蔦重の教え

  • 208人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (28)
    • (24)
    • (3)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 車浮代
  • 飛鳥新社 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103060

蔦重の教えの感想・レビュー・書評

  • 分類すれば本書は、いわゆるタイムスリップものの時代小説、ということになるのだろう。
    しかし、読了してみての印象は、自己啓発本とかビジネス書といった類がしっくりくる。

    現代でいうところの名プロデューサーだった蔦屋重三郎。書店を開き、洒落本などの販売や出版を手掛けた。浮世絵にいち早く目をつけ、歌麿を売り出した人物として知られている。
    実は謎の多い東洲斎写楽の仕掛け人でもあった、という話が最近取り沙汰され、本書内でもそれをにおわせる展開が綴られているが、これは決着がついたのか?などと、島田荘司の『写楽 閉じた国の幻』も思い出しつつ読んだ。(こっちも早く続編が読みたい!いつなんだ、島田さん!)

    時代物といっても語り口は軽妙で読みやすく、そこそこ厚い本だが一気に読める。そもそもタイムスリップものだし、眉唾っぽいエピソードも随所にあり、荒唐無稽と言ってしまえばそれまでだが、単にエンタテイメントとしての楽しさだけでなく、重三郎の敏腕ぶり働きぶりは、社会人の心得としても十分に通用する。ちょっと考えれば当たり前のことかもしれないが、つい忘れがちな心構えを改めて気づかされた。
    ご丁寧に、巻末に「蔦重の教え」が掲載ページつきでリストアップされてもいるじゃないか!
    最後のひと仕掛けもすごくいい。とても楽しい読書体験であった。

    ぜひ、新社会人のみなさんに読んでほしい本書である。

  • 時代を遡れば物事は古い過去ではなく、そこから学び取ることもあると思わせる作品でした。

    物事には限りがあってENDする前にGOALする瞬間に立ち会えればそれは素晴らしいことでしょう。

    単に教えてもらうだけではなく、教えをしっかり理解しそれを実行できればあがりに立ち会えるんだと思います。

    江戸時代にタイムスリップしたいからといって吉原のソープに行くのは禁止とします。

  • 少し前に何かの書評で気になっていたこの本

    内容はというと、
    バブルの時代を持ち前の人好きする性格と
    ノリで乗り切って来た主人公だが
    不況になって、時流にあわずに影では
    良く土下座をするのを皮肉って『ゲザ男』と呼ばれたり、、、。

    社内でリストラか?と噂され、ショックで浴びるように
    酒を飲み、気を失う。。。

    と、気がつけば江戸時代。
    拾ってくれた人物は時の蔦屋重三郎。
    本屋であり、出版社であり、広告代理店であり
    芸術家のパトロンであり、
    時代の時流を産むプロデューサーであった人物。

    そこで暮らすうちに、
    人にはなにが重要なのか?
    仕事の関係づくりとは?
    などなど、時代を作った人物から多くの影響を受け
    時の絵師らとも、歌人らとも交流を持ち
    成長する様子を、物語にしている。

    江戸に興味のある方なら
    読んでいて、うんうんとうなづく場面も多く
    今更ながらに長い平和の時代の
    日本人が作り上げた社会の成熟度が
    読み取れ、とても面白い一冊になっている。

    巷では、ビジネス書として、サラリーマンにも
    評判がいいと聞いている。
    江戸時代にさして、興味がない方にも
    楽しんでもらえる一冊になっている。

    後日談にタイムカプセルのように
    歌麿の下書きを掘り出すシーンで
    蔦重がそれを知り、主人公に
    戒めと温かい言葉とを綴った手紙が見つかる。
    主人公は現代に戻って
    ぎくしゃくしてた家族の関係も
    新しい一歩に踏み出す。

  • 今年15冊目。数年前、蔦屋重三郎を取り上げたサントリー美術館の展示を見に行った。歌麿や写楽のプロデューサーであり、画期的な方法で錦絵や書籍を広めた人物であることを知った。歌麿や写楽がメインではなく、こうした仕掛け人に焦点を当てていた点が気に入り、分厚い図録まで購入してしまった。
    そして、たまたま書店で見つけたこの本。
    上記の企画展と同じ視点で描かれつつ、ビジネスや人生訓が散りばめられていた。
    歴史ライトノベルという感じ。賛否両論あろうが、仕掛け人を取り上げる点が良いし、なおかつ、江戸の習俗や、当時の出版・広告について勉強にもなり、サラッと読めるので私はなかなか面白かった。
    設定がハチャメチャですが。

  • 銀座ママ麗子シリーズと似ている物語仕立ての成功哲学の本。

    最後の教え

    何かを捨てなければ新しい風は入ってこない

  • ハラハラするようなエンターテイメント的小説を期待して読み始めてしまったら…。
    あれ?なんだか江戸時代を学ぶ参考書のようだ。江戸東京博物館にでも置いてありそうな。。。

    だけどだけど、現代に戻ってからが、よかった。蔦重の本当の凄さが、ここにきて判りました。
    現代から江戸に伝える手段が無いのが、もどかしい!

    作者なりの、写楽の推測も楽しいです。

  • ドラマ仁を見た後だと内容に新鮮さが感じられず退屈。主人公を好きになれず。

  • しがないサラリーマンが江戸時代にタイムスリップし、敏腕出版プロデューサー蔦屋重三郎に弟子入りして「成功の法則」を学んでいくビジネス本風の小説。蔦重のキャラクターはもちろん、当時を代表する絵師などがかなり濃ゆいキャラクターになっていて、エンターテイメント小説として十分おもしろい。恋愛要素もあり、文章も展開も軽快なのでサラサラと読み進めていける。画面だと伝わらないが、実際の本の装丁もちょっと凝っていてなかなかオサレ。

  • 星2.5。タイムスリップものはやっぱり苦手みたい…

  • 帰省の際、父が薦めてくれたので読んだ本。なかなか面白かった。

  • 凄く凄く面白かったんだけど、現代に戻ってからの蔦重の手紙長過ぎ。蛇足が多すぎて読了の喜びが相当失せてしまった。それでもタイムスリップ物ってズルさを考慮しても相当面白くはあったけど、ノリノリのまま終わらせてくれなかったのが残念。

  • 『蔦屋』と同時に図書館に申し込んだが
    こちらは半年待った。
    現代人が蔦重の元へタイムスリップする設定がよかったのかなー。それとも教えがよかったのかなー。私的には、どちらも同じくらいのおもしろさだった。
    名プロデューサー蔦重の、名プロデューサーぶりがおもしろい。

  • 感動あり、心に響く教えありで素晴らしい本と出会えたことに感謝。

  • 解雇を言い渡された55歳のサラリーマンが、ひょんなことから江戸時代にタイムスリップしてしまう。
    そこで出会った蔦屋重三郎の元で働きながら、仕事や人付き合いの極意を学んでいく。

    ファンタジー小説の形を取ったビジネス(生き方)HOW TO本でもあり、江戸庶民の生活や浮世絵などの美術についてもわかりやすく説明してくれる歴史読み物でもあり、テンポよく一気に読めた。
    「わかりやすい生き方指南書」をコンセプトに書かれたものだろうから、そういう役割ならちょうどよい文量だと思う。
    私としては、登場人物たちがすごく魅力的だからもっと人間ドラマの部分も深く掘り下げて欲しかったな。
    タイムスリップしたタケの生活をもっと見ていたかった。

  • リストラを言い渡された日、吉原でやけ酒を呑みつぶれてしまったら、江戸時代にワープしていた。そこで出会った蔦屋重三郎や歌麿らから生き方と商売の極意を学ぶ。

    さらりと読める。極意ではあるんだけど、なんか軽いというか。でも、蔦屋の生き方や処世術、江戸時代の知恵というのはさすがだなと思ったわ。また浮世絵が見たくなった。

  • 55才のリストラのおっさんが1780年代の江戸時代にタイムスリップ、そこで会う蔦重三郎に人生を教わる。

  • 65歳でリストラを申し渡された男が江戸時代にタイムスリップ。蔦谷重三郎の下で人生の教訓を学ぶ、という荒唐無稽ながらもユニークで面白い作品。江戸時代の文化、料理、風俗なども詳しく興味深い。著者は江戸研究家。

  • 面白いが、やたら教えに関する記述が多く、白ける部分もあった。啓発本としては読みやすいかも。

  • 2014.6.16

    これは、人としての 教え ですね
    現代に通じる話だからTVドラマとか良さそうです!
    毎週やることでじっくり 教え が伝わる

    話自体には コレといった盛り上がりは、ないような?タイムスリップした主人公が何か解決する事も無く唯々見て聞いて体験して考えを改て社会勉強していく感じ
    調子に乗って失敗する事のが多くて 読んでて耳が痛いというか心も痛むというか、我が事かと辛かった…
    調子に乗ってスンマセン‼
    って謝りたくなった…

  • 小説仕立ての自己啓発本ですが、蔦屋重三郎が生きた時代を細かな描写と、現代との対比によって面白く、読みやすい内容でした。


    やはり自己啓発の内容は、その一つ一つは難しいことではないのですが、それを継続して続けることが難しいのだと思いました。
    何故継続させることが難しいのかと考えると、結局人は体験から得たことでしか真に学ぶことはできないのではないかとも感じました。
    そう考えると、気持ちの良い環境に身を置いて、ただ日々過ごすだけになったとき、そこに充実感や楽しみを見出すことができなければ、真に得るものは何もないのだと思いました。
    人のパワーの源である怒りと悔しさを上手にコントロールしていけたらよいと思いました。

  •  リストラ間際。55歳の親父が1780年代の江戸にタイムスリップしてしまい、そこで偶然拾われた蔦屋重三郎さんから、本の作り方、商売の仕方、ひいては生き方そのものを学んでいくお話し。

     「夢をかなえるゾウ」に似ていると思った。けれど、違うところは、蔦重さんが実在の人物で、彼の経験や、信念に基づいた教訓が詰まっているところかな。

     時代の半歩先に目を向け、自分にとっての「あがり」は何かを設定し、そのために必要なものが何かをかんがえて行動に移す。なるほどなあ。
    「あがり」の設定は、身につまされた。

  • 日本人が、日本人として生きていく為に、大切にしてきた思いや、考え方。
    私は、テクニックではない、根っこの大切なことが たくさん書かれていると思うな~

  • 20年来のTSUTAYAファンとしては読んでおきたいわよね〜というわけで、店名の由来とも言われる蔦屋重三郎が出てくる小説でございます( ^ω^ )

    仕事や生き方の極意を、現代からタイムトリップした冴えない中年サラリーマンが蔦屋重三郎から教わる、というエンタメ小説でありながら自己啓発本でもある本作。

    ……正直、主人公が蔦屋重三郎から教わった仕事の極意云々以上に、版元として活躍した彼の足跡や、洒落や歌麿の方に興味持っちゃったよね〜(笑)。



    依願退職するよう宣告された、武村竹男、55歳。ムシャクシャした彼は、お稲荷様に働いた粗相の罰として江戸時代にタイムスリップしてしまう!
    そこで出会ったのは、東洲斎写楽や喜多川歌麿を見出した出版界の風雲児・蔦屋重三郎その人だった!

全36件中 1 - 25件を表示

蔦重の教えを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蔦重の教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蔦重の教えを本棚に「積読」で登録しているひと

蔦重の教えのKindle版

ツイートする