ぼくがジョブズに教えたこと

  • 177人登録
  • 3.63評価
    • (7)
    • (13)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
  • 9レビュー
  • 飛鳥新社 (2014年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103145

ぼくがジョブズに教えたことの感想・レビュー・書評

  • 特に印象に残ったポン
    おわりに⇒「行動しなければならない」

    読書したり講演に足を運び何かを得たとしても、それを活かし生活を変化させなければとても勿体ないことである。
    つまり、ワンアクションで終わらせず、そこから次へのアクションをおこすことが大切であろう。

    今の私に響いたポン
    6,9,13,18,22,35,39,40,41,42,44,45

  • トップの人間をどうやって飼っておくかのハウツー本。アメリカ的で面白い。こういう国があることが現代なのだろう。

  • 2014年5月刊。往年のゲーム会社 ATARI(アタリ)創業者による、創造性を高めるアドバイス。
    大げさなタイトルだなぁと思いきや、無名時代のスティーブ・ジョブズをアタリ社に採用した人物というから、あながち大げさというわけでは無さそう。

    ◆【引用メモ】仕事をどう進めればいいのかはたいていの人が知っているが、なぜするのかは必ずしも知らなかったりする。(p.102 口先人間に注意せよ)◆クリエイティブな人の多くはコミュニケーションが下手である。(中略)クリエイティブであるために必要なスキルに(中略)「整然と表現する」は含まれていない。だから、上司が代わりにコミュニケーションを取ってあげなければならない。(p.164)◆反論をすぐ口にする場合、あまり深く考えていないことが多いのだ。(p.191 反対意見は書面で出させよ)

  • 娯楽産業史上「ビデオゲームの父」として世界的に讃えられる起業家・経営者のノーラン・ブッシュネルの著者です。
    著者はジョブズから生涯、師として慕われた人物である。

    未来の鍵を握るのはイノベーションであり、そのイノベーションはトップのひとりではなく、アップルの社員全体から生まれなければならない p15-16からの引用。
    変わっていくことが大切である。自身の身をおいている世界は、あまり変化を好まない世界ではないか。変えることへの抵抗があるのではなかろうか。しかし、進歩には変化は必要である。目の前の子供たちのために、自身は何が出来るか考え、実行していくべきである。
    その人に本当の自分をしゃべらせよう。しゃべっても大丈夫なのだと安心させよう。p74からの引用。
    安心出来る環境は大切である。しかし、それは馴れ合いではない。自分自身や仲間が成長できるように言うべきことを言うという当たり前のことである。しかしながら、他人からの目を気にするあまり言うべきことを言えない状況が自身にもある。話題の映画の挿入歌でも、ありのままの〜という歌詞がある。ありのままの姿を出せるような世界を欲している世相をあらわしたものかもしれない。ありのままの姿を出せる環境とはどんな環境だろうか?他者との関係づくりも大切になってくる。自身の課題である。
    失敗がまったくない状態は無理がなく、同時に進歩もない。p153からの引用。
    失敗を悪と捉えやすいが、失敗を恐れるあまり何もしない方が良くない。何もしないとその人が何をしたいのか分からない。失敗しても良いという環境を作ってあげないといけない。人間は失敗するよりは成功した方が嬉しい。これは当たり前のことである。挑戦しないと成長・成功はあり得ない。子供たちにこれを伝えたい。
    節目の締め切りを設ければ、クリエイティブな人が本当の締め切りに間に合う可能性が高くなるのだ。p174からの引用。
    自身の課題である。締め切りに関しての記述である。自身をクリエイティブな人物かどうかは分からないが、節目の締め切りを作ることは納得した。いつまでにここまで終わらせようなどと見通しを持って取り組む必要がある。
    上記以外にも気になったものがあるが、一番大切なのはまずは「行動」である。これを大切にしていき、日々精進していきたい。

  • これまた立ち読みなのに骨太な当たり本。買っても損しない。

    人を雇うときの見極め方として、
    〈趣味を深堀するとその人がわかる〉
    わかる気がする。障りだけの人と、はまりきっている人では面白さが違う。汎用性も違う。
    〈クリエイティブの多様性を求める〉
    まずクリエイティビティを発揮している人というのが少ない気がする。多様性・・・レベルが高い。
    〈どんな本を読むかを聞く。大事なのはどんな本を読むかではなく、本を読むかどうか。好奇心と情熱を持つ人は読書をする〉
    確かに。でも、どんな本を読むか、どれくらい読むか、も重要な気がする。

    〈失敗がない状態は無理がなく、同時に進歩もない〉
    だから、チャレンジして失敗が多い方が魅力的なのだ。その失敗を隠したり恥じる必要などないのだ。
    〈クリエイティブな人に生産的な日々を送ってもらうには締め切りを設定しない〉
    イチローに経理をさせないのと似ている考え。そして、意思力、熟考力のリソースが限られているという考えにもつながる。
    〈サイコロを振ってやることを決める。そうしないと、いつも予定通りのことをして、変化がなくなる〉
    これ、もらった!
    〈行動しろ!〉
    はいっ!

  • ビデオゲームの父、アタリの創業者の本です。テニスゲームやブロック崩しを作った人がジョブズの師だったとは。この本の前半は次なるジョブズを雇う方法で後半は社員を次なるジョブズに育てる方法が書かれています。クリエイティブな人材発掘と育成のヒントが満載です。情熱のある人、多趣味な人、本を読む人を雇いましょう、オライリーのメーカーフェアやツイッターで人探し、そして魅力的で遊び心のある会社を作りましょう…日本ではちょっと難しいと思いますが、常にクリエイティブでありたい、こんな会社で働きたいと思いました。

  • 20140710読み出した。創造性が花開く環境を高めるためのポン(創造性を高めるアドバイス)51か条。2〜ページまで。残りのためにまた、借りる!

  • この際、ジョブズはどうでもよい(笑)。
    独創性あふれる、とんがった、実力のある人材を求める経営者さんのための本。
    痛快。うなづく。
    響く人には響く本だな、まさに「ポン」。

  • ・会社の文化は最初に入社した10人あまりの従業員を核としてそのまわりに形成されていく

    ・求人広告は会社全体の宣伝に等しいといえる

    ・会社は大きくても小さくても誰かに自社のブランドについてあちこちで語らせ、そこに集まってくる人たちと
    話をするようにしなければならない。

    ・パーティーを開く一番の効用は机に向かっているときより自由に、率直に話し合えるようになること

    ・クリエイティブであるために必要なスキルに「ぺらぺらしゃべる」は含まれていないし、まして「整然と表現する」は含まれていない。

    ・おもちゃで遊ぶとそういう自己規制が外れ、脳の長年にわたって閉ざされていた部分が活性化する

    ・反論はすぐ口にする場合、あまり深く考えていないことが多い。反対意見は書面で出させる

    ・イノベーションにつながる道は金持ちのところを通じるものが多い。
    電話、自動車、PC、自転車、電子レンジなども当初は金持ちが買えるものだった。

    ・ふつうの人がお金持ちの気分を味わえる製品が作れれば大ヒットするだろう。

全9件中 1 - 9件を表示

ぼくがジョブズに教えたことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくがジョブズに教えたことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする