ゼロからトースターを作ってみた

  • 489人登録
  • 3.82評価
    • (37)
    • (61)
    • (45)
    • (7)
    • (2)
  • 86レビュー
制作 : 村井理子 
  • 飛鳥新社 (2012年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101943

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トレヴァー・ノー...
伊藤 計劃
エリック・ブリニ...
ダンカン・ワッツ
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロからトースターを作ってみたの感想・レビュー・書評

  • <所要期間9ヶ月、移動距離3060キロ、費用は1187.54ポンド(約16万円)>

    やぁ。今日はちょっとおもしろい本を紹介するよ。
    「ゼロからトースターを作ってみた(”The Toaster Project”)」。書いたのはイギリスの大学生、トーマス・トウェイツだ。卒業制作として、テーマに選んだのがこれってわけ。
    ゼロからトースターを作るってどういうことかって・・・? そりゃつまり、本当にゼロから、つまり原材料から作るってことさ!
    実に大変なことだった。えっと、そりゃまぁちょっとズルもしたんだけどね。
    トーマスはその顛末をブログにアップしていたんだって。写真もたくさん撮影していて、もちろんこの本にも載っているよ。

    トーマスはまず、一番安いトースターを買ってみたんだ。約4ポンド(約530円)。これを分解する。闘うにはまず敵を知らないとね。
    本当にバラになるまで分解したら、何と404もパーツがあった。・・・うーん、大分多いね。
    最低限必要そうなものに絞り込んで、種類別に分けてみた。
    鉄。マイカ(雲母)。プラスチック。銅。ニッケル。

    さぁ、じゃこれらを調達しに行こう!
    トーマスは大学教授や企業の担当者に問い合わせたり相談したりしながら、何とか材料をかき集めていくんだ。鉱山に旅したり、近所のゴミ捨て場から発掘もしたよ。ニッケルみたいに、ひどく環境汚染されたところに行くか、あるいは不法侵入するかしか道がなくて、ちょっとズルをしちゃったものもあったけど。
    集めた材料は成形しなくちゃならない。時には高熱を掛けることも必要だ。おかあさんの電子レンジをダメにしたり、自作の溶鉱炉と奮闘したりしながら、ようやくトースターらしきものができたんだ。
    さて、そのお披露目(トーストを焼くショー)がどうなったか、知りたい人は本を読んでみてね。

    結局のところ、トーマスがトースターを作るには、9ヶ月の期間と3060キロの移動距離と1187.54ポンド(約16万円)の費用が必要だった。
    で、結論は、といえば。
    安価に手に入るものだって実は長い間の技術の集大成であり、なかなか個人が作れるものじゃないってことだろうか。ありきたりすぎるかな・・・? でもこれって結構大事なことかもしれない。
    トーマスが言うように「世界を救うにはトースターを作ろう!」とまでは言えないけど、当たり前のように使っているものについて、ちょっと考えてみようか、と思えるよ。


    *・・・こんな感じの本です。口調が移ってしまったので、感想もこの調子で書いてみました。

    *そんなわけで読みやすい邦訳なのですが細かいことで1点。有名な天体物理学者「カール・サガン博士」というのは「カール・セーガン」でしょう(フランソワーズ・サガンじゃないんだから(^^;))。この本の読者層には「COSMOS」のカール・セーガンを知っている人は結構多いように思います

  • ご迷惑でしょうが、この本ごと著者さんを抱き締めたくなりました!なんて前向きなアホ(←最高の褒め言葉です)。「文明社会とは名ばかり、君に時計が作れるか?僕だってマッチ1本作れやしない」うろ覚えながら、星新一さんの文章が蘇ります。本格的探偵ナイトスクープネタ!?若さゆえの発想力、行動力、無謀さ。眩しくて素敵すぎ!身近にいたらハラハラものですが、こういう人大好きです♡企業への無謀なテレアポのくだりや、実際に値段が付けられ商品棚に陳列された写真は思わず吹き出しました。購入希望、子どもたちにも見せてあげたい!

  • トースターをゼロから作ろう。
    まずは鉄鉱石を取りに行って、鉄を精製しなきゃ・・・。

    なかなかパンチの効いた青年だ。頭のネジが一本取れているに違いない。最初はそう思いながら読んでいたが、最後まで読むとそうではないことがわかった。原材料からトースターを作り上げようと格闘する過程で、人間が作っている社会がどう動いていているのか、というより人間とはどんな生き物であるのかが彼の視点で浮き彫りになってくる。
    トースターのような比較的単純な機械ですら、人類の英知の歴史の結晶である工業技術の手を借りずにーつまり人の手を借りずにーゼロから組み立てることは現実的には不可能に近い。人は、本質的に孤独ではありえない。
    そして、本来作るのに多大な労力と費用を必要とするトースター(をはじめとする様々な製品)があまりに安価に入手できるためには、どこかで大切なものが犠牲になっているはずだ、ということもジワリとわかってくる。
    一つのトースターを形成する原材料から求める旅は、現在人間が営んでいる経済活動というシステムの病理へと繋がっていく。
    最後に彼が例としてあげた2つのニッケル精製工場の対比が秀逸だった。そしてそこに希望はあるのだと思う。
    彼なりの問題提起もあるので、詳しくは本書を読んでいただいた方がいい。
    しかし、最後に僕の胸に突き刺さった彼の言葉を記しておきたい。
    ”現状では実現できなそうだからって、未来もそうだと決めつけるのは無意味だ。”

  •  日本語版が刊行された3年前に、たぶんWIREDかなんかでこの本の紹介が出ていて興味を持ったけど、その後すっかり忘れてた。
     それがひょんなことから目の前に現れたもんで飛びついて読了。
     やっぱり面白い。トースターを作るために原材料から自力で手に入れるなんてことを本気で取り組む、そしてどうなるか。「マイカ」って、雲母のことなのね。
     
     翻訳もよかったと思う。英国の学生が卒業制作の過程をブログに綴った雰囲気の文体に思えた。原文ではどうだったかとか、そういうのは分からないけど。

     で、最後のギャラリーでの実演だけど、電圧の低い日本、それも100Vの東京だったら、ちょっとはパンに焼き色が付いたかもなあ、と思った次第。

  • 一見すると面白おかしいだけの内容に見えますが
    人類が発展してきた本質があぶり出されている
    マット リドレー著 繁栄 あたりと合わせて読むとよいかも

  • 2013年12月20日読了。タイトルのとおり、一人のイギリスの大学生が「ゼロからトースターを作ってみた」体験の記録。一見して「なるほどそれは面白そうだね」となるタイトルと内容だが、鉱物の専門家との会談で「そもそも『ゼロから』とはどういうことなのか?何を原材料とみなすのか?」と哲学的な問答を交わしたり、原料の生産地を調べるたびに「中国、行けない!」という結論が出てきたり、自分で決めたルールを最初の「鉄鋼の精製」からすでに破る羽目に陥ったり(「いや、ルールを広義にとらえるなら違反してはいない」と自問自答するのが面白い)と彼の取り組みは想像以上の困難な道のりをたどることになる・・・。面白いと思ったのは、彼がこの取り組みをリアルタイムでブログなどで公開していたことから援助者・情報提供者が現れたり、完成品の展示・稼動デモを行う場が用意されたりすること。10年前だったら「単なるアホ」として話題にもされなかったのかもね。鉄鉱石や石油由来の製品に囲まれた非人間的な生活を送っている我々だが、それでも世界は昔よりは少しは面白くなってはきているのかなあ。

  • これは面白い。イギリス人の男性が思い立ち、トースターを原材料から精製して作り上げるまでのドキュメント。鉄を得るために鉄鉱石を探しに鉱山に行ったり、鉄を精製するための溶鉱炉を自作したり…。普段何気なく使っているトースター一つ作るのにあれだけの苦労があるのかと。改めて現代人の産業力を思い知った。

  • 王立芸術大学の修士課程のテーマとして量産品のトースターを「ゼロから」作ってみたというレポート。
    分解してみると157のパーツ、そのパーツは複合体なのでさらに分解すると404の部品から構成されていたトースターを全て自力で作ってみようというもの。「自力」とは何か?鉄を作るためには鉄鉱石を手に入れ、プラスチックを成形するためには原油から手配するというレベルでの作戦。
    果たして結果や如何に。
    多分に著者が文系(芸術系)であったことが本書の特徴だったのだろうなぁ。
    同じプロジェクトを理系の学生が考えたら最初か途中かで「設計」というプロセスを経ていたと思う(結果は似たようなものだったかもだけれどね)

  • ポップアップトースターを原材料から作り上げたイギリス人のお話。
    市販のトースターを分解し「鉄」「マイカ」「プラスティック」「銅」「ニッケル」から成ることを知って、例えば鉄作りのタメに鉱山に出向いて鉄鉱石を採取し、そこから出来た鉄を型に流し込んで部品を作ったりしながらトースターを組み上げていく究極のDIY本。
    前半は物作りの楽しさや歴史、そして化学のことなんかをわかりやすく書かれていた。
    専門家に色々聞いてまわったり個人で作るために思考したりと頭も体も使って愛着のあるトースターを作り上げてた。
    しかし、最後は現在消費社会にたいするメッセージと変わっていくのでありました。
    確かに安けりゃいいってものでもないよな。
    俺もちょっと考えようっと。
    つーことでお薦めです^^

  • 図書館でみかけ、まずガラクタかと見紛う表紙写真に仰天。パラパラめくると、山に登ったり、精錬(らしきこと)をしたり、型を彫ったりしている写真がある。どうやらタイトル通り「ゼロから」本当に作ったらしい。
    なんだかめちゃくちゃ面白そうだ!
    ちょっと、マーク・ボイルの「ぼくはお金を使わずに生きることにした」を思い出したりして。
    ということで、さっそく借りてみた。

    まずは参考にするべき既製品を分解、作り出すべき部品を調査。素材は何か、その原材料はどうやって手に入れるのか、部品にする手順は…など独自の方法で調べ、どんどん行動に移していく。

    いろいろ失敗もし、実はちょっと「ズル」をしたり、やむを得ず予定を変更したりなど、当初の「ゼロから」というのが必ずしも思い通りではなく、あまりスマートでもない。一読者として大いに期待していた展開と結末にはなっておらず、正直なところ不満もある。また若者らしく軽いタッチの文章で、ページ数もさほどなく写真も多いため、あっという間に読み終わる。
    だが、世の中に当たり前のように存在するあらゆるものに、どれほどの人手や手間、コストや負荷がかかっているか、実際に自分ですべてやろうとすることで彼が行った問題提起は看過できないもので、非常に示唆に富んでいる。
    一番最後に、既製品のトースターの横に、その50倍以上の値段(彼がかけたコスト)をつけて手造りトースターが陳列されている写真もいい。

    『製品の「本当の」コストは隠されている。』

    彼の意欲と行動力に星5つ。

  • トースターのスチールを作るために鉄鉱石を採掘に行く。素晴らしい発想と実行力。
    実はこの本を読むまで、アイデアだけをどこかで読んで、BBCの科学番組を本にしたものだと思っていた。やっぱり、あっちは書ける金が違うねえ、と。

    そしたら、大学院生が自分でやっているプロジェクトだった。
    足りないのは資金ではなくて、私の想像力だった。脱帽いたしました。

    避難するつもりはないが、プラスチックやニッケルはずるしてるし、銅の電気分解は完全に同意はしにくい。その意味では、うーむ、なるほど、と思ったのは鉄である。
    でもそれでもいいと思う。今自分の目の前にあるものが、何がどうして出来上がったのかというのを知るのは、いいことだと思う。

  • トースターは安価でありふれた電化製品ではあるけれど、じゃあ材料から自分で作ってみたらどうなるだろうという実験の書。鉄鉱石を採るために鉱山に出かけるあたりで、こいつ(著者)は本気だ、やばい奴だと気がつく。さらにマイカやらプラスチックやら銅やらを作って部品に成形するための試行錯誤は、著者の軽快な語り口を実際に読んで楽しんでもらいたい。じゃがいもからプラスチックができることや工業生態系なんて言葉があることなど、初めて知って驚くことも多い。学校の勉強をちゃんとやっとけば、こういうのがもっと楽しいだろうにとわたしは常々後悔している。それはともかく、表紙にも使われている不格好なトースターは、安っぽい電気製品ひとつにも途方もない資源と技術と人手が費やされていることを実感させてくれる。経済と環境の《ド派手な衝突事故》をいかに抑えればいいのか、読者に考えさせる狙いがずばり当たっている。こういうのもChim↑Pomがやってるような現代アートの一種だよなあ。ちなみに、ちょっと似ているアートプロジェクトとして、1頭の豚から185もの製品が作られることを明らかにした「PIG0 5049」がある( http://bit.ly/QhlBOR )。この本もすごく楽しい。

  • 単純だけど奥深い、おふざけみたいな活動だったのに、最後には現代社会を考える風な話になってて面白かった、著者のバイタリティは凄いなぁ。

  • 面白い
    ガチで銅とかニッケルとかを鉱山から取って来て電気分解して作ってた
    →ほんとうにそうやって作ってたんだなあ、いや、当たり前なんだけど、元々は全部自然にあるものからできてるって忘れそうになるからさー、特にプラスチックとか、あれやっぱり相当難しいみたいね、かなり苦労してた

    最後の、経済と環境の話も良かった
    経済が発展すればこんなに作るのが大変なんだトースターがたった数百点で買えるわけで、でもやっぱりその裏では相当のコストもかかってるはずで、さらにコストの中には見えないコストもあって、例えば大量に排出される二酸化炭素とかね、こういうのが巡り巡っていつか自分に健康被害という形で帰ってくるから、今のうちに、なんとかエコな経済になる仕組みを作りたいねって話。確かになあ。

  • トースターを作ろうと思った理由を説明しているところ(25~32ページ)で、ダグラス・アダムスの「ほとんど無害」から「自分の力でトースターを作ることはできなかった。せいぜいサンドイッチぐらいしか彼には作ることができなかったのだ。」という一節が引用されている。現代人の生活を支える基本的技術を、まさにその現代人が知らないということに疑問を感じて、原材料の調達から部品の組み立てまで自分でやってやろうと挑戦したことには感心したが、その後の行動が行き当たりばったりなので、さすがにそれでは物は作れまいと思ってしまった。それでも、家庭用電子レンジで鉄を精錬したのには驚いた(70~76ページ)。参考にした方法(アメリカ合衆国特許第6277168号)は、日本でも特許出願されている(特表2004-526864号公報)。まだ審査中。しかし、70ページに掲載されているアメリカ合衆国特許明細書のフロントページが、各国特許庁のウェブサイトで入手できるものと異なるのはどうしたことか。「一からアップルパイを作ろうとしたら、まずは宇宙を創造しなくてはならない」と言った天体物理学者は、カール・「セーガン」博士だよなあ。「サガン」と訳してあった(38ページ)ので、つい「悲しみよこんにちは」とつぶやいてしまった。リチャード・ドーキンスも著書の中でダグラス・アダムスの作品の一節を引用していた記憶があるし、「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズは、イギリス人に人気があると見える。いつか読み直してみようかしら。2012年10月28日付け読売新聞書評欄。

  • 今更ながら拝読しました。ムライさんの翻訳も面白いからすぐ読めちゃった。
    一見くだらないことにホントのホントに本気を出してるこの本に感服。

  • 図書館で。
    いや、これ面白い。
    今身近に手に入る物を原材料(もしくは原材料調達から含めて)から作れと言われたら無理なモノばかりという事がよくわかる。鉄鉱石から鉄を作ろうとしてクズ鉄みたいになってしまったというのは文革時代の中国を彷彿させるような。
    でも確かに今の先端すぎる技術だけじゃなく昔のやり方も残した方が良いんじゃないのかな、とは思う。技術や職人さんが居なくなってしまった時のためにも。

    というわけで鉄鉱石から鉄を作る辺りは大分ルールに沿ってたようですがプラスチック成型辺りで大分妥協が見られるような。でも確かに石油化合物ってどうやって作るのか見当もつかない。それが大量に生産されて廃棄されているんだからある意味恐ろしいよなぁとは思います。

    それにしても身近にある物で自分が作れそうな物って何かあるだろうか…?と考えるとほとんど何もないことに結構愕然とします。陶器だって窯が無いと無理だしなぁ… こういうプログラムを子供の内にやってみるのも良いかもしれない。そうするともっと物を大事にする人間に育ちそう。

  • たった500円のトースターの中に 人類の叡智やら 大量生産やら 自然破壊やら 色んなものが見えてきて こんど店先で 感慨深く トースターを撫でたくなりました

  • めちゃめちゃおもしろかった!!
    これは読むべきー!

    金具や部品や工具が揃っているイチからの状態じゃない、本当にゼロからトースターを作ってみたトーマス君。
    彼はロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立芸術大学)の学生で、卒業制作として取り組んだとのこと。

    本書は「いったい、どうやったら石ころがトースターになるんだ?」という疑問から始まってしまったトーマス君の、無謀で愉快な冒険記である。

    色々と最初の定義や目標からはそれていくものの(その言い訳やこじ付けがまた笑える!)、最終的にトーマス君は、鉄・マイカ・プラスチック・銅・ニッケルを取り出し(取り出す、と言うには多少の疑問もあるけれど、それはご愛嬌!)表紙のトースターを完成させた。

    ただ、彼はトースターを完成させただけでなく、トースターをゼロから作る過程で、『値段には現れないコスト』つまり環境と経済のぶつかり合いについて考えるきっかけを得ていて、最後に読者である私も気づかされるのだ。
    それについては引用で。

    あと、訳も今時のネット系若者言葉で、タイトルの「○○してみた」はもちろん「何それ、怖い」とか「すごく……○○です」とかも、笑いを誘った。

  • 小一時間もあればサクッと読めてしまいますが、
    中身はもう、面白い面白いそして最後にはいろいろ考えさせられるという、非常に良く出来た1冊です。いや、トースターの出来はあまり良くないようですが(笑)

    まずトースターとは何か、から始める考え方が既にアートでも科学でもなく、哲学ですよ…
    天体物理学者カール・サガン博士の「1からアップルパイを作ろうとしたら、まずは宇宙を創造しなくてはならない」を引用しているところからお察し。
    大事な事は全て7章に凝縮されています。世の中には値札に現れないコストが非常にかかっている、とか、人は他人に依存しなければ生きて行けない、等々。
    充実した読書時間を得られます。御馳走様。

  • DASH村TOKIOは恵まれてるんだなあ

  • 9ヶ月で、トースターを一から(原料から)作るプロジェクト。行動力とユーモアがある、が、なにせ雑!なるほど表紙。

    SHARPの電子レンジの庫内を1500度まで熱して鉄鉱石から鉄を精錬したのにはびっくり!銅は比較的楽なんだね。そしてプラスチックが一番難しい。原料の難易度は人の技術の進歩の通りだったのが面白い。

  • 抱腹絶倒。
    オチは結局小さくまとまってる感はあるけれど、とにかくつかみと起こしはパーフェクト。最後にちょっと説教くさいことを言われても、ここまでの冒険の結果だと思えば素直に聞ける。
    けれど私が本文中最も印象に残った箇所は、「イングランド・ウェールズ国境近く」というところだった。現代っ子で生粋のロンドンっ子だという著者にごく自然にこの認識があるというのは、なかなか政治的に「正しい」ことなのではないかと思えた。
    カテゴリはかなり迷ったが、個人的な願望(「この本はこう見なしたい」という)も含めてご覧のとおりとした(正しくは「自然・科学」かな)。

    2016/1/31読了

全86件中 1 - 25件を表示

ゼロからトースターを作ってみたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロからトースターを作ってみたを本棚に「積読」で登録しているひと

ゼロからトースターを作ってみたの作品紹介

掘る!削る!砕く!溶かす!材料の調達から加工・組み立てまで全部自分でやっちゃいました!愛すべき若者が「手作りの限界」に挑む。

ツイートする