新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)

  • 10人登録
  • 1.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 久保田順一
  • 戎光祥出版 (2015年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864031691

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)の感想・レビュー・書評

  • 新田義貞は忠臣、凡将などの評価が大きく左右されてきた人物。その3人の息子や甥の脇屋義治などがその後も南朝側で活躍したことは知られていない。彼らの時代には既に太平記の原本が一般に読まれ、その記載内容に彼ら自身の人生が縛られざるを得なかった面があるのだ。新田氏は足利氏の一族と見られていたらしく、後世で足利尊氏の対抗勢力として権威づけ、新田・足利の対等なライバル関係を強調したためだったのだろう。次男義興が猛将であったことは、新田神社に祀られ、怨霊になったとの太平記の記事からもうかがえるようだ。1392年に南北朝合体後も、南朝復興・両朝交替の動きがあり、新田氏も南朝側として活躍していたのは驚き。忠臣としては楠正行が有名だが、新田氏が影に隠れているのは不思議だ。北畠顕家と足利軍(高師冬)の1338年の「青野原の戦い」が実は、関ケ原とは!もう一つの決戦がこの時も同じ場所であったのだ!

全1件中 1 - 1件を表示

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)を本棚に登録しているひと

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)の作品紹介

新田義貞死去後、衰退していく南朝を支えたその子、義顕・義興・義宗。義貞の遺志を受け継ぎ、彼らはどのような時代を築こうとしたのか。ライバル足利氏との激闘を、豊富な史料からとらえ直す。

新田三兄弟と南朝-義顕・義興・義宗の戦い- (中世武士選書28)はこんな本です

ツイートする