坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野口実
  • 戎光祥出版 (2013年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864030786

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『鎌倉の豪族Ⅰ』の新版。
    旧版は30年以上前の出版ということだが、大変面白く勉強になる本だった。
    鎌倉幕府の成立に際しての東国武士の動きに関して、その一族の系図、土着過程、領地などの視点から詳説。
    鄙の武士…というイメージではなく、都との関わりを積極的に持ちそれを背景として自領土の掌握に臨んでいた、など。大変面白かった。

  • やや専門的だった。
    タイトルから想像できるような鎌倉幕府の成立との関係がメインではなく、個々の東国武士の氏族についての解説に文量が割かれている。

全2件中 1 - 2件を表示

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)の作品紹介

なぜ、彼らは鎌倉に集い、鎌倉にかかわり続けたのか。頼朝のもとに結集し、武家政権の樹立に立ちあがった小山・足利・上総・千葉・三浦を始めとする坂東武士団たち。「鎌倉」をキーワードに、それら氏族の成立と発展の過程を鮮やかに描き出す。

坂東武士団と鎌倉 (中世武士選書)はこんな本です

ツイートする