ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)

  • 10人登録
  • 1レビュー
著者 : 善元幸夫
制作 : 丸山 誠司 
  • 子どもの未来社 (2014年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864120708

ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)の作品紹介

海外からやってきた子どもたちや日本で生まれ育った外国の子どもたちが学校や家庭で織りなす日常と、一人の教師の目に写ったこの子らの姿が独特の空間となって紹介される。子どもたちの綴る世界を共有する中で、あらためて異文化教育と国際理解教育のあり方を問う話題の絵本。

ぼく、いいものいっぱい 日本語で学ぶ子どもたち (教室の絵本シリーズ)はこんな本です

ツイートする