毒になる母親

  • 97人登録
  • 4.04評価
    • (12)
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
制作 : 江口 泰子 
  • 飛鳥新社 (2012年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101196

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ヴィクトール・E...
田房 永子
マルコム・グラッ...
三浦 しをん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

毒になる母親の感想・レビュー・書評

  • 借りたもの。
    この本は全てが「母のせいである」と宣言するものではない。自覚している欠落を認識し、そこから立ち直るための自己啓発本だ。
    前半に挙げられている例は極端なものもあるが、自身の経験にも似たものがあり、戦慄する。読んでいて苦痛を伴うが、客観視できる安堵感もあった。
    幼い時に感じた違和感、何故そう思ったのか、母は何を考えていたのか――
    現代の教育熱心な母親というものは、世間体を気にしてこうした傾向にあるのでは無かろうか……
    「母のようになりたくない!」娘の自覚、負の遺産の連鎖への恐怖に共感を覚える。
    後半には立ち直り方を段階形式に、具体的な例も挙げている。そしてちょっとした子育ての心得も。
    読みやすくて、心構えに最適な本。

  • 情緒的な面において、子が親の世話をやかなければならない家庭というのがある。自分の要求をはっきりと口にするのではなく、自分の欲求がかなえられないと不機嫌になる、というような形で子供を思い通りに動かす親とか…家でベビーシッター役をしなければならなかった子供は成長してからその悲しみをいったいどう処理すればいいのだろうか?

    この本に書かれているのはアメリカでのことだけど、こういうのって国を問わず似たようなことが起きてるんだなと思いました。

  • ◎具体的なステップ、「具体的なやること(行動)」が書いているので、わかりやすいだけでなく、「問題解決」に即、役立つ。

    ◎描いてあるエピソードも冗長でないが、「具体的な台詞」「具体的なシチュエーション」なので、イメージしやすい。

  • 自己愛マザーに育てられた娘たちへの、自分を取り戻す方法。
    これを読んでもピンと来ない人もいるだろうし、涙が止まらなくなる人もいると思う。

  • 読んでいて苦しくなったがすごく興味深い内容だった。
    人間というものは多少は自己愛があるものだということを前提に
    付き合えばさほど苦痛を感じないものだと私は思う。
    自己愛がまったくない人間はこの世にはいない。

    しかし、自己愛が強すぎて娘を苦しめる母親が実在するのは事実のようだ。

    母親の愛情を感じずに育った娘は被害者ではあるが、
    母親もまた被害者ではないだろうか。

    自己愛が強い母親は自己愛が強い母親に育てられて苦しんだ末に
    自己防衛的にそうなったのだから悪者にはできないと思う。
    残念ながら母親は変わることはできないらしいが、気付いた娘は
    変わることができるという。

    負の連鎖を断ち切るための1冊としては最適だと思う。

  • 毒になる母親
    自己愛マザーに苦しむ娘達の告白

    副題の通り、母親に苦しむ娘達の叫びが本文に入れられている。
    娘の気持ちを代弁してくれる本。
    読んでいて、モヤモヤを代弁してくれるためすっきりする。

    これは、どんな母娘でも(大小はあるが)おこっていることだと思う。

    回復のためには、事実を客観的に理解する必要がある。
    そのために、トラウマとなる出来事を詳細に思いだすのはつらい。

  • 自己愛人間はたいてい、真の愛情や共感を示せない。
    ~あなたはその事実を受け入れるしか選択肢がない。
    ~自分の母親に能力の限界がある。

    ここ最近やっとこのことに気付きました。
    何年かかったんだろう。

    母にたいする願望を棄てれば、あなたは解放され、本当の自分が見つけ出せる。

    全くその通りだと思う。母親は変わらないので、自分の考え方を変える。それが一番の近道。だけど、かなりのいばら道。
    でも、どうせ苦しむなら、こっちの方が絶対いい。

  • 外国の本の訳本は、いまいち共感しずらいことが多いんだよな(小説は別)、と思いつつ読んだが、やっぱりいまいち入り込めなかった。
    日本特有の土着的な墓守ネタ、そういうのが一番共感できるんだよな〜。
    でも回復のプロセスは役に立つた。

  • この本を読んで、日記を付け始めた。

    少しずつポジティブに考えられるようになれば読んだ価値ありだな。

全10件中 1 - 10件を表示

毒になる母親に関連する談話室の質問

毒になる母親を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

毒になる母親を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

毒になる母親の作品紹介

世間体が何より大事で娘の気持ちはおかまいなし。そんな自己愛の強い母親から上手に離れる方法を教えます。

ツイートする