「心を動かす」プレゼンテーション―実例から学ぶ80のヒント

  • 26人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Jerry Weissman  武舎 るみ  武舎 広幸 
  • ピアソン桐原 (2012年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864011235

「心を動かす」プレゼンテーション―実例から学ぶ80のヒントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまでに著者が書いた三冊の本のエッセンスをまとめた本。具体的事例が多くわかりやすいです。ただ、ありきたりなことばかり書いていると思われるかもしれません。

  • 請求記号:336.4/Wei
    資料ID:50069643
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 自分のプレゼンテーションに際し何か参考になるかと手に取った。 この本に載っている中で使えると思ったのは、スライドを切り替えた後は少し間を置いて話し出すという事。すぐにわーっと喋ってしまう事が多いので注意せねば。

  • ・「パワー・プレゼンテーションー説得の技術」「アメリカの企業家が学ぶ世界最強のプレゼン術」「In the line of fire」
    ・相手自身に関係のある話題を:雑談をして情報を得る。共通点を見つけておく。プレゼン中に質問するなど。
    ・「みなさん」と何度も呼びかける。
    ・と考えています、と思います、と感じています、は弱い。しかし勝手に断言するわけにもいかない。そういう場合は、と強く信じております、と確信しております、にちがいないと思います、と言う。
    ・「the visual display of quantitative information」
    ・「clear and to the point 8: psycological principles for compelling power-point presentations」
    ・「show me! what brain reserch says about visuals in powerpoint」
    ・パワポのアニメーションに関して。最近CNNは、テロップの流れ方が左から右へではなく、いったん前面に出して、数秒たったら反転してまた別のテロップが出る、という仕組み。こちらのほうがいい。
    ・「口の軽さで観は沈む」
    ・イギリス人は、プレゼン中の「あー」とかに好意的。
    ・アラン・ダーショウィッツ
    ・「リアル・クリア・ポリティックス・ドットコム」(アメリカの政治サイト)

  • アメリカでの事例を通して、心に訴えかけるプレゼンのテクニックを紹介した一冊。英語の日本語訳的な言い回しに少し読みづらさを感じた。

    【プレゼンで心に訴えかけるコツ】
    (1)相手に歩み寄る
    相手と共通の話題を探して相手の親近感を得よう。例えば、最初のスライドでは相手にかかわるロゴを入れるなどしよう。

    (2)骨太な柱を据えよう
    話のテーマに、自分の思想や意見を1つ据えよう。そして、そのテーマは、他人が重要かつ妥当と思えるものにしよう。

    (3)Sinple is the best!
    パワポはなるべくシンプルに。省略の美学と心得よう。
    また、パワポはわかりやすく説明するための道具ではない。話す内容の事例を見せるために使おう。

全6件中 1 - 6件を表示

「心を動かす」プレゼンテーション―実例から学ぶ80のヒントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「心を動かす」プレゼンテーション―実例から学ぶ80のヒントを本棚に「積読」で登録しているひと

「心を動かす」プレゼンテーション―実例から学ぶ80のヒントはこんな本です

ツイートする