東京散歩

  • 125人登録
  • 4.08評価
    • (7)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 山本知子  石田みゆ 
  • 飛鳥新社 (2012年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864102117

東京散歩の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランス人の著者が半年間の東京滞在中に書いた街中スケッチ。ほぼ色鉛筆で描かれていて、コミカルなんだけど写実的。色合いや濃淡もとても綺麗です。こんなに絵が描けたら楽しいだろうな~。普段訪れてもただ通り過ぎるだけな東京の街並みが、特別な場所に思えるような素敵な一冊でした。

  • 好きすぎて気が狂いそう♪
    人前でスケッチなんて、
    なかなかここまで集中してできない。
    まさにクレイジーだわ♡

  • この本はチャールズ・イ・タトル出版から出ていた「Tokyo On Foot」の邦訳版かな?

    飛鳥のPR
    「ひとりのフランス人青年が、半年のあいだ毎日自転車に乗って目に留まった景色をスケッチして歩いた今までにない東京散歩ガイド。 」

  • 外人さんが描いたとは思えない味わい

  • 自然な外国人の目線がいい。えもかわいい。地図も丁寧。

  • ここんとこ、何故か半分まで読んでなげちゃうのが続いてて…、いっそこ~ゆ~の眺めるか…と、借りてみた。
    …の割に、細かいとこまで読んじゃったけど^^
    変に「外国人の目」から見たエキゾチックさがなくっていい。
    自分の生活圏だったところとか、すっごく力の抜けたスケッチがリアルに懐かしくなる。
    お絵描きしたくなった。

  • ワーキングホリデーで日本を訪れたフランス人が見た東京の記録。
    6か月の日本暮らしのなかで、著者が見た、興味を持った東京の景色やものをスケッチしている。

    絵が上手い。「写真みたい!」というのとは違うが、色味や柄や雰囲気が「あ、あれを描いたんだね」とわかる。

    主に色鉛筆で描いたもの。見ていたら、久々に絵を描いてみたくなった(こんなに描きこむ根気はないが・・・)。

  • 半年間東京に滞在したフランス人著者(画家?)の東京スケッチ。異国情緒に踊らされることなく、かといってドライすぎもせず、日本を褒めもせずけなしもせずに淡々と描く割合リアルな絵。等身大の日本がよく出てるから、外国人にはいいんじゃないだろうか。
    が、日本人の読者としては、等身大すぎてあまり面白くない。どっちかというと、異国情緒に踊らされた主観スケッチのほうが読みたかった。スケッチばっかりしていたせいか、「日本人の友達は少ない」「日本語をほとんど覚えなかった」あたりも、この距離感の原因なのかもしれない。この人はパリをどう描くんだろう?

  • おじさん図鑑のなかむらるみさん解説がおもしろい

  • フランス人イラストレーターによる東京滞在記的な風景スケッチ集。日本的な物への憧れが過度でないので日本人が読んでも楽しい。

全13件中 1 - 10件を表示

東京散歩を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京散歩を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京散歩の作品紹介

ひとりのフランス人青年が、半年のあいだ毎日自転車に乗って目に留まった景色をスケッチして歩いた今までにない東京散歩ガイド。

ツイートする