リーダーを目指す人の心得 文庫版

  • 42人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 井口耕二 
  • 飛鳥新社 (2017年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864105583

リーダーを目指す人の心得 文庫版の感想・レビュー・書評

  • 地に足の着いたリーダー論。揺るぎない信条を持ちながらも、単純な思考に留まらない(思考停止しない)信念のようなものを感じる。

  • せっかくのハワイやったので1冊読むのがやっとでしたσ^_^;

    著者による自戒13カ条
    「翌朝には状況が改善しているはずだ」
    「まず怒れ。その上で怒りを乗り越えろ」
    前者は焦り
    後者は怒り
    どちらも自分の感情を乗り越えるよう指南しています。
    前者は最善を尽くしたら後は時間も味方してくれるという教え。
    後者は発散と収束という自分の感情の起伏をコントロールするという教えです。

    個人的にはどちらもスキルとしては持ててると思います。
    ただ使いこなせているかというと怒りをコントロールしすぎて爆発させるところまで最近はいかないなと反省します。

    「トップは戦場のどこにいるべきか」
    総理大臣が前線に行かないのはなぜかという意見が出る国もあるようですが正解は
    「影響力が大きくなるところで判断が行われる場所の近く」
    となるそうです。
    交戦中の場所では己も歩兵の1人になってしまい大局の判断ができないからです。
    リーダー論としては「判断が行われる場所」を早く特定しいち早くたどり着くことが大切と言えると思います。

    「報道関係者と関わる時リスクを負っているのはあなただけ」
    僕が不正受給担当をしてる時いつも肝に命じてました。
    たくさんの取材をうけモザイク付きですがテレビにも出ました。
    全てのリスクを負っているのはこちら側という認識だったので出来ることできないことの線引きに対する主導権は常にこちらにあるようにしてました。
    そこができてたから取材を受けるうけないの判断を全て任せてもらえてたのだと思います。

    著書は軍隊出身の著者の経験に基づくものですがビジネスマンだけでなく公務員にも通じるものがあると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

リーダーを目指す人の心得 文庫版を本棚に登録しているひと

リーダーを目指す人の心得 文庫版はこんな本です

リーダーを目指す人の心得 文庫版のKindle版

リーダーを目指す人の心得 文庫版の単行本

ツイートする