拝啓、アスペルガー先生

  • 126人登録
  • 4.09評価
    • (12)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 奥田健次
  • 飛鳥新社 (2014年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103411

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
恩田 陸
村田 沙耶香
佐々木 圭一
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

拝啓、アスペルガー先生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 行動分析学からのアプローチ。深刻な暴力行為や問題行動を、先生の明るいキャラで、斬新な視点で切り返し。救われた方も多いでしょう。年齢による臨界期があるようなので、早めの対応が吉。また、発達障害以外の方にも、生きる上でのヒントが。明るさに救われます。

  • 発達障害の子どもたちの療育の記録の話
    うちの息子も広汎性発達障害と診断されていて
    いろいろな療育にかよっていましたし、いまでも
    そういう集まりに行ったりしています。
    その中で思うのは、この本を読んでもそうですが
    そういう子どもたちはとってもかわいくて
    本当にいい子たちなのです。けなげでがんばっていて
    それでもうまくいかなくて、それに気がついているんだけどそれもうまく処理できなくて。。。
    うちの息子も日々本当に頑張って生活しているのだ
    ろうなあとときどき思います。
    彼らが本当に幸せに過ごせますように。。
    そういうことに手を貸してもらえる著者のような
    活動をしている方々に感謝と今後もいろいろお願い
    したいと思います。

  • 肩の力を抜いて読める本です。
    その子によって特徴が違うし、こちらは素人なので真似するわけにはいかないけれど、
    でも、うまくいかないときは他の方法を試してみようと思わされる例がたくさんありました。

  • とてもわかりやすく書いてある。実際に子供に接してみた経験談なので読みやすかった。効果があるのがすごいと思った。

  • 一人ひとりにあった支援って難しい。
    専門家との連携も難しい。
    でもやるしかない!

  • 378

  • 放送大学の授業で奥田健次さんを知って、読んでみた。ものすごーく面白かった。自閉症や発達障害の子供たちって、その行動を変えてあげれば、周囲の人と一緒に平穏に暮らしていけるんだな、ということを改めて感じた。
    症例の中には、子供のころ、自分にもその傾向があったなと思うものもあった。当時はなぜそうなるのか全くわからなかったけど、こうして段階を踏んで鳴らしていけば適応できるんだなと感心した。
    この人の本、もっと読んでみたい。

  • 相談に来た子とその家族と周囲をハッピーにする。
    この先生の支援方法をもっと多くの人がマネできればいいのに。

全12件中 1 - 10件を表示

拝啓、アスペルガー先生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

拝啓、アスペルガー先生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

拝啓、アスペルガー先生を本棚に「積読」で登録しているひと

拝啓、アスペルガー先生はこんな本です

ツイートする