歯ブラシの法則

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 瑞穂 薫 
  • 飛鳥新社 (2011年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864100885

歯ブラシの法則の感想・レビュー・書評

  • 普段こういう片付け系は読まないが図書館で借りてきてみた。


    他の片付けハウツーは雑誌くらいしか読んだことないのでなんとも言えませんが、理論的に訴え理性に働きかける語り口は独特かな。

    ただ訳がマズイのか、そもそもの書き方が良くないのか微妙に噛み砕かれてない感が。

    それほど難しい文章ではないんですがね。

    実践に移さないと効果がない内容だけに、一度読んで身につかないのではちょっと厳しいかと。

    後は海外の一軒家メインに書かれてるのでマンションやアパートではちょっと応用効かせるのが難しいんじゃないかな、とも思いました。
    ポーチがあって、玄関があって、居間があって、ダイニングがあって、寝室があって、私室があって・・・・みたいな。
    そんなにねーよっていうね。

    そして収納は別に存在するものとして考えられてるので、(収納内を片付ける方法も書いてはいますが。)本当に床が見えないくらい散らかっててどこから手をつけたらいいか分からない人のための本かと。


    でも歯ブラシ理論は好きでした。
    返す前にもう一度読もう。

  • 「きれい好き」にならなくてもいいのです。どんなに物があふれて散らかっていようとも、あなたがその部屋で幸せに暮らせることが一番です。
    快適でない家で暮らしていること=あなたの快適さなどさほど重要ではない、つまり、あなたが重要な人ではないというメッセージを自分自身に送ってしまうことになる
    生活の中で使う物こそ、使いやすいように置かなければ意味がありません
    部屋が散らかるのは、いくつもの小さな決断を先延ばしにしてきた結果
    散らかさないようにするシステムの創造と維持
    使いやすさを追求する
    ちょっとだけ先を見越して計画を立て、すてきな物への投資は惜しまず、より良いチャンスはいつでもつかめるように準備を整えておきましょう
    ほころびを一つずつ、今のうちに直しておくことが肝心

全2件中 1 - 2件を表示

歯ブラシの法則はこんな本です

ツイートする