池上彰と考える、仏教って何ですか?

  • 597人登録
  • 3.75評価
    • (34)
    • (99)
    • (58)
    • (6)
    • (5)
  • 87レビュー
著者 : 池上彰
  • 飛鳥新社 (2012年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101806

池上彰と考える、仏教って何ですか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このぐらいは知っておいたほうがよい仏教の基礎の基礎が
    、池上さん流に解説しています。

    池上さんは仏教の発祥の地インドへ向かうのですが、ダライ・ラマ14世と、チベットの高僧との、それぞれの対談は
    心穏やかになりました。
    インドの僧侶は、幼少の頃から仏門に入り、生き方が半端ないです。

    死に直面したとき、人生の満足感と他の生きとし生けるものに対する、優しさと思いやりがあればいい。
    そして、他の人たちの役に立ちたいという心があれば、死は確実に安らかなものになるという。

    私が利他主義になるには、まだまだ修行が足りません。

  • 仏教を知ることは 日本の歴史を知ることでもあるけど、人間の心の動きを非常に精密に観察し、どうすればその心の平和を保てるか、コントロールできるかを明らかにした心理学としての側面も勉強できるので 仏教に関する本を読むことは信仰の有無にかかわらず多くの人に役立つと思います。ダライ・ラマ法王
    の対談も興味深く読め、仏教心理学への感心も高まりました。

  • 日本人が仏教について知るには良い本だと思う。葬式仏教って言葉は知らなかったけど、知らないうちに仏教とのかかわりがお葬式くらいになってたような気がするのは事実。しかも仏教だからってかかわりでもなく、ただそうするもんだと思ってた。そういうことを改めて疑問に感じれる本。読んでよかった。

  • 『大河の一滴』からのこの本へ。

    10月に読んだ「お釈迦様の脳科学」が、胡散臭くも面白かった。そのついでに教養として仏教を知りたくなって読んだのですが、期待していたような内容ではなくて本当に入門編というテイストでした。最近、池上さんの解説本にハマっていてそれで選んでみたのでした。

    チベットの高僧の話と、ダライラマ14世の話が興味深かった。 特にチベットの高僧さんの話の方が、すぅ~っと私の心に浸透しました。「すべての煩悩の源には無知の心があります」138ページ 仏教って深い。

  • 「思い通りに行かなくて当たり前」という考え方は仏教にもあるという話を聞いたことと&葬式しか接点が無い仏教なので購入。世の中は苦しいことだらけだけど、それは煩悩(貪り、怒り、愚か)から成っておりそれを消すことで苦しみから自由になりましょうという話が読めただけでも大収穫でした。他、誕生から今に渡る歴史や、由来、キーマン(特に鑑真)など分かりやすく書かれており、仏教とはなにか聞かれたとき何らかの答えを出せるようになりたいと思います。

  • 身近なようで実は遠い存在の仏教を池上彰がわかりやすく解説。今は歴史ある宗派もかつては新興宗教だった時代も!仏教基礎を学べる一冊。

  • 3.4。説明が理解り易く有難い。元々仏教に対する印象が宗教といふより生き方在り方について受け継がれてきた手法とか学問というイメージだったので合ってた。あと、身内の葬式取り仕切った事あると読んでて端々にピンとくる。檀家制度の成り立ちに納得。やめたいんだなあウチんトコの。まさに問題な感じなトコなんだ。

  • ダライ・ラマのストレートな言葉に納得!

  • 諸行無常と諸法無我、煩悩と一切皆苦。四十九日と閻魔大王。本当の仏教とは何なのだろうか?201411

  • 人はなぜ苦しまなければならないのか、そしてどうやったら苦しみから逃れられるのか、瞑想によって自分の心を見つめ、思考を深めていった。
    瞑想を通じて、真理にたどり着き、就航が生まれるといいう展開はイスラムに似ている。

    これからの人生をできるだけ注意深く送る。他人の役に立ち立ちという思いで、優しさや思いやりをもって接することによって、自分自身の心を安らかな状態に近づけることができる。

全87件中 1 - 10件を表示

池上彰と考える、仏教って何ですか?のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

池上彰と考える、仏教って何ですか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

池上彰と考える、仏教って何ですか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

池上彰と考える、仏教って何ですか?を本棚に「積読」で登録しているひと

池上彰と考える、仏教って何ですか?の作品紹介

仏教の誕生、日本への伝来から、葬式や戒名の意味、新興宗教まで-。仏教にまつわる疑問をわかりやすく解説。

ツイートする