ひと月9000円の快適食生活 文庫版

  • 196人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 魚柄仁之助
  • 飛鳥新社 (2015年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864104463

ひと月9000円の快適食生活 文庫版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真ではなく、文字だけのレシピが好き。想像しながら読むととても美味しそう。 なすのペースト、塩辛を作ってみたい。家庭料理はシンプルでいいんだよねー、と再確認。

  • まあ、ほんとに9000円でいけるかは別として、ポイントは金額ではなく、天然素材できちんとした食事を作ることが、全然大変じゃないんだよってことを言ってるんですね。いくつかは、もうすでに実践してるものもあるし、あしたやってみようってものもあります。

  • 久しぶりに魚柄氏の本を読みましたが、本当に勉強になりました…。もっと台所仕事に発想力を持ちたいです。あと魚を下ろせるようになりたいです。

  • 少し読みにくかった。参考になったこともないこともないけど、実践するかどうかは・・・どうかな?

  • 文章が読みにくい。
    ゆで卵って野菜をゆでているお鍋で一緒にゆでても
    問題ないのかな。
    何となく卵のカラについているものが、野菜につくような
    気がして、どうもなあ。

  • 文章だけでレシピを綴られると、便利だが、読み飽きる。

  • 去年普及版の文庫本が出たようですが、わたしゃ、本屋でそれを見て図書館にリクエストしたら昔の単行本しか貸してくれませんでした。図書館活用も節約術の一つですから許してください。ほんで、表紙の裏にこういう著者紹介があった。「普段は東京は白金で小道具屋「隠れ家」を営むが、3年前に農文協から「台所リストラ術」を出して以来、生活に根ざした独特の食生活理論と風貌のおかげか、雑誌やテレビで面白がられる機会が増えだした。しかし、時々招かれる講演先で「うおつかじんのすけ」と名前で呼ばれることはまれで「あっ、裸でベランダにワカメ干している人だ」と指さされることが多い…」いわば奇人変人、よく言えば凝り性の人らしい(ちなみに、文庫本の方はもっとまともな著者紹介になっていました)。

    ここに書いているすべてを取り入れたら、私も奇人変人になるので、参考になることだけを箇条書きした。

    ●イカゲソは安い時に刺身で買う。冷凍しても味が変わらない。お湯をかけて手で揉むと直ぐにほぐれる。おでんの種、刺身、野菜炒めや煮物に。「大豆とスルメの足の煮物」大豆は一晩スルメと一緒に水につけてもどす。そのまま弱火にかけ、20分。戻したヒジキをいれ、醤油とみりんで味を整え、落し蓋して5ー6分煮たら火を止める。
    ●昆布ははさみで切って広口の瓶に入れて置くと使える。
    ●大豆は月に一度鍋に水を張っておいておくと膨れる。それをそのまま、中火でゆでる。沸騰したら弱火で。最初の5分は泡をとる。15-20分で湯であがる。ざるで水けをきってよく冷まし、一回ごとに小分けをして冷凍にしておく。煮豆に、ポークビーンズ、等々いろいろ使える。
    ●ゆで卵はご飯を炊くときに一緒に入れる。
    ●食べたら即洗う。ふきんとたわしとお湯でたいていは落ちる。
    ●つゆびたしのつくりかた。にんじん、ジャガイモ、大根、サツマイモ、レンコン、かぼちゃなどを1-2センチの角切りか箸くらいの拍子切りにして蒸す。どンブリに野菜を入れて水を鍋の底に入れたら蒸し器がなくても大丈夫。蒸しあがったら、熱いうちに熱いうちにざるそばつゆより薄めの汁に漬け込む。冷めるまでほっておくと出来上がり。冬は沸騰しない程度に温めて、夏は冷蔵庫で冷やして。
    ●ポークビーンズのつくりかた。大豆と豚肉スライス、薄切り玉ねぎを中華鍋に入れて中火。豚の脂身と水分が逃げないようにすれば、そのまま火が通る。その上にトマトをおろし金でおろしちゃう。塩、コショウ、好みの香辛料で味を調える。
    ●ひよこ豆のチーズ、玉ねぎ蒸。ゆであがったひよこ豆にスライス玉ねぎ、プロセスチーズを豆の半量づつぐらい入れ、よくかき混ぜてふたをして最弱火にかける。時々ゆすればチーズはとろけ、焦げることなく火が通る。チーズの塩味で味付けは十分、好みで塩コショウ。
    ●玉ねぎそーす。薄切り玉ねぎを油をひいて軽く炒める。弱火にして塩、コショウ、お酒か白ワインをお玉一杯いれすぐふたをする。5-6分弱火にかけて、とろけるようになれば出来上がり。おろしたトマトを入れると、スパゲティソース。おろしリンゴとおろしにんにくを入れて煮詰めたステーキソース。

    2016年2月18日読了

  • 希望通りのものが載っていてとても楽しく読めました。和食のものだけかと思っていたらラーメンスープとかも載っていて作ってみたいと思いました。
    質素というか、昔ながらのおかずに惹かれる人にはオススメだと思います。

  • 体にも懐にもやさしい料理本。読んでるだけで、おなかはグーグー、ヨダレがジュルっ。誰かにプレゼントしたくなる本です。さっそく妹にプレゼントしようかな。

全11件中 1 - 10件を表示

魚柄仁之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ひと月9000円の快適食生活 文庫版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひと月9000円の快適食生活 文庫版はこんな本です

ツイートする