リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣

  • 268人登録
  • 2.77評価
    • (0)
    • (8)
    • (22)
    • (17)
    • (1)
  • 14レビュー
制作 : 金井真弓 
  • 飛鳥新社 (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864104920

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
メンタリストDa...
スティーヴン・ガ...
村田 沙耶香
三谷 宏治
アーノルド ベネ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もともとこの手の”仕事効率化TIPS”が好きで、普段からEvernoteもチェックリストも多用しているので目からウロコ的な情報はなかったが、リストの有効性を再認識できた点はよかった。
    欲しいものリストとか読みたい本リストなどの”モノ”のリストのことをカタログというのね。勉強になった。

  • どちらかと言えばTO DOリストの話。
    生きかたを変えたいぜ!という気持ちの中で読みたいと思っていたので、今の気持ちにはいまいち合わず。

    感謝することリスト、良い点悪い点リストはつくりたいかもな?とは思った。
    2017.03.30

  • リストを作って作業をする事で、忘れてしまったの防止や抜け漏れのチェック、思考をまとめることなど様々な効用があるのはみんな知っている。

    そんな基本的なリストを使って充実した生活を手に入れたという著者が書いた本。
    基本的に総論賛成だが、何も本にするほどの独自性はないので目から鱗の発見はなかった。

    リストをつくる6つのプラス面
    1.不安が減って時間が増す
    2.脳のパワーが高まる
    3.目的に集中できる
    4.自信が高まる
    5.思考を整理できる
    6.心の準備ができる

    ToDoリストの作りかた5つのステップ
    1.ひたすら書き出す
    2.リストを整理する
    3.優先順位をつける
    4.リストを書き直す
    5.何度も繰り返す

    やり遂げるための6つの方法
    1.リストを評価する
    2.リストを強化する
    3.リストを他人に任せる
    4.締切を設定する
    5.自分へのご褒美を設定する
    6.自分に思い出させる

    話すときにリストを作る
    1.目的から逸脱しないで済む
    2.あらゆることを忘れないで済む
    3.話を整理できる

    人に依頼をする5つのコツ
    1.計画的に進める
    2.現実的になる
    3.謙虚になる
    4.明確にする
    5.感謝する

  • リスト化することによって、物事を効率的に進められるというのはわかっているんだけど、なかなか実行できない。これを機に実行したいと思う。それぞれのアプリについての説明が参考になりました。

  • はじめてのことじゃないことにりすとを作るのはとても有用。問題はリストの外側を見ることの難しさ。デジタル化もその中にないものへの感覚を弱くするのが苦手か。

  • 元々リストを作るのが好きなので読んでみた。
    もっといいやり方がないか知りたくて読んだが、特に真新しいことや目から鱗が落ちるようなことは書かれていなかった。
    しかしもっとリストマニアになってみようとは思った。

  • 何でもリストにすることによって人生をスムーズにする、という内容。
    リスト化することの利点、ノウハウなどを丁寧に説明している。
    ビジネスのToDoリストや状況に応じた持ち物チェックリストだけではなく、人付き合いの時のリスト、死ぬまでにやりたいことリスト、感謝することリストなど人生を豊かにする様々なリストが紹介されている。
    手帳術の本を先にいくつか読んでいるので特に新たな知見はなかったが、わかりやすく書かれており読みやすかった。

  • 普段リストをよく作っているので、どんなもんだろと読んでみた。新鮮な内容はあまりなかったけど、感謝のリストは実践してみよう。

  • 何でもリストに書き出すことは確かに有意義かもしれません。忘れることも多いし、時間も無駄にしているし。 問題は長続きしないという私の飽きっぽい性格なのかもね^^;

  • マドンナもリスト活用者。
    一口サイズにして考える。

    TODOリストの作り方
    1,ひたすら書き出す、2,種類別にまとめる=仕事、家庭、娯楽、など、3,優先順位をつける、4,リストを書き直す、5,何度でも繰り返す

    イエスを基本的な答えにしない。

    ボモドーロ・テクニック=25分で処理する=タイマーを25分ごとにかける=その時間だけは集中する。

    リストはノートに手書き、が最強。紙切れよりもいい。デジタルとは使い分け。

    毎晩、仕事を離れる前に次の日の仕事のリストをつくる。
    または、朝、リストを作る。

    良い点・悪い点リスト=ある問題のメリット・デメリットを右左にかく。5W1Hで。

    旅の荷造りリスト。

    調べ物リスト。

    カタログリスト=読む本、行ってみたいレストラン、買いたい服、人から貰いたい贈り物リスト、見たいwebサイトなど。タスクではなくモノのリスト。

    人生リスト=死ぬまでにやりたいことリスト。

    感謝することリスト=人生で大切なものを思い出せる。

    その年にやりたいことを日記にかく。1年間に行ってみたい場所とやってみたいことを決める。どんなことが起こって欲しいか、12~15項目の決意を書く。

    ビジョンビードを年のはじめに作る=思った通りの人になる。額にいれてデスクに。コルクボードに。PCの壁紙。本に挟む。スマホのアプリで見る。

    これで十分リストをつくる。それを終えたらあとは好きなことをする。

    買い物リスト=数日に渡るリスト。買い物に行く前に献立を立てる。

    承認リストをつくる=自分で自分に買ってもいいと許可を出す

    人を幸せにさせる方法リスト
    にっこり笑う、チラシを受け取ってあげる、手紙を出す、耳を傾ける、ありがとう、という

    デジタル化のメリットとデメリット
    なくならない、同期できる、脳の働きが落ちる

    エバーノートの活用=WEB記事をクリップする

全14件中 1 - 10件を表示

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣を本棚に「積読」で登録しているひと

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣はこんな本です

リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣のKindle版

ツイートする