「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)

  • 163人登録
  • 4.19評価
    • (15)
    • (21)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 天外伺朗
  • 飛鳥新社 (2011年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864100878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ロンダ・バーン
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単にペーパーテストでいい点を取るようにトレーニングするのではなく、大地をしっかりと二本の足で踏みしめ、自らの存在を肯定し、自らを常に磨き、自己実現へ挑戦し、明確な意思を持って、物事を前向きに解決するように積極的に行動する事。
    大自然を畏敬し、周囲と調和し、全体の中で適切で調和的な立ち位置を確保し、人生を楽しむ事ができる。感受性と独創性が豊かで、好奇心が旺盛で創造する喜びを知っている者が育つ教育が望ましい。


    「生きる力」の定義
    1、大地をしっかりと二本の足で踏みしめて立つ力
    2、自らを肯定する力
    3、自らを常に磨く力
    4、自己実現へ挑戦する力
    5、意思の力
    6、物事を前向きに解決する力
    7、大自然を畏敬する力
    8、全体の中で適切で調和的な立ち位置を確保する力
    9、人生楽しむ心
    10、感受性、感性
    11、独創性
    12、決断力
    13、好奇心
    14、やる気
    15、人間的魅力
    16、積極性、行動力
    17、バイタリティー
    18、交渉力


    国連加盟国の中でシュタイナー教育が公教育として認められていないのは北朝鮮と日本だけ。


    国家主義教育学
    国家や支配者に忠実で、隣人に親切で、社会のルールやマナーをよく守り、勤勉で国の発展に献身的に貢献する人を育てる。国に押し付けられた枠の中でしか発想できず、視野が狭く、自らの価値観を確立できず、個性や独創性に乏しく、ひとつの方向に猪突猛進する、洗脳された戦士を育てる。

    どうしたらフローに入れるのか?
    一つには完全な自由を与えなければならない。どこでいつ何をするか、強制があってはならない。


    褒めるという行為はフロー教育では御法度。なぜならば、人から褒めてほしいという欲求(外発的動機)が強くなると、子ども達の心は外に向いてしまい、内側からこみあげてくる声(内発的動機)が聞こえなくなってしまう。内発的動機に接地できないと人は「フロー」に入れない。


    セルゲイブリン、ラリーペイジ、ジェフベゾス、ジミーウェルズは、モンテッソーリ教育を受けた。
    卒業生は知的独立心が強く、権威が嫌いで人から指示、命令される事を好まず、パラダイムをたたき壊してブレイクスルーする傾向がある。

    何の予備知識もない母親がごく自然に自分の産んだ子に接すれば、無条件の受容はひとりでに発露される。ただし、出産直後に30分以上、母親と赤ちゃんだけで、誰にも邪魔されずに過ごす事がとても大切。
    それは、出産直後は母子ともにオキシトシンやβエンドルフィンといった愛を司る機能があるホルモンが濃厚であり、心の絆が結ばれやすくなるから。僅か30分でもその絆は一生続く。

    最近の出産風景は、明るい部屋で分娩台に乗せ、産婦にドンドン話しかけたり、理想の出産をイメージさせたりしている。あれでは新皮質が活性化してしまい、わざわざ難産を誘導するようなもの。

    「生きる力」を伸ばすには、新皮質の暴走を抑え、古い脳を活性化しなければならない。


    人間の無意識には、性欲、バーストラウマ、死の恐怖、トラウマ、シャドーなど、5匹のモンスターが巣食っており、そこから反社会的な衝動がフツフツとわき上がってくる。
    その衝動が強すぎてペルソナや超自我による統制能力を超えると、問題行動となる。
    一方、モンスター達のさらに奥には「もう1人の自分」が眠っており、それが首尾よく目を覚まして活動を始めると、子供たちは善良で誠実で「生きる力」の強い子に育つ。

    情動に接地できなければ、動的な能力は伸びず、「生きる力」は強化されない。

    あらゆる能力に関して、表面的なスキルを伸ばそうとして、教えれば教えるほど、より本質的な情動や知能の発達を妨げる事がある。それは子供たちの「生きる力」を奪う事に他ならない。

    家庭教育や保育の失敗で、情動に蓋をしてしまった子は、
    徹底的なフローに入る事ができれば回復し、「生きる力」を身につける事ができる。
    全身を使う、長期間ひとつの作業に夢中になって取り組む、泥とまみれる、などを組み合わせると、効果はさらに大きくなる。

    グラウンディングとはなにか
    1、地に足をつける
    2、大地に根付く
    3、固い基盤に人を降ろす
    4、地面との感情的ないしはエネルギー的な接触を確立する
    5、自分がどこに立っているかを知っている
    6、自分が何者であるかを知っている
    7、自己の存在の根本実在に触れる
    8、現実に根を下ろしている
    9、身体、セクシャリティとつながっている
    10、喜び、安心感とつながっている
    11、肝が据わっている
    12、人々とつながっている


    私達が自分自身だと信じている、ペルソナ、自我、超自我などは、長年にわたって人の目を意識して作り上げてきた。
    大自然と真摯に対峙すると、それらは存在意義を失って縮小する。それに伴い、無意識レベルに巣食っていたモンスター達もおとなしくなる。その結果、もう1人の自分、野生の自分が目を覚まし、生きる力が強化される。

    生きる力が伸びる4要素
    1、無条件の受容
    2、大脳新皮質がいろいろ学ぶ前に古い脳を徹底的に鍛える
    3、フロー
    4、大自然との対峙


    いろいろ深く考えていくと、結局は子供を強制せず、大自然の中で夢中になって遊び回り、たっぷりフローを体験すれば、子供たちの生きる力が伸び、いい人生につながるという
    きわめて平凡な結論に達する。

  • まさに目からウロコの一冊でした。
    徹底的な受容、大脳新皮質が育つ前に大脳辺縁系を育てる、無我夢中になる集中力、大自然と対峙する。

  • 「学力は落ちてもいい」が衝撃。

    全員がクリエイティブである必要があるのだろうか?

  • 著者は、42年間ソニーに勤務し、CDや犬型ロボットAIBOなどの開発
    を主導して、上席常務にまでなられた方です。また、ソニーコンピ
    ュータサイエンス研究所を設立し、初代所長に就任。茂木健一郎氏
    や北野宏明氏などユニークな人材を輩出することに貢献します。引
    退後は、教育や医療の分野で活動をされ、エジンバラ大学から名誉
    博士号を授与されるかたわら、アメリカのネイティブアメリカンの
    長老に称せられるなど、怪人ぶりを発揮されている方です。

    本書は、そんな著者が教育について語った一冊。題名にあるとおり、
    「生きる力」を育てることがテーマです。

    「生きる力」は、現在の学習指導要領において、公教育の目標とさ
    れているもので、もともとは、悪名高い「ゆとり教育」の導入に伴
    って公式に使われるようになった言葉です。かつての学力偏重・つ
    めこみ型教育に対するアンチテーゼとして使われるようになったも
    のですが、ゆとり教育廃止後も、公教育の目標とされ続けています。
    ただし、ゆとり教育の「失敗」を繰り返さないよう、「生きる力」
    には「学力」も含まれると再定義がなされています。(すなわち、
    「学力」が低い=「生きる力」が低いとなってしまうわけで、これ
    はこれで非常に問題のある定義だと思います、、、)

    本書の前半では、ゆとり教育の前後を軸に、教育政策がどのような
    思想で行われてきたのか、それが本来の教育が目指すものとどのよ
    うにズレてきたしまったのかが整理されています。そこで明らかに
    されるのは、どのような教育にするにせよ、国が教育の中身を決め
    る国家主義教育である限りは、ダメなのだという現実です。既に欧
    米では、国家主義教育から人間性教育へと主流がシフトしつつある
    のに、日本では、国家主義教育から抜け出せないまま。「生きる力」
    を育てるには人間性教育へシフトすることが不可欠なのに、それを
    国家主義教育において進めようとしていることの矛盾が、説得力を
    もって語られます。

    では、生きる力を育てる人間性教育とはどのようなものなのか。そ
    れは、ルソー以来の伝統を持つもので、現代の認知工学や心理学の
    知見も加味して煎じ詰めると、以下の四つの要素に集約できるので
    はないかということが本書の後半で語られます。

    1.無条件の受容
    2.大脳新皮質がいろいろ学ぶ前に、古い脳を徹底的に鍛える
    3.フロー
    4.大自然との対峙

    「なにも難しいことはない。子どもたちを勉強机からひっぺがし、
    大自然の中に連れ出して、思い切り遊ばせればいいのだ」というの
    が著者の結論ですが、一番難しいのは最初に掲げられている「無条
    件の受容」かもしれません。これは子どもの可能性をどこまで信じ
    ることができるかということと関連するからです。子どもにせよ、
    他人にせよ、その可能性を信じて待っていれば、いつかはなるよう
    になるはずなのに、それが普通は我慢ができません。相手の中に神
    が眠っているということをなかなか信じることができない。それで
    神の目覚めを待てずに、余計な介入をして、おかしくしてしまう。

    相手のもつ可能性をどこまで引き出すことができるか。これは子育
    てに限らず、後進の育成などにおいても重要なテーマです。ですか
    ら、本書は、子育てや子どもの教育に悩まれている方のみならず、
    部下や後進の育成に関心の高い方にも、きっと得ることの多い一冊
    となることでしょう。個人的には、デューイなどに比べて言及され
    ることの少ないニイルの教育哲学を知ることができたのが大きな収
    穫でした。

    人間の持つ可能性、神性について考えさせてくれる一冊です。
    是非、読んでみて下さい。

    =====================================================

    ▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

    =====================================================

    入社してから活躍する人は、趣味やクラブ活動やボランティア活動
    などを通じて、知識や学力とはまったく異質の「何か」を身につけ
    ている。それは、自らを常に磨く力であり、集団の中における適切
    で調和的な立ち位置を確保し、人生を楽しみ、目的を定め、挑戦し、
    自己実現に向かう力だ。
    そういった一連の力を、全部ひっくるめて「生きる力」と呼ぶこと
    にする。

    (2007年中教審答申では)「生きる力」は、「確かな学力」「豊か
    な人間性」「健康・体力」の三つが支えていると定義し直し、再び
    「学力偏重教育」へ舵を切ったのだ。つまり、もともとは行きすぎ
    た学力偏重教育の弊害を是正するために出した「生きる力」という
    概念を、それとは正反対の意味で使い始めた感がある。

    「生きる力」というのは、ことばを換えれば「自己実現」に向かう
    力だ。自分の能力を伸ばすとともに、それをいかんなく発揮し、思
    いを実現して、社会の中で意義のある活動をし、自らの位置づけを
    獲得していく力だ。

    国連教育加盟国の中で、シュタイナー教育が公教育として認められ
    ていないのは北朝鮮と日本だけだという。

    「国家主義教育学」というのは、次のような両面性を持っている。
    A.国家や支配者に忠実で、隣人に親切で、社会のルールやマナーを
     よく守り、勤勉で国の発展に献身的に貢献する人を育てる。
    B.国に押しつけられた枠の中でしか発想できず、視野が狭く、自ら
     の価値観を確立できず、個性や独創性に乏しく、ひとつの方向に
     猪突猛進する、洗脳された戦士を育てる。

    日本のフリースクールは、不登校児を救うために数多く設立された
    が、大多数は「人間性教育学」を実践している。

    知識は、人間の形成にとってはほとんど意味を持っていない。だか
    ら、知識の習得を教育の中心にすえてはいけない。むしろ、無意識
    の表出としての遊びと創造に道を譲るべき。木工、美術、音楽、ダ
    ンス、ドラマなどを重視すべき。文明国には、十分に遊んだ子がい
    ない。子どもが学んでいないと時間を無駄にしているという考えは
    呪いだ(ニイル)。

    「生きる力」には、「与える」教育はまったく無力であり、「引き
    出す」教育以外にはあり得ない。

    すべての子どもは自分自身の中に「神」を持っているのだが、通常
    はその神が眠っている。たとえ表からは見えなくても神の存在を信
    じて、その子を徹底的に信頼し、その神が目覚めるようにするのが
    教育の本質だ。

    自らの感情に、しっかり接地した子どもを育てなければいけない。
    感情が自由であるなら、知性はひとりでに発達する(ニイル)。

    私は人間が生きていく上でどうしても必要な要素を「歌と踊りと祈
    り」の三つに集約した。

    「生きる力」が伸びる四要素
    1.無条件の受容
    2.大脳新皮質がいろいろ学ぶ前に、古い脳を徹底的に鍛える
    3.フロー
    4.大自然との対峙

    いろいろ深く考えていくと、結局は、勉強を強制せず、大自然の中
    で夢中になって遊び回り、たっぷり「フロー」を体験すれば、子ど
    もたちの「生きる力」が伸び、「いい人生」につながるという結論
    に達する。
    なにも難しいことはない。
    子どもたちを勉強机からひっぺがし、大自然の中に連れ出して、思
    い切り遊ばせればいいのだ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ●[2]編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先日、高校時代の旧友と久々に会いました。昔やった悪行の話から、
    彼が常習していた万引きの話になりました。

    小学校低学年から始まった万引きは、何度警察につかまっても止め
    ることができず、結局、高校二年まで続けていたと言います。ある
    種の中毒症でしょう。経験者が語るずぶずぶとはまっていくプロセ
    スは、リアルな恐怖がありました。

    そんな彼が万引きを止められたきっかけは、万引きを発見された私
    服警官に、「お前の目は死んでいる」と言われたことと、引き取り
    にきた母親が全く怒らなかったことだそうです。

    自分が人間として終わっているという事実を面と向かって言われ、
    実の親からも完全に見放されたことがわかって、それで更生する気
    になったのだそうです。親御さんは、さんざん彼が目覚めるのを待
    ち続けて、いよいよもうダメだと諦めた時に、ようやっと彼は目覚
    めたわけで、人間というのはわからないものですね。

    彼はその後、有名私大に入り、現在は総合商社で立派な会社員をし
    ています。

    自分の子どもが万引きに手を染めた時、自分ならどうするか等々、
    色々と考えさせられた体験でした。

  • まだざっくりのななめ読みしかしてないけれど、
    つまりは生き物としての本能を高めるってことかな?
    古い脳の担当している部分を鍛えるって、
    人間としての高度(というのが適切かなぞだけど)な教育を施すのではなく、
    野性を取り戻すような、ありのままの状態で保育するということのように感じられた。

    「無条件の受容」が伴うから、動物とは違うのかもしれないけど。

    でも生きる力=本能を高める、って考えてみれば当たり前のことのような気もする!


    思っていたのとは少し違ったけど、
    早期教育はやはり必要なさそうって改めて思った。
    心や脳、自己肯定を高めてあげることが大事だね!
    お勉強はやる気になればいくらでも出来る。


    心理学の話が面白かった。
    生まれながらに罪を背負っている、ことの意味とか。
    他にも色々読んでみようかな

  • "ゆとり教育"の失敗について、失敗した理由,目指していた姿が語られていて、"教育"を別の角度から視る気付きが頂けたのは良かった。
    サドベリー,シュタイナー,モンテッソリー,斎藤公子-革新的教育手法の中で目指すものは、一貫して「フロー体験」。「生きる力」の強い子を育てる為に、親としてできることは、それが経験できる環境を、家庭内外でできるだけ、子供に与えてやることだと思った。

  • 天外さんの考えの全体像を紹介されている本。僕は、ニイルやシュタイナーの思想や斎藤公子さんについてしれたことが良かった。
    フロー体験と乳幼児の学びについて、深めようと思った良書です。

  • 日本の教育はほぼすべて与える教育をしているので、生きる力が弱くなっている。

    現代に必要な「生きる力」の強い子を育てるには、引き出す教育による人間性教育を重視すべきと言う本。

    大脳辺縁系の古い脳を土台として、大脳新皮質を育てるべき。身体性、情動、芸術的感覚などの生きる力のあと、理論を学ぶ。早くから読み書きの勉強を教えるのは間違いだと。

    自分は間違いなくそういう教育を受けてきた。これを読んで、自分の子どもや社会に対して自分には何ができるかな。

    内容はよく分かったし、ためになったが、もう少し実践的な内容を期待してたので、そこは若干期待はずれ。次回作に期待。

  • 生きる力とは、
    自らを肯定することが大切
    与える教育ではなく、引き出す教育を

    すべての子供は、自身の中に神を持っている
    自我が満たされれた自由な子供はその神を発揮する。善悪や正邪の価値基準を与え、子供を型にはめようとすると、そのうちにある神を悪魔にかえてしまう。
    法律や、規則で縛り道徳で抑え込もうとするから罪を作ってしまうのだ。

    小さい時に徹底的に遊び尽くして満足したこどもは、必ず学習意欲が高まる時がくる。そのときに、自ら企画して学ぶと効率良く学習する。

    遊びや趣味に没頭している時、人は自然にフローに入る。フローを日常的に体験させ習慣として身につけさせると、内発的動機にもとづいた学習が始まる。

    胎児はバーストラウマを持って生まれる。母親と違う個体であるという衝撃を受ける。これにのり自己否定感をしょってしまう。
    だから肯定して育てていこう。
    生まれる時に困難をすでに体験してるベビにありがとうって言おうっと。


    子供の性格の歪みや問題行動のほとんどはバーストラウマが膨張したもの。そうなる理由は親や教師の愛情不足、無視、厳しい叱責やしつけ。
    それによる、自己否定感や恐怖心によるもの。

    これの解決策は無条件の受容のみ。
    受容は放任ではなく、関心を注ぐことになる。
    100%の関心を注ぐ。

    何があってもなぜこの子はこんな言動をするのかなと根本原因に焦点をあてる。何か辛い体験が背景にあるに違いない。

    完璧にできなくてもしっかり愛情を注いで自分も未熟であることを、自覚し自然な態度で子どもに接しよう。

    子どもは愛され、自由であり、自分自身であることが許されるなら、攻撃性が少なく裏表のないわ誠実さと思いやりの心に溢れた社交的な人間に、なる。

    赤ちゃんは不安にさせないことが大切。
    泣けばすぐに抱き、おっぱいを欲しがればいつでも与える。授乳というのは赤ちゃんにとって最大の精神的セラピーだ。
    育児の常識に囚われず、ごく自然に接することで無条件の受容はひとりでに発露される。
    出産直後、30分以上母親と赤ちゃんだけで過ごすことが重要。その絆は一生続く。

    あらゆる女性は安産の遺伝子を引き継いでおり、本能が発揮できれば自然な安産になる。

  • 教育は非常に難しい。結果がわかるのが何年も先になるし、これが良いという正解はないと思う。「ゆとり教育」は教師の力量が問われるため、一律に導入したのが失敗の原因と筆者は主張している。

    私は「ゆとり教育」には懐疑的で「知識を深めることが成長、想像力も知識が必要」と考える。しかし筆者は「生きる力」が「いい人生」につながると言い、そのためには、勉強を強要せず夢中になって遊ぶ「フロー」体験が必要と説く。このことは本書を読んで頭では理解できるが、実行するのは難しいなあ。

全20件中 1 - 10件を表示

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)に関連するまとめ

天外伺朗の作品一覧

天外伺朗の作品ランキング・新刊情報

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

「生きる力」の強い子を育てる (人間性教育学シリーズ)はこんな本です

ツイートする