野蛮人の読書術

  • 376人登録
  • 3.61評価
    • (14)
    • (36)
    • (40)
    • (4)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 田村耕太郎
  • 飛鳥新社 (2013年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864102766

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

野蛮人の読書術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同じ人物であるのに、このような多様な書評ができるものかと驚かされた。
    様々な分野の著名人たちの読書術は、私がこれから読書を再び始めるうえで参考になるものが多かった。
    紹介されている本は数学から政治まで幅広い、かつ難易度の高いものばかりのようだが、ぜひ今後読んでいきたい。
    良書の選び方の指標となる一冊である。
    借りたものだったので、早速書店で手に入れようと思う。

  • 前参院議員田村耕太郎氏による読書術(処世術?)および東大EMPでの課題図書リストの抜粋の記載がされている。
    特に参考になったのが読書に対する姿勢である。私自身読破に意味があると思い込み、その読書で何を得たいのか、何に繋げるのかという視点が欠落していた。故にその読書で学んだ事は曖昧で断片的な知識であり、それはアウトプットに活かせる物では決してなかった。
    だがこの本では、このような読破至上主義的読書(筆者自身もそうであった様だが)から抜け出し、いかに学びが多く、アウトプット志向の読書に転向できるためのヒントを得られたと思う。また、読書の有用性を再認識できたので読書に対するモチベーションがグンと上がった。これからは読書に対する比重を大きくしていこうと思う。

  • 今後を生きる上で身につけるものについて、多くの示唆を与えてくれる本。
    大きな視点で何を読むべきか、また、子供と向き合う上で何を大事にすべきか、とても大きな視点から、ヒントを与えてくれる。

  •  タイトル
    これでわかる読書術と実践本
     読む目標設定(意味)
    読書本はさまざま出ているけど、グローバルな経歴をもつ田村さんはどのように本と向き合っているのか知りたかったため
     実際に読んでみた一言感想
    はじまりと目次の重要性
     気になった点
    ・本を読むにしても、実務ばかり追い求めていてはだめ。
    ・リベラルな知識を身に着ける。
    ・思考力の身に着ける読書をすることが大事になってくる
     考えたこと
    読書術のノウハウとしては、やっぱり「はじめに」と
    目次は大事だということ。いままですっ飛ばして読んでいたけど。これから注目して読んでみたい。
    これは、以前キャッチコピーのイベントで
    いかに人を引き付けられる言葉をつくるかという事を聞いた後なので、よりいっそう短文で人を魅了する目次・はじめに を注目していきたいと感じてる。
     新しい学び(キーワード)
    この本に載っていた推薦リストたち
     次のアクション
    推薦図書を読んでいく。
    本同士の対話をさせる。そのための良いファシリテーターになる。(ドットコネクティングリーディング)
    (アクションの達成日_年__月_日)

  • 読書をしようという気持ちになる

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    高速を交えて熟読。

    たくさんの人たちの読書方法が読めて良かった。
    全部読む人読まない人、それぞれ理由があるが、読むべき本は厳選し、絶えず学び続けることでは一致。

    洋書を読むこと、古典を読むこと。これらが私へのアドバイス。

    参考文献も多数あり、興味をそそられた。自分以外の人の読書論や推薦図書は、自分のスコトーマを外す良い訓練だと思う。

    星四つ。

  • アウトプットを意識して取り掛かる。
    読んで得た者を使えるようにすること。
    大学やシンクタンクの研究員ともなれば、待遇の対価としてアウトプットをd指すために書籍だけでなく膨大な資料を読み込んでいる。

  • 今度はこの本のリストを使わせてもらおう。

  •  国会議員、研究機関での経験があり、日・米・英の大学院で勉強したことがある著者による読書術。

     最近、国立大学での文系学部の統廃合がニュースになって話題になっていた。実現するかどうかわからないが、気になる話題だ。このような主張をする人は、文系の学問は実社会で役立つわけでもない金食い虫だと思っているのだろうか。哲学、文学なんて何になるか。

     とは言っても、著者曰く「リベラルアーツは、浮世離れしたものであるどころか、むしろこの社会をリードする人間に不可欠な素養だとみなされているのだ」というふうに、文系・理系問わず根底に幅広い知識があると困ることはない。

     有名な話だとアップルの創業者スティーブ・ジョブズは、中退した大学の授業に潜り込んで、カリグラフィーの授業を受けたことが後にMacのフォントに応用できたことだ。

     今回の本は3章から構成されている。

     1.「自由に生き抜く術(リベラルアーツ)」は読書で磨け
     2. フロントランナーが教える読書術
     3. 野蛮人のブックガイド 「現代版リベラルアーツ」が身につく精選30冊

     そして、付録として追加で読みたい20冊が紹介されている。
     
     読書の秋なので、こういう本を参考にしていろいろ読んで見ては。新しい発見があるかもしれない。

全33件中 1 - 10件を表示

田村耕太郎の作品一覧

田村耕太郎の作品ランキング・新刊情報

野蛮人の読書術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野蛮人の読書術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする