ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)

  • 140人登録
  • 4.12評価
    • (16)
    • (16)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 今西 康子 
  • 飛鳥新社 (2013年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864102322

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
村上 春樹
カイザー・ファン...
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)の感想・レビュー・書評

  • =最悪の敵か、最強の味方か。地球は、ほぼアイツらでできている= ←帯より

    地球の様々な場所にもウイルスは存在する。うまく共存共栄といきたいところだけど、時にヒトに害をもたらし牙をむく。宿主もろとも自滅してしまう凶暴なものが出現したり、逆にうまく折り合いをつけて共存するタイプもいる。

    目に見えない存在だからこそ手強い相手だと思う。すべてに打ち勝ってクリアしても、ラスボスはウイルスや地球本体や自然災害なんじゃないかなと思ってしまった。

    ウイルスは地上から見上げた星々に雰囲気が似ているような気がする。どこか宇宙とつながっているような不思議な感じがする。

    一番こわいなーと思ったのは、人がその星々に手を加えてしまったり、DNAのパターンを完全に解析して、いつでも人為的に作ろうと思えば作れてしまうところ。もう入ってはいけない領域に入ってしまっている気がして、ぞくっとした。

    内容はとてもわかりやすくって気軽で読みやすかったです♪

  • ウイルスとは何なのか?ということが分かりやすく(まだ分かっていないことも多いが)書いてある。変化の激しいこの分野の分かりやすい本は貴重なのでは。

  • 【選書者コメント】ウイルスというと、良くないイメージがつきまとう。できればお付き合いしたくないという人は多いだろう。けれども衝撃の言葉がこの本の帯に書かれていた。地球は殆どウイルスで出来ている!ウイルスは本当に悪い奴らなのだろうか。
    [請求記号]4900:2317

  • 生物か無生物かわからないウィルスの存在は、多くの人にとって恐ろしいものでしょう。
    しかし、ウィルス由来の遺伝子がなければ人間を含む哺乳類が、自らを複製できないことは衝撃です。
    人間や他動植物を死亡させるウィルスもあれば、それらの細胞に永住しつづける選択をするウィルスもあります。
    恐ろしいだけではないウィルスが、この一冊に綴られています。

  • ウィルスは生物か非生物か、家人と話していたのを思い出しふらっと図書館から借りてきました。すごく面白い!私は文系なので生物学とかほとんど無知なんだけど、すごくわかりやすく面白く書いていてほ~っと感心することばかり。他の本も読んでみたいと思わせる本でした。

  • 大学の図書館でいっきに読みました。確実に「へぇ〜」っていう口になってたと思います。

  • ウイルスって、不思議だ。面白い。

  • ウイルスは創造と破壊の両方を併せ持つ存在であり、地球上のあらゆるところにいる、というのが主題。ウイルスとは、とにかくただ悪いものではなく、生命にとって重要な役割をもっているのは確か。僕らのDNAも、どこまでがヒトのもので、どこまでがウイルスなのかもわからない、といわれるとこそばゆい。ウイルスがいなければ子どもも生まれない。ラテン語のウイルスには、蛇の毒液と、人間の精液、の二つの意味があったそうだ。それが端的にウイルスの性質を表している。個々の事例はそれほど詳細でないが、愉しく読める本。

  • 人類(を含むあらゆる生物)とウイルスの関わりについて書かれた本です。

    ウイルスに対する見方が変わりました。
    より深く、より多彩な視点が得られまた。

    そして、ウイルスの専門家って、案外、大したことないかも、と思ってしまいました。
    専門家は、素人が思っている以上に、思い込みや、それまでの学問の歴史に捕らわれているのかもしれません。

    自分は、高校時代、カリキュラムの関係で、生物をまったく勉強しなかったので、大学1年生のときの教養の生物で、初めて、学問としての生物学に触れました。
    その授業は、当時はあまり面白くなかったんですが、今振り返ると、自分の「生物観」の形成に、かなり役に立っていると思います。

    人生、何が役に立つかわからないものですね。
    今回の本は、僕の生物観を、さらにブラッシュアップしてくれたと思います。

  • 私たちの周りに存在するたくさんのウイルス。その研究はまだ始まったばかり。ウイルスを生物とするのか、単なる物質とするのかの結論もまだ出ていない。何千年前に体内に入り込んだウイルスがゲノムに忍び込みDNAに受け継がれていく。ウイルスの世界を知ることができた。

  • 今年に入ってからだけでも、中国、ついには米国で感染が確認された鳥インフルエンザ!!

    ウィルスってなんなんだ?! 図書館で話題の「ウィルス・プラネット」を借りて読んでみた。

    ウィルスは細胞壁を持たないが、遺伝子を持つ、生物の”ようなもの”と定義される。

    他の生き物の細胞を利用して増殖する。
    例えば、HIVはチンパンジー、エボラ出血熱はコウモリが元々の自然宿主と推測されている。

    身近な所では、風邪やインフルエンザのウィルス。
    海もウィルスだらけ、海水1リットルには1000億個ものウイルスが存在する!

    地球はウィルスだらけなのだ。

    今年前半のオススメの1冊。

  • 皆がよく知っているインフルエンザから、HIV,SARSに至るまで。ウィルスという存在の発見は最近になってからで、遺伝子数たった数個のウィルスが、なぜこんなにも賢く複雑な行動をおこし、そして私たち生物に様々な影響を与えていることがわかりました。そもそも私達の体の一部になってしまっているという部分は驚きました。非常に読みやすかったのも好感がもてました。201306

  • 12種類のウイルスの話.
    「ウイルス」って単語はよく使うし,毎年インフルエンザや風邪が流行るから身近な存在ではあるんだけれど,大きさも仕組みもどのくらいの種類が存在するかも,ほとんど何も知らなかった.そもそも生物?
    そんな素人でもちゃんと理解できるくらい優しい,ウイルス入門書.

    意外と身近に存在していてというレベルではなく,人間のDNAにも影響を与えていて人間との境界すら曖昧.これが,この本で一番の驚き.細菌と同じで一概に悪いものとも言えないし(悪いヤツがほとんど,という印象だが),上手くやっていく必要があるなぁと感じた.

    本書で紹介されている12のウイルスは,よく調べられているウイルスだけれど,ウイルス自体の数はもっと多くてわからないことだらけだ.こういう未解明の領域があるんだな,って知るのも面白いことである.

  • この宇宙でいつ、どのように生命が発生したのかに関心を持つ私にとって、非常に興味深い本だった。まず生物学の本にもかかわらず読みやすい。これは画期的。そして、ウイルスとは何かを可能性と脅威の双方で解き明かす。ウイルスの研究は生命誕生のブレイクスルーをもたらすのではないかとの感慨を抱いた。

  • 代表的なウイルス12種について、その神秘ともいえる機能、働きなどについて解説している。確かにタイトルにもあるとおり、ウイルスの世界は宇宙を思わせるものがあるように思う。ウイルスがなければ人類も誕生できなかったはずで、眼にも見えない小さなウイルスの偉大さを感じます。

  • それほど専門用語が乱発するわけでもなく、素人に非常に読みやすい一冊でした。
    ウイルスの定義やウイルスによって引き起こされる病気、逆にウイルスの利点などがまとめられており、わかりやすく興味深く読むことができました。

  • 買った日に読み終わった、はひさしぶり。
    役者あとがきにも出てくるが、福岡先生の「ウイルスは生物か無生物か?」をたたきに読んでいるから興味は尽きない。
    エンディングに記されている、人間は世界を理解するために種を線引きするけれど、生命や進化は連続の賜物なのだと思う。

  • 地球が存在してから今まで、ウイルスが与えてきた進化への功績や、地球環境への影響について、書いてあります。

  • ウイルスについては、なにからなにまで興味深すぎて、どこのページをめくっても面白い。
    でも、ウイルスとは一体何かを説明しないことには、面白さをわかちあえない。。。私にはそんな大それたことはできないので!

    誰でも興味が沸きそうなトピックとして。
    ヒトは、体の中にいるウイルスの助けを借りないと、妊娠することができない。
    なんで!?と思ったら、この本を読んでください。。。

全20件中 1 - 20件を表示

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)の作品紹介

最悪の敵か、最強の味方か。地球は、ほぼアイツら(ウイルス)でできている。知っていそうで知らなかった、驚きエピソードの数々。

ウイルス・プラネット (ポピュラーサイエンス)はこんな本です

ツイートする