百歳

  • 247人登録
  • 3.94評価
    • (29)
    • (39)
    • (31)
    • (2)
    • (0)
  • 63レビュー
著者 : 柴田トヨ
  • 飛鳥新社 (2011年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ウォルター・アイ...
冲方 丁
夏川 草介
池井戸 潤
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

百歳の感想・レビュー・書評

  • トヨさん百歳の詩集。
    震災や振り込め詐欺のこともうたっている。
    なんでこんなに優しい言葉を紡げるのだろう。乙女のような、でも一本通った芯。そして素直な感情。すごいです。

  • 白い雲に乗りたし(かわいい)

  • 読了。

    前作『くじけないで』と比べるとボリュームも減り、物足りない。急いで出した感が否めない。

    本人も数の少なさを謝罪してたから皆さん思うところなんでしょう。きっと書くペースもゆっくりなんだろうから仕方ないのかなと思ったけど、クオリティも前作に比べると……という感じ。

    百歳生きた人の詩って重みがありそうだけど、優しい文章で書かれていて和む。
    (170330)

  • 人にやさしくする。そして、やさしくしてもらったら忘れない。これが100年の人生で学んだことです。。。人間、いくつになっても学ぶことは大事。読んでいて心地よく気持ちがあたたかくなった一冊。

  • 簡単な言葉の重みが違うわな

  • 『くじけないで』の続き。2冊目の詩集。『くじけないで』と比べると、量が少なかった。が、著者も断っているとおり、高齢だし仕方ない!90歳を過ぎてから詩作を始めたって、それだけで充分すごいよね!

    何かを始めるに当たって、遅すぎるってことはないんだなぁと再確認。遅すぎることはないから・・・、って先延ばしにしてタイミング逃すのとは違うけど。

    人生の最後に大きな花を咲かすことができた・・・といった表現があったけど、私も、何かを残して人生を終えたいと思った。小さくてもいいから、ちょこちょこ花を咲かしていこう♪

  • 三葛館一般 911.56||SH

    150万部突破のベストセラー『くじけないで』に続く柴田トヨさんの2冊目の詩集。
    奉公時代のこと。既に去ってしまった人たち。苦しかった時代のつつましやかな思い出。息子のこと。東日本大震災についてなど、生まれてきてから感じたいろんなことについて書かれた詩は、とてもあたたかで優しく、読み進めるごとに感動が染みわたり、胸が熱くなります。
    シンプルで、ありのままの優しい言葉で綴られた数々の詩からは、トヨさんの深い優しさやおおらかさ、みずみずしい感性や優しさの中にも芯の通った強さを感じられ、読むと心がほっと癒され元気になります。
    前作『くじけないで』もここ三葛館に所蔵しているのでご一緒にどうぞ。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62575

  • 家にあったので軽く読んで、なんで過去ばっかり思いだしてるんだろうか、百歳にもなると過去に生きるのか、とか思ってたが、前作『くじけないで』とついになっていたのか。早とちりだった。

  • 義父は百歳まで生きるという。百歳の心持ちってどんなもの?「ビリでも頑張れば一番になれる」あら、トヨさん、元祖ビリギャルだったのね。そして、昔の楽しいことをいっぱい思い出しているのね

  • 100歳の詩人柴田トヨさん。初めて彼女の書く詩を読んだけどなんて暖かくて、優しくて心に染みるんだろう。彼女の優しい人柄がにじみ出ていてとても素晴らしい作品。変に難しい言葉を使ったり気をてらったりしていないから誰にでも受け入れやすいのだろう。これからも優しい詩をひとつでも多く紡いでほしいと思った。長生きするのも悪くないかなぁと思った。2012/596

  • やさしさと、老いていくことの切なさがたまらない。
    トヨさんの人柄が文面からにじみ出ていて、
    これまでの人生で苦労をされていたんだろうなと感じます。
    読んでいて心が洗われるようでした。

  • チェック項目4箇所。偽りのやさしさを食べた時は吐いてしまった 真実のやさしさ 手料理をいただかせてください。やさしさのインフルエンザが流行しないかしら 思いやりの症状がまんえんすればいい。若くなる薬を買ってちょうだい 今度は私が地団駄ふんでみようかしら 畳の上に寝転んで。もう一度会うことができたら、「私は幸せだったわ」と伝えたい、だから、あの世であの人に会えるのが楽しみなんです。

  • 【図書館】前作「くじけないで」後の作品なので気になってました。念願で読む事ができ、感動です。いつもトヨさんの詩に泣けてきます。私的には「道」が大好きになり、涙が出ました。仕事諸々で疲れた際、トヨさんの詩を読んでは励まされます。優しい気持ちになれます。人生の大先輩の話には勉強させられます。
    (柴田トヨさんのご冥福を謹んでお祈り致します。)

  • ひとつひとつの言葉が、あまりにあたたかい。

  • 読んでいる時、知らず知らずの内に涙がこぼれていました。

    タイトル通り百歳の詩人、柴田トヨさんの詩集第2弾。
    どの詩からも作者の優しい人柄を感じます。
    そして瑞々しい感性を。

    今回は、振込み詐欺をしている人、その被害にあった人に向けたメッセージ的な詩や東北大震災の被災者の方に向けた詩も掲載されていました。
    どれもその人の立場に立っている、言葉だけでない本当の優しさを感じます。

    またこの本にはトヨさんの写真や短歌、生い立ちなども載っていて、どれを眺めても優しい気持ちになれる本だと思いました。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4864101043
    ── 柴田 トヨ《百歳 20110913 飛鳥新社》
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4870319926
    ── 柴田 トヨ《くじけないで 20100317 飛鳥新社》
     
    ♀柴田 トヨ 詩人 19110626 栃木 20130120 101 /
    http://q.hatena.ne.jp/1370093059
    http://q.hatena.ne.jp/1370093059#c261449
     

  • トヨさん、優しい言葉たちをありがとう。
    今夜も心健やかに眠れそうです。

  • 偽りのやさしさを食べたときは吐いてしまった 思いやりの症状がまんえんすればいい 雲はダンスをして笑わせる。夕焼けは心を洗ってくれた でも私には思い出がある がまぐち:お金は貯まらなかったけれどやさしさは今でもたくさん入っている 不幸の津波には負けないで 

  • 百歳になったら、息子もおじいちゃん、、、でも息子への想いはずっと子どもをみるまなざしなんだなぁ、と。。。かしこまったり、えらそうにしたりしてなくて、素直に読めます。詩集も、これくらいの量の方がが、読みやすいですね。。。

  • 素朴で温かい作品世界。家族愛に満ちている

  • 柴田トヨさんのようになら長生きしてもいいな。
    (提供者:AIKOさん)

  • 第二詩集、私 来年になると百歳になるの。

    100年という期間には、様々なことが起きると言うこと。

  • 2012年89冊目。

    百歳になったトヨさんの詩集二作目。
    相変わらず、やさしかったり、強かったり、それらが共存していたり、
    完成がとっても豊か。
    震災やいじめといった社会課題に対するまなざしも強い方だと思う。

  • 100歳のおばあちゃんが書き綴った、やさしい詩集。
    こういうおばあちゃんになれたらいいな。

  • 前作に続き、よい。とても優しい。泣ける。「少なくてごめんなさい」って書いてあった。たしかに少なかったけど、トヨさんの生い立ちとかのページがあって、よかった。

全63件中 1 - 25件を表示

百歳に関連する談話室の質問

百歳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百歳を本棚に「積読」で登録しているひと

百歳の作品紹介

150万部突破のベストセラー『くじけないで』に続くトヨさんの待望の第二詩集。

百歳のKindle版

ツイートする