は多いが、統合をできる人は少ない。◇この世の学問が霊的な事をはじく内容が多いため、学問をすると霊的な物を弾くようになる。◇反対に古い霊は、最近の事はわからない場合がある。◇自分で主体的に勉強の積み重ねが大事。◇霊的に敏感になると最初は同通する相手を最初は、選べない。魔に取りつかれない為、謙虚さは大事。

全1件中 1 - 1件を表示

父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)の作品紹介

「霊言のメカニズム」「悪霊から身を守る方法」「病気治しの奇跡が起こる条件」-次つぎと解明される宗教現象の真実とは?「幸福の科学総裁」と現役大学生の次男が、霊的世界の法則と秘密をわかりやすく語りあう。

父が息子に語る「宗教現象学入門」 (OR books)のKindle版

ツイートする