トダロとスミスの開発経済学

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 森杉 壽芳  OCDI開発経済研究会 
  • ピアソン桐原 (2010年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1090ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864010139

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
伊賀 泰代
ヴィクトール・E...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

トダロとスミスの開発経済学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1000ページを超える開発経済の教科書
    基本は押さえられてるし、説明も丁寧なのだが、ちょっと趣味入り過ぎじゃねと思う事が
    「新古典派反革命派」?が大嫌いでユヌスとセンが大好きなのはわかるけど、その辺もう少し筆致抑えれば良くなっただろうに
    それでもこの分厚さでダレずに脱線も上記以外してないのは素晴らしいです

  • データも豊富で、ボリュームも胃もたれするぐらいある

    確実に名著と呼ばれるにふさわしい本かもしれないが、日本語役がひどい

    翻訳ソフトでそのまま和訳したかのような、要領を得ない日本語で書かれている

    そんなことなら、英語版を買った方がよいと思ったし、

    お金を返してほしいくらいである

  • 333.8:T56:Mt=10e

全3件中 1 - 3件を表示

トダロとスミスの開発経済学に関連するまとめ

トダロとスミスの開発経済学の作品紹介

入門者から専門家まで:開発経済学の全貌が誰にでもわかる。最新の話題に焦点:国連ミレニアム開発目標、開発における比較優位の起源、成長診断、工業化戦略、貧困撲滅政策、環境と開発、急速なグローバリゼーション。

トダロとスミスの開発経済学はこんな本です

ツイートする