貧困と差別の経済学

  • 32人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 松井 範惇 
  • ピアソン桐原 (2010年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864010153

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
石井 光太
シーナ・アイエン...
ウィトゲンシュタ...
アマルティア セ...
エーリッヒ・フロ...
トマ・ピケティ
サン=テグジュペ...
アマルティア セ...
リチャード・ドー...
ジョン・ロールズ
有効な右矢印 無効な右矢印

貧困と差別の経済学の感想・レビュー・書評

  • 本書はアメリカの貧困と差別について経済学的に解説した本である。訳し方があまりうまくなくて、そういう面での読みにくさはだいぶあった。前半の議論は、アメリカ以外の貧困問題についても示唆の富んだ内容であったが、後半は専らアメリカの格差是正制度の解説であり、目的がない限り後半をじっくり読むのはつらい。

  • 331.87:Sch3:Hi

全2件中 1 - 2件を表示

貧困と差別の経済学に関連するまとめ

貧困と差別の経済学の作品紹介

人はなぜ貧困なのか!貧困の実態を通して、貧困と不平等の諸側面を整理。続いて、研究成果を幅広く使いながら、貧困の原因に焦点を当てる。更に、貧困と差別と戦うためにはどのような政策が効果的かを考える。最新のデータが満載の、経済学、社会学、国際学、総合政策、社会政策向け本格テキスト。

ツイートする