うつは手仕事で治る!

  • 19人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 木村博江 
  • 飛鳥新社 (2011年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101080

うつは手仕事で治る!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  社会的・身体的ふれあい、幸せな未来は~でも述べられていた自己効力感と努力→報酬のつながり、脳を鍛えるには~でも述べられていた運動、脳を健やかに保つにはこれら複数の要素が重要であるという内容。化学物質だけに目を向けて抗鬱剤だけを投与しても意味はなく、もっと包括的に見なければならないという。
     タイトルに「手仕事で治る」とあり、実際に脳の大きな領域を手の運動に使っているともあるけど、要は身体を使った努力をしろということだった。タイトルはずれてると思う。
     ぼんやり思い出したのは卒論制作時のこと。手を動かすのがいいという教授の思惑は多分的を得ていたのだろう。ただそれに私が意味、効力感、報酬のそのいずれも得ることはできなかった。やみくもに身体を動かすだけでもだめなのよね。

全1件中 1 - 1件を表示

うつは手仕事で治る!の作品紹介

人は体をつかって努力し、目的を達成すると大きな喜びを感じる。畑仕事や手仕事から解放され、スイッチ1つですむ生活になってから、うつになる人が増大した-神経科学者がうつの回路をとらえ、新たな治療法を提案する。

うつは手仕事で治る!はこんな本です

ツイートする